ピコグリル85【耐久性より軽量化】82gのUL焚火台!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

超軽量な焚火台は「ピコグリル85」にお任せあれ。耐久性はイマイチだが、82gという重量は見逃せない。徒歩移動のキャンパー、ハイカーの強い味方になる!

スポンサーリンク

82gという驚異の軽さ

ピコグリル85の重量は、収納ケース、ゴトク込みで118g。

本体の重量は、わずか82g。組み立てサイズもそれなりにあるので、焚火をしている感じも十分に味わえる。

収納時の厚みは0.4cm。バックパックに入れても嵩張らない。ピコグリル85というウルトラライトな焚火台をバックパックに入れてハイキングを楽しみたい。

  • 収納サイズ:約25×16×0.4cm
  • 組み立てサイズ:約直径12×14cm
  • 重量:118g(付属品込み)
  • 素材:ステンレス
  • 付属品:収納ケース、ゴトク1本

パッと組み立てできるのが嬉しい

ピコグリル85は、軽い上にパッと組み立てができる。本体の端を手で押していくと、火床が開いてくる。

火床の爪が側面のスリットにハマるように調整すればOK。

ゴトクをセットすれば完成だ。数秒で組み立てできるので、サッと焚火が楽しめる。このアイディアは、惚れポイントだね。

では、収納する時はどうなのだろうか。組み立て時と同じように本体の端を手で押す。火床の爪が外れるので、親指で押し込む。

後は、畳むだけで良い。ほら、簡単に収納できるよ。

デメリットは耐久性

軽い上に、素早く組み立て出来る便利な焚火台「ピコグリル85」。でも、当然デメリットもある。薄い分、歪みやすく、火床が千切れる事がある。

一方で、ファイヤーボックスの耐久性はかなり良い。僕も長年愛用している好きな焚火台。ただし、重量は約900gとなり徒歩移動だと辛い。

耐久性は期待できないが、ピコグリル85の82gという重量は超魅力的!軽すぎて、風が強いと吹き飛ぶ程。僕は石を置いて養生している。

燃焼効率が良い

下部には、空気を取り込むスリットがあるので、燃焼効率が良い。

あっという間に勢いよく燃えてくれる。お湯もすぐに沸くよ。

丸い開口部は枝を入れやすい。薪の消費が早いので、長めの枝を入れておくと便利だ。薪のサイズは、手の親指の太さくらいが使いやすい。

じっくりと焚火を楽しむには向かないが、ちまちまと小割りにした枝を入れて炎の揺らぎを楽しむのも良い。

アルコールストーブのゴトクと風防になる

ピコグリル85は、アルコールストーブのゴトクと風防にもなる。高出力で人気のエバニューチタンアルコールストーブを使ってお湯を沸かしてみよう。ケトルは、GSIグレイシャーステンレスケトル1.0Lを使用。

アルコールストーブでも約8分でお湯が沸いた。これは使えるぞ。高出力のエバニューチタンアルコールストーブとピコグリル85の組み合わせが意外にも良かった。

最後に

耐久性は潔く諦めて、その代わりに82gという重量を得た。軽いが、存分に焚火を楽しめる。大きな焚火台、重い焚火台では味わえない経験を得る事ができる。

軽量コンパクトな焚火台でも事足りるを教えてくれた。不自由を常と思えば不足なし。シンプルで軽量な焚火台が愛おしくなってきた。

コメント