Ashsack(アッシュサック)ネイキッドラボに問い合わせ急増

こんにちは、k15です。

あったらいいなを形にする」ってどこかのキャッチコピーでしたよね。焚き火において、あったらいいなを形にしたものがあります。

K15
K15

それがネイキッドラボが制作するAsh sack(アッシュサック)です。

(Ash sack)アッシュサックで焚き火を安全と便利に!

スポンサーリンク

焚き火の鎮火はどうしてる?

キャンプブームにより焚き火ブームが巻き起こっています。数あるメーカーは他社に負けまいと、利便性やデザイン性を高めた焚き火台を販売しています。

ですが今一度、考えて欲しいのです。焚き火は火を扱います。リラクゼーション効果は科学的に証明されていますが、火の取り扱いには十分注意する必要があります。

キャンプ場で、燃え残った灰がそのままになっている事があります。焚き火の不始末は火災に繋がる可能性や、キャンプ場を汚す事になります。なぜ、不始末にするのでしょうか。火の始末がわからない、面倒くさい、などの理由でしょうか。

K15
K15

そう言いながらも僕も面倒くさいな、と毎回思っています。せっせと灰捨て場まで、持っていかなくてはいけません。キャンプ場によっては灰捨て場が無い場合もあります。そんな中、ネイキッドラボのアッシュサックがとても便利だと判明しました。

アッシュサックが便利だ

出典:nakedlabo

赤い灰もでも安心

消壺や、水をかけて消火をしていますが、アッシュサックなら赤い灰も入れることができます。

出典:facebook

耐熱素材に、両面シリコーンコーティングを施しているので、赤い灰でも大丈夫なんですよ。縫製はアラミド繊維を用いています。

K15
K15

アラミド繊維といえば、米軍でも採用されているアラミドジャケットです。僕は冬の焚き火の時はこれ着ています。暖かいし、難燃素材で重宝します。

持ち運びに便利

出典:facebook

消壺や、缶って嵩張るんですよね…。しかし、ご安心を!アッシュサックなら手の平サイズまでコンパクトになります。

撥水性がある

NakedLabo / Ash sack

撥水性があるので水分を含んだものにも対応できます。それからお手入れも簡単なんです。難燃であり、撥水性がある、これは便利だ。

簡単消火が可能

出典:facebook

口を簡単に塞ぐことが可能なので、酸素を遮断し消火ができます。燃え残った灰に水をかけると水蒸気が起こり危ない事もあるかと思います。アッシュサックなら安全に便利に焚き火の後始末ができるのです。

アッシュサックの転売品に注意

アッシュサックは、大変人気な商品となっており、残念ながら転売の対象となってしまいました。これに対して、ネイキッドラボはブログで「対応していく」とのコメントを出されています。

アッシュサックが13,000円で取引きされていました…ひどすぎる!

アッシュサックを買おう

nakedlaboオンラインストアよりご購入いただけます。現在、問い合わせが急増しているようですが、随時注文を受け付けているようです。納期は1ヶ月程かかる見込みです。(2019年8月現在)

納期からも人気なのが伺えます。あったらいいなを形にした焚き火のギアです。少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント