サーカスST【レビュー】不人気な幕を買って大成功!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

サーカスSTは、前方が張り出せるDXタイプやTC素材に比べて不人気だ!僕は、自信を持って、不人気な幕をおすすめする!

スポンサーリンク

不人気なサーカスSTを選んだわけ

サーカスSTを選んだわけは、4つある。

サーカスSTを選んだ4つの理由
  • 設営が簡単なワンポールテント
  • 遮光性が高い
  • 軽くてカビにくい
  • 不人気で特価

僕は、キャンプの設営や片付けが苦手。だから設営が簡単なワンポールテントがいい。設営に時間をかけずに済めば、バタバタせずに自然を満喫する時間が増える!

サーカスSTは、生地にピグメント加工を施している。遮光性が高く涼しく過ごせるので、夏場でも使いやすい。せっかくならオールシーズン使えるテントがいい。

ポリエステル生地は、TC素材に比べて軽量でコンパクトに持ち運べる。ファミリーキャンプは、荷物が多くなりがち。少しでも軽い方が持ち運びが楽だ。

乾かすのに時間がかからないという点も魅力的!チェックアウトまでに乾いていれば、家に帰って干さなくてもいい。

サーカスSTは、嬉しいことに不人気なので特価で購入!僕のニーズに合っているから安いのは嬉しいね!

サーカスSTDXを購入しない理由

サーカスSTDXは、フライシートをタープのように張り出せる。僕は、テントとタープ一体型よりテントとタープを分けて設営したい。

テントとタープを個別で設営する理由
  • タープを先に立てて、日差しや雨を避ける
  • レイアウトの自由度が増す
  • 片付けしやすい

キャンプ設営の手順は、タープを先に立ててテントを立てる。日差しや急な雨を避けながら、テント設営に必要な付属品を組み立てられるからだ。

テントとタープ個別であれば、レイアウトの自由度が増す。レイアウトの基本は、「動線を考えること」。タープを中心に、荷物を出し入れしやすい場所に車やテントを配置する。

つまり使用環境やキャンプ場の環境に応じて、レイアウトや張り方を変えられるのでタープ単体で張った方がいい。

タープと一体型のテントは、サイズが大きくなりがち。畳みにくく、干しにくいから片付けが面倒だ。要するに僕は、タープを別で設営するので、サーカスSTDXのようなフライの張り出しが必要ない!

サーカスTCとの違い

サーカスSTとサーカスTCの違いを見いてこう!

「生地が変わると居住性や携行性がどう変わるのだろうか」

まずは、スペック上の違いを以下にまとめておく。

品名素材総重量耐水圧収納サイズ
サーカスSTポリエステルリップストップ150D約8.4kg1500mm630×直径220mm
サーカスTCTC(コットンとポリエステル混紡生地)約10.8kg不明670×直径250mm
【サーカスSTとTCの違い】

サーカスSTは、ポリエステルの生地を使っているので、TCに比べて約2.4kg軽い。収納サイズもコンパクトであり、持ち運びがしやすい。

次に、サーカスSTとサーカスTCの「生地の特性」を図にまとめておく!

サーカスSTは、PUコーティングなので加水分解により、徐々にコーティングが劣化していく(多くのテントで使われているコーティングだから安心してね)。

一方でサーカスTCは、保湿しやすいのでカビやすいというデメリットがある。

どちらを選ぶか迷うところだが、端的に言えば、「携行性がよく、乾かしやすい=手軽なサーカスST」、「熱に強く、結露しにくい=冬にぴったりなサーカスTC」といったところ。

K15
K15

僕は、軽量で乾かしやすいサーカスSTを選択(値段の安さにも惹かれた)!

ファミリーキャンプで使えるサイズ感

サーカスSTをソロキャンプで広々使っている人がいるが、僕はファミリーキャンプで使う。寝室で使う分には、大人2人、子供2人でも十分な広さがある。

初めて使ったときは、大人3人、子供2人で寝た。それでも荷物を置けるスペースがある。メッシュインナーセット4/5を使って寝たので、フルサイズのグランドシートを使ったら更に寝床が広くなる。

僕としては、ファミリーキャンプならメッシュインナーセット4/5をおすすめする!

メッシュインナーセット4/5をおすすめする理由
  • 靴や濡れたものを置くスペースがある
  • 虫が入ってこない
  • ジッパーがたくさんあり出入りに便利
  • グランドシートがついている

夏場も涼しい!

サーカスSTは、生地にピグメント加工を施している。これにより、遮光性が高くなりテント内の温度上昇を抑制してくれる。

実際にテント内から、太陽を探してもわかりにくい。流石に閉めきると暑いが、風を取り込めば涼しく過ごせる。

テント下にできた日陰が濃い!

冬の寒さ対策

冬になると、石油ストーブや薪ストーブを使いたくなるが、サーカスSTは、「テント内での火器使用が禁止」となっている。

サーカスST冬キャンプでの注意点
  • 気密性が高く結露しやすい
  • 必ずベンチレーターを開けておく(夏場も同様)
  • 暖房器具を使うと焼損や一酸化炭素中毒の恐れがある

では、「サーカスSTは冬キャンプに適さないのだろうか」

そんな事はない。サーカスSTは、スカートがついているので冷たい冷気が入ってくるのを防止する。

暖房器具に頼らず、防寒ウエアや寝袋で対策をとればいい!

僕がやっている防寒対策の一例
  • 厚手のダウンジャケットやダウンパンツを着る
  • テントシューズを使う
  • 断熱力が高いマットを選ぶ
  • 冬用の寝袋を使う
  • 体が温まるものを食べる
  • 下着や靴下はメリノウール

それ以外にもウールブランケットを羽織っておくと、暖かいし焚き火の火の粉でウエアに穴が空くのを防ぐ。

過去の記事では、「冬用の寝袋の選び方や寝袋の保温力を引き出すテクニック」を紹介しているので、参考にして欲しい!

雨での失敗談

サーカスSTでキャンプをしているとき、「天気予報では晴れなのに急に激しい雨」が降り出した。

サーカスSTの前後のフライシートを開けていたので、大量の雨水がテント内に入ってきてしまった。

「寝袋もビショビショ…。寒いのにどうしよう。」

ダウンジャケットとダウンパンツを着込んで、ブランケットに包まって一夜を過ごした。急に雨が降り出す事があるので、不必要にフライシートを開けておかない方がいい。

K15
K15

しっかりフライシートを閉めておけば、強めの雨でも凌げる!

強風に耐えられた

眺めのいい海沿いでキャンプをしていると、暴風に見舞われた。タープのロープは、風の影響で切れてしまう。

サーカスSTのフライシートは、バタバタと鳴いていたが倒壊することなく過ごせた。説明書通りにワンポールテントの張り綱を張っておいて良かった!

身を持って耐風性の高さを実感!

最後に

サーカスSTは、人気がないが自信を持っておすすめできる。安くて、機能的でメンテが楽!価額以上に楽しめるハイスペックなテントだ!

コメント