\ 今だけポイント最大10倍! /詳細を見る

ファイヤーメープル【Maverick ウッドストーブ】レビュー!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、K15です(@K15Life)!

K15

ついにファイヤーメープルからウッドストーブが登場!ウッドストーブを6個所有する僕のリアルな使用感をお伝えします!「トライアングル」、「スクウェア」タイプ両方紹介しています!

本記事でわかること
  • Maverickウッドストーブの特徴
  • Maverickウッドストーブの使用感
  • Maverickウッドストーブの注意すべき点
目次

FireMaple Maverick Wood Stove(ファイヤーメープル マーベリック ウッドストーブ)

FireMaple Maverickウッドストーブは、現地の落ち葉や枝を燃料として焚き火を行うものです!

Maverickウッドストーブ「トライアングル」

実は、手軽なウッドストーブがソロキャンパーの間で人気となっています!

「煙突効果」や「優れた吸気効率」により、小さくても高火力!収納サイズがコンパクトなので、ハイカーからも支持されています!

では、FireMaple Maverickウッドストーブは、どんな特徴があるのか、見ていきましょう!

Maverickウッドストーブの特徴

Maverickウッドストーブの特徴は、以下になります。

  • ステンレス素材の組み立て式ウッドストーブ
  • 「トライアングル」と「スクウェア」タイプがある
  • 本体価額5,000円(税込)以下とコスパがいい

これらについて解説していきます!

ステンレス素材の組み立て式ウッドストーブ

Maverickウッドストーブは、ステンレス素材です。

チタンに比べて、重くなりますが安価です!耐久性がよく長期で使用できます!

組み立て方は、パネルを組み合わせて使うタイプになります!

折りたたみ式に比べて、組み立てが面倒ですが、Maverickウッドストーブは、非常に簡単に組み立てできます!(使用感は後述します)

「トライアングル」と「スクウェア」タイプがある

Maverickウッドストーブは、「トライアングル」と「スクウェア」タイプがあります。

トライアングルは、3つのパネル(火床パネルを含めると4つ)を組み合わせて使う三角形のウッドストーブです。

Maverickウッドストーブ「トライアングル」

スクウェアは、4つのパネルを組み合わせて使う四角形のウッドストーブです。

Maverickウッドストーブ「スクウェア」

ソロキャンプなら「トライアングル」2〜3人のキャンプなら「スクウェア」がちょうどいいサイズです!

本体価額5,000円(税込)以下とコスパがいい

FireMapleといえば、コスパの良さが魅力です!Maverickウッドストーブも非常にコスパがいいですよ。

トライアングルは、3,850円(税込)です!

スクウェアは、4,400円(税込)です!(これらの価額は、2022年8月17日時点の価額になります)

5,000円以下で買えるので、ウッドストーブ初心者でもチャレンジしやすいです!

Maverickウッドストーブの仕様

次に気になるのがMaverickウッドストーブの仕様です。

重さやサイズを確認していきましょう!

スクロールできます
トライアングルタイプスクウェアタイプ
組み立てサイズ23.4×28.2×14cm29×29×13.4cm
収納サイズ(収納袋に入った状態)31.5×20×厚み1cm31.5×20×厚み2cm
重量617g1170g
素材ステンレス鋼ステンレス鋼
付属品専用五徳、専用収納ケース専用網、専用収納ケース
【Maverickウッドストーブの仕様】

トライアングルタイプの重さは、617gと軽量です。例えば、ファイヤーボックスG2の重量は、約907gなのでトライアングルタイプの方が軽量となります。

トライアングルには「専用五徳」、スクウェアには「専用網」が付属されます。

Maverickウッドストーブの付属品

Maverickウッドストーブのレビュー

では、Maverickウッドストーブのレビューを紹介します!

使ってよかったポイントは、5つあります!

  1. 組み立てが簡単
  2. 安定感がよく、使いやすい
  3. 大きな開口部から枝を突っ込みやすい
  4. トライアングルタイプがカッコイイ
  5. スクウェアタイプで同時調理が便利

これらについて解説していきます!

組み立てが簡単

FlexFire6のように少し組み立てが面倒なウッドストーブがありますが、Maverickウッドストーブは、組み立てが簡単です。

K15

特に、トライアングルは、3つのパネルで構成されるので、パネル数が少なくて手早く組み立てできて便利です!

安定感がよく、使いやすい

Maverickウッドストーブは、「トライアングル」「スクウェア」タイプどちらも安定性に優れます!

Maverickウッドストーブ「トライアングル」

ピコグリル85は、重量82gと軽量ですが安定性に欠けます。

安定性があることで「料理」や「焚き火」がしやすくなります!トライアングルでは、直径18cmのフライパンを置いても安定感があります!

大きな開口部から枝を突っ込みやすい

Maverickウッドストーブは、大きな開口部があり、枝を突っ込みやすい構造になっています。

長めの枝を突っ込みながら焚き火料理ができるので便利ですよ!

YouTubeでもレビュー動画をアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

トライアングルタイプがカッコイイ

僕は、トライアングルタイプが好きです!

「円形」や「四角形」の多いウッドストーブとしては珍しい三角形です!

先述したように、パネル数が少なく手早く組み立てできるメリット以外にも、造形の良さも素敵です。

同ブランドのステンレスポット1.2Lと相性抜群です!

あわせて読みたい
FireMaple【ANTARCTI ステンレスポット1.2L】多機能ギア! こんにちは、K15です(@K15Life)! ファイヤーメープルといえばANTARCTI ステンレスケトルが大人気!そんなケトルの兄貴が登場!「ANTARCTI ステンレスポット1.2L」の...

スクウェアタイプで同時調理が便利

スクウェアタイプは、サイズが大きいので「炊飯」と「主菜」の同時調理ができます。

また、枝をたくさん焚べられるので暖房効果も高いのがいいですね!

Maverickウッドストーブ使用時の注意点

Maverickウッドストーブを使う時は、地面の焼けに注意しましょう。

高さの低い焚き火台なので、輻射熱で芝が焼けてしまう可能性があります。

熱を効果的に反射してくれる遮熱シートを使ったり、台を使用するなどして地面焼けの対策をしましょう!

あとがき

Maverickウッドストーブは、安定性が高くサイズも大きめなので、初めてのウッドストーブにぴったりです!

5,000円以下で買えるので、ウッドストーブに是非チャレンジして見てください!

少しでも参考になれば嬉しいです。

あわせて読みたい
キャンプ用ウッドストーブ4社【徹底比較】僕が選ぶ1位はこれ! [temp id=2] K15 ソロキャンパーやハイカーに人気の「ウッドストーブ」。僕が持っている4社を比較してみよう。結論から言うと、1位はピコグリル85だね! 【比較するウッ...
あわせて読みたい
ウッドストーブ「使い方間違ってない?」初心者でも上手に扱う方法! [temp id=2] K15 「ウッドストーブなんて使い物にならない!」「買おうと思っているけど、使いにくそう…」そんなイメージを持っている人へウッドストーブの魅力と使い方...
あわせて読みたい
Firebox Freestyle【レビュー】満足度120%ウッドストーブ [temp id=2] K15 Firebox Freestyle Modular Camping Stoveのリアルな使用感を紹介します!チタンとステンレスの違いもわかるよ! 【Firebox Freestyle(ファイヤーボッ...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次