【タープの張り方一覧】DDやアクアクエストユーザー必見!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

タープの張り方をネットで調べても参考になるものがない。そこで、ソロキャンプやタープ泊に役立つ張り方の種類をまとめた。簡単に張れるものからアレンジ張りまでまとめているので、きっと参考になると思う。

スポンサーリンク

誰でも簡単に張れる張り方

まずは、DDタープやアクアクエストタープを買ったばかりの人の為に、簡単なタープの張り方を紹介しよう。

誰でも簡単に美しく張れるダイヤモンド張り

スクエアタープの定番な張り方で、焚き火との相性が良いダイヤモンド張り。ループ1つ分の幅を中に織り込みペグダウンし、ポールを立ち上げるだけで良いのですごく簡単だ。風や雨などの悪天候に弱いが、野営のシンボルとしては美しい。

中央のループをロープで引っ張ると、居住性を高くなり過ごしやすい。

素早く設営可能な日除けのリーンツー型

ロープとタープさえあれば簡単に設営可能なリーンツー型。雨や風には弱いが、広範囲に日除けができるメリットがある。

こちらも居住空間を高める為に、中央のロープを引っ張ると過ごしやすい。アレンジもしやすく、屋根を作れば、焚き火の熱を溜め込む事ができる(ダイニングフライ)。その屋根を地面まで降ろせば、簡単にAフレームが出来る。グランドシートを設ければ、グランドリーンツーになる。

タープ設営の基本!Aフレーム型

タープ設営の基本の張り方をマスターしておきたい。Aフレームは有効面積が高く、耐候性もある。僕が大好きなハンモックとの相性も良い。アレンジ張り編で紹介するクローズドAフレームにすれば、耐候性がさらにUPし安心感も得られる。

使っているタープは、ブッシュマンのサーモタープ。DDタープ、アクアクエストタープに次ぐ人気のタープとなるだろう。

ハンモックとの相性がいいウイング型

ウイング型は、ロープの数が少なくて手早く設営が可能。Aフレームに比べて、ハンモックにアクセスしやすい。タープ泊というよりは、ハンモック泊で使う事が多い。

オーソドックスなウェッジ型

タープの四隅をペグダウンして、1つのループを吊り下げたスタイル。手早く簡単に張れるが、中央のループをロープで引っ張り居住性を高めた方がいい。

安心感と耐候性を得られるフルクローズ

「タープ泊で開放的に寝るのは、少し心配だ」という人は、クローズできる張り方がいいだろう。寒さや悪天候にも強いので、マスターしておきたい。

実用性が高く人気なビークフライ

ビークフライは、フロア付きでフルクローズできる張り方。フロアには、大人一人が寝られるスペースがあり、フルクローズできるので安心して寝られる。日中は、前面を開放しておくと、焚き火がしやすい。設営も簡単で、アレンジ張りも豊富だから人気となっている。

快適な室内空間!パスファインダー張り

パスファインダーは、室内空間を広くとれる張り方。耐候性が高く安心して寝られる。ビークフライと違い、フロアレスなのでグランドシートを持って行こう。ペグの位置がずれると、フルクローズが出来ないので注意が必要。

張り姿もかっこよく、野営の気分が高まる。使っているのは、MOOSE KUROタープ。ジッパー付きがすごく便利だ。

大人二人が寝られるクローズドAフレーム

クローズドAフレームだと、3×3のスクエアタープであれば、大人二人が寝られる。左右と後方はクローズされているので、悪天候にも強い。自然を感じながらも、安心して寝られる。ポールの高さ調整がやや難しい。

両面をクローズすれば、フルクローズができるが3×3だと狭い。4×4など大きなタープで室内空間を広く確保したい。

耐候性が高いステルス張り

タープ泊で初めに憧れるステルス張り。耐候性が高く、風の強い日に活躍する。ただし、夏は暑くなるので注意が必要。ポールの高さを変えればフルクローズが出来るぞ。

個性的なタープの張り方

インパクトがある張り方もたまにはしたくなる。個性的なタープの張り方でタープ泊を楽しもう!

焚き火の熱を溜め込むアディロンダック

焚き火との相性がいいタープの張り方。屋根部分があるので、焚き火の熱を室内に取り込むことができる。

左右と後方は覆われているので、秘密基地感が味わえる。焚き火好きはマスターしておきたい。

カッコイイシェルター!グンヤー

アボリジニの住居グンヤーにヒントを得たとされるタープの張り方。とにかく広い室内空間となっており、シェルターとして使える。見てくれもカッコイイ。

設営がややこしいハーフコーンフライ

高さはないが、寝るのにはちょうど良いハーフコーンフライ。ただし、フロアはなく設営がやや難しい。

これぞ野営のシンボル!タープティピー

僕の好きな張り方タープティピー。張り姿がカッコよく、シェエルターの中も広いので過ごしやすい。意外にも簡単に張れるので、挑戦してみよう。

タープ泊の醍醐味!アレンジ張り

タープの張り方をマスターしたら、アレンジ張りに挑戦したい。型をベースに、独自のスパイスを取り入れてみよう。タープは、ちょっとのスパイスで格段に楽しくなる。

荷物が置けるフロア付き!ダイヤモンドスマート張り

3×3のスクエアタープでダイヤモンド張りをすると、横幅が大きくスペースを持て余す。もう少しスマートにすれば何か活用できるのでは、という思いから考案した。スマートにする事で、折り返したタープが荷物置きのフロアとなる。

ポールは二又にすると、タープ前面での作業がしやすい。

フロア付き!ピラミッド型ビークフライ

ビークフライは、ポールやロープの位置を変えるだけで変形していくから面白い。ピラミッド型にすると、耐候性が高まる。

ビークフライなのでフロア付きな所も嬉しい。

リーンツー跳ね上げ型

雨が降っていると、屋根からポタポタと流れ落ちる。それが焚き火に流れていたので、中央のループを高くした。これにより、サイドから流れるようになる。ほんのちょっとのアレンジで、過ごしやすくなるからタープ泊はやめられない。

強烈な野営のシンボル!タートル張り

パスファインダーからヒントを得た張り方。亀が首を伸ばしているように見えた事から命名。

室内が広く確保でき、焚き火がしやすい。3本のポールで居住性と見栄えを良くした。

ハンモック泊で使えるタープの張り方

DDタープやアクアクエストタープは、ループがたくさんあるのでハンモック泊でも使いやすい。ハンモック泊で使えるタープの張り方の一例を紹介しよう。

濃い日陰を生み出すシャドウ張り

暑さの厳しい季節。遮光性を高める方法を思いついた。3×3のスクエアタープの四隅を中央に持ってきてロープで留める。これにより生地が二重となり、遮光性が良くなる。

ウイング型なので、設営が簡単でハンモックとの相性がいい。

定番な形!Aフーレム跳ね上げ

Aフレーム跳ね上げは、設営が簡単で後方の風を凌いでくれる。前面は跳ね上げているので、景色や焚き火を楽しむ事ができる。就寝時は、跳ね上げている部分を降ろせば、耐候性が高くなり安心して寝られる。

ハンモックのストラップがデイジーチェーン式であれば、手早くAフレームが作れる。

Aフレームは、アレンジがしやすい。例えば、Aフレームのループの一部をロープで引っ張る事により、ハンモックに乗った時の閉塞感の減少と、ハンモックへアクセスがしやすくなる。

タープの結び方

これまでタープの張り方一覧を紹介してきた。でも、タープを張る為のロープワークがわからない人がいるかもしれない。

そこで、参考になる記事を書いた。タープ泊に必要なロープワークは3つだ。この3つを覚えておけば、なんとかなる。

コメント