超軽量グリルスタンド!サミットフォーカス【ミニバーベキューグリルセット】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、K15です(@K15Life)!

K15

キャンプを続けていくうちに、普遍的な焚き火台だと満足できなくなります。こだわりが出てくるんです!そんな尖ったあなたへ、サミットフォーカス「ミニバーベキューグリルセット」を紹介します!

本記事でわかること
  • サミットフォーカス「ミニバーベキューグリルセット」のレビュー
  • 超軽量なグリルスタンドを探している人の参考になる
目次

SUMMIT FOCUSとはどんなブランド?どこの国?

サミットフォーカスのキャンプギアを使っている人をあまり見かけません。(人と違う焚き火台が欲しい人、チャンス!)

そのため「サミットフォーカスってどんなブランド?」と疑問に思う人がいると思います。

サミットフォーカスは、韓国のアウトドアブランド

バックパッカーの経験を活かし、使用者の不便さを解消しながら簡単かつ気楽に使用できる製品を開発しているブランド。

SUMMIT FOCUS(サミットフォーカス)ミニバーベキューグリルセット

では、サミットフォーカス「ミニバーベキューグリルセット」で何ができるのでしょうか?

特徴を見ていきましょう!

ミニバーベキューグリルセットの特徴

銅製焼き網・ミニスタンド・火炉台の3点セット

ミニバーベキューグリルセットは、「銅製焼き網」「ミニスタンド」「火炉台」の3点付属されています。

これらの付属品は、それぞれ独立していて、組み合わせることで、バーベキューが楽しめます。

K15

「銅製焼き網」「ミニスタンド」は、単体使用が可能なので、バーベキュー以外にも活躍の幅が広がるわけです!

手作り!銅製焼き網

銅製焼き網は、なんと手作りです!

でも、なんで銅なの?メリットは何?」と疑問に思いました。

銅は熱伝導率が高くて、食材がくっつきにくい!

食材がくっつきにくい、と言うことは、片付けやすい!いいですね!

K15

銅製の焼き網を使うの初めてなんです。非常に楽しみですね!モノこそ体験!

ウッドストーブやシングルバーナーのスタンドになる

「キャンプで料理を楽しみたいので安定したスタンドが欲しい!」

K15

そんな人に朗報!付属のミニスタンドは、ウッドストーブやシングルバーナーのスタンドになります。

フライパンを置くと不安定なウッドストーブもありますからね。安定感が欲しい時があるんです。

炭火が楽しめる火炉台

さらに炭火が楽しめる火炉台も付属されています。肉は、焚き火より炭火の方がうまい!

もちろん焚き火も楽しめますが、灰がダイレクトに落ちるので対策が必要です。

ミニバーベキューグリルセットのスペック

ミニバーベキューグリルセットのスペックは次の通りです。

スクロールできます
品名サイズ重量材質
VS STAND MINI(ミニスタンド)W220×D140×H185mm308g ステンレス
MASTER ULTRA LIGHT GRILL NET(銅網)W210×D130×H3mm150g 銅/銀
WIRE MINI BRAZIER(火炉台)W210×D180×H4mm136gステンレス
ミニバーベキューグリルセットの仕様
K15

ミニバーベキューグリルセットの総重量は、594gと軽量ですね!

SUMMIT FOCUS(サミットフォーカス)ミニバーベキューグリルセットのレビュー

ソロキャンプにちょうどいいサイズ感!

ミニバーベキューグリルセットのサイズ感が気に入りました。大きすぎず、小さすぎない絶妙なバランスに無駄を感じません。

K15

これは、あくまで僕の意見なので「もっと大きいグリルスタンドが欲しい」といったニーズもあると思います。そんな方には、同ブランドのWIDE GRILL STAND-STANDARDがぴったりです!

BBQ好きに体感してほしい銅製焼き網

銅の網は、銅ならではの光沢の美しさを楽しめます。また焦げつきにくいので、片付けしやすいです。

K15

和牛を炭で焼いてみましたが、焦げつくことなく焼けました!いつもより美味しく焼けたのは、銅のおかげ?

重くなるのが残念ですが、BBQを愛しているキャンパーにぜひ試してみて欲しい逸品です!

K15

インスタでは、和牛トルティーヤを作った動画をUPしています。覗いてみてください!

火炉台と網までの距離がありうまく焼けない

残念だったのは、火炉台と網までの距離があり、うまく熱が伝わらず焼きにくかったことです。

K15

なので炭の量を増量したり、画像のようにフックをかける位置を調整して焼くようにしています。

焚き火での灰対策は、チタンプレート

火炉台は、ステンレスの網目状になっているので、焚き火をすると灰が落ちてしまいます。

K15

そこで活用したいのがチタンプレート。これで灰を受け止めて、アッシュサックに入れています。

灰受けもない尖った焚き火台。でも、創造力を働かせて、いろんなモノと組み合わせて使う面白さがあるんです。

超軽量ミニスタンドで焚き火料理がしやすくなる

とにかくおすすめしたいのが超軽量ミニスタンドです!

K15

グリルスタンドって軽量なものが中々ないんですよね。流通しているチタン製のものは、高さが足りないんです。

このミニスタンドは、「ウッドストーブのグリルスタンド」や「バーナースタンド」として使えます。

K15

例えば、ピコグリル85は、超軽量なウッドストーブですが安定性に欠けます。ミニスタンドを使えば、フライパンでの料理もしやすくなるんです。

ミニスタンドは、単体でも販売されているので、「BBQは必要ない」といった人は、単体で買うといいと思います!

あとがき

サミットフォーカス「ミニバーベキューグリルセット」は、火炉台が扱いにくかったんですが、「ミニスタンド」と「銅製焼き網」は優秀でした。

K15

ミニスタンドは、単体使用が可能なので、ハイキングに持って行くことも可能です。

「普遍的な焚き火グリルじゃ物足りない」そんな人におすすめできます!

あわせて読みたい
キャンプ用ウッドストーブ4社【徹底比較】僕が選ぶ1位はこれ! こんにちは、K15です(@K15Life)! ソロキャンパーやハイカーに人気の「ウッドストーブ」。僕が持っている4社を比較してみよう。結論から言うと、1位はピコグリル85だ...
あわせて読みたい
チタン・キャンプ用品「使ってよかった!おすすめなもの!」 こんにちは、K15です(@K15Life)! 僕は「軽い・錆びない・強い」チタンが好き!実際に使ってよかった「チタン素材のキャンプ用品」を紹介!チタン好き集まれ! 【チタ...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次