キャンプ用ウッドストーブ4社【徹底比較】僕が選ぶ1位はこれ!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

ソロキャンパーやハイカーに人気の「ウッドストーブ」。僕が持っている4社を比較してみよう。結論から言うと、1位はピコグリル85だね!

スポンサーリンク

比較するウッドストーブ

今回、比較するウッドストーブは以下になる。

今回比較するウッドストーブ
比較するウッドストーブ
  • ファイヤーボックスG2
  • Flexfire6
  • キース チタニウムウッドストーブ
  • ピコグリル85

それぞれに個性があり、素晴らしいウッドストーブだよ!では、どんな個性があるのか、これらを比較して深掘りしていこう!

素材の比較

まず、それぞれの素材を見ていこう!

品名素材
ファイヤーボックスG2ステンレス
フレックスファイヤー6ステンレスチタン合金
キース チタニウムウッドストーブチタン合金
ピコグリル85ステンレス
【素材の比較】

フレックスファイヤーに使われている「ステンレスチタン合金」とは、ステンレスにチタンを加え、耐熱性能をアップした素材で歪みにくい!

フレックスファイヤー

チタンは、「軽い、錆びない、強い」の三拍子揃った素材。携行性が良いので、ハイカーからも人気を得ている。

ステンレスは、チタンよりも蓄熱性がよく安価!光沢があり、美観性も良い!

K15
K15

僕は、チタンが特に好き!「軽い、錆びない、強い」上にチタンのグラデーションが気に入っている!

携行性の比較

次は、携行性の比較!

ソロキャンプやハイカーにとって、荷物の軽量化は大事な要素だ。携行性を重視するなら、ピコグリル85が圧倒的に軽い!

ピコグリル85
品名収納サイズ組み立てサイズ重量
ファイヤーボックスG212.7×19×厚み0.95cm12.7×12.7×高さ19cm907g
フレックスファイヤー618×20.8×厚み1.3cm17.3×17.3×高さ17.3cm939g
キース チタニウムウッドストーブ12.5×16×厚み0.64cm12.5×12.5×高さ16cm349g
ピコグリル8516×25×厚み0.4cm12×高さ14cm82g
【携行性の比較】

ピコグリルは板厚が薄く、重量は82g!バックパック一つでキャンプをするときに重宝している!

燃焼性の比較

燃焼性は「薪の水分や種類」、「焚べ方や風」により燃焼状態が変わってくるので、違いがわかない。

しかし、どれも吸気効率がよく、燃焼性が良いのでサッとお湯を沸かすことができる!

ファイヤーボックスG2
K15
K15

燃焼性が良い=薪の消費が激しい。針葉樹を入れるとあっという間に消費してしまうので、広葉樹を焚べよう!

安定性の比較

「料理のしやすさ」にも直結する安定性を比較してみよう。

安定度が高いのは、「ファイヤーボックスG2」、「フレックスファイヤー6」!例えば、重いスキレットでの料理もこなせる!どちらも900gを超える重量があり、安定性が良い。

ファイヤーボックスG2
品名安定性
ファイヤーボックスG2
フレックスファイヤー6
キース チタニウムウッドストーブ
ピコグリル85×
【安定性の比較】

やはり安定性に欠けるのは、ピコグリル85!少しバランスを崩すと倒れてしまう(何度か倒してお湯をこぼしてしまった…。)。

サミットフォーカス VS STAND MINIなどの自立式の五徳を使って転倒対策するといい。

K15
K15

安定性と軽量性のバランスがいいのは、キース チタニウムウッドストーブ!絶妙なバランスで使いやすい!

歪みの比較

熱による歪み(変形)を比較してみよう!

歪みが少ないのは、「ファイヤーボックスG2」、「フレックスファイヤー6」!特に、フレックスファイヤーは、ステンレスチタン合金を使っており熱変形が小さい。

フレックスファイヤー6
品名歪み
ファイヤーボックスG2
フレックスファイヤー6
キース チタニウムウッドストーブ×
ピコグリル85×
【歪みの比較】

「キース チタニウムウッドストーブ」と「ピコグリル85」は板厚が薄く、熱変形が顕著だ。

組み立てやすさ比較

組み立てやすさを比較していこう!

やはり、折りたたみ式タイプの方がサッと組み立てられる。

ピコグリル85
品名組み立て方式組み立てやすさ
ファイヤーボックスG2折りたたみ式
フレックスファイヤー6組み立て式×
キース チタニウムウッドストーブ組み立て式
ピコグリル85折りたたみ式
【組み立てやすさの比較】

組み立てやすさは、設営や片付けが楽になり、自由な時間が増えるメリットがある!「たかが5分の時短だ」と思われるかもしれないが、例えばテントやタープ設営などの工程の時間を少しずつ削減していくと、30分の時短になる。

K15
K15

キャンプをする時は、設営や片付けが楽なものを選び、疲労を少なくして自由な時間を増やしたい!

お値段の比較

値段の比較をしていこう!

材料費によっては、値上がりするかもしれないので参考までに!

品名価額(税込)
ファイヤーボックスG210,890円
フレックスファイヤー616,400円
キース チタニウムウッドストーブ6,380円
ピコグリル858,000円
【値段の比較】

一番安いのは、「キース チタニウムウッドストーブ」。amazonの定期的なセールで表の値段よりも安くゲットできる!僕は、5,104円(税込)で購入した!

キース チタニウムウッドストーブ

チタン製のウッドストーブがこの価額なのは嬉しい!初めてのウッドストーブにおすすめ!

1位はピコグリル85

さて、色んな比較をしてきた。僕が選ぶナンバー1のウッドストーブは、「ピコグリル85」。

バックパックで山歩きする僕にとって、「携行性の良さと組み立てやすさ」が重要だから。82gの重量で焚き火できるなんて幸せだ。

逆に「携行性が然程気にならない」人は、安定性が高く料理がしやすいファイヤーボックスG2やフレックスファイヤー6がいい。

フレックスファイヤー6

携行性と安定性のバランスがいいのは、キース チタニウムウッドストーブ。さらに安いというおまけつき!

K15独自のランキングをまとめると以下になる。

ウッドストーブランキング
  1. ピコグリル85
  2. キース チタニウムウッドストーブ
  3. ファイヤーボックスG2
  4. フレックスファイヤー6

少しでもウッドストーブ選びの参考になれば嬉しい!

コメント