ピコグリル85【耐久性より軽量化】82gのUL焚火台!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、K15です(@K15Life)!

K15

超軽量な焚火台は「ピコグリル85」にお任せあれ。耐久性はイマイチだが、82gという重量は見逃せない。徒歩移動のキャンパー、ハイカーの強い味方になる!

本記事でわかること
  • ピコグリル85の魅力
  • ピコグリル85の使用感(レビュー)
  • ピコグリル85のデメリット
目次

Picogrill85(ピコグリル85)

僕は、Picogrill85(ピコグリル85)が大好きです!

なぜなら「簡単設営」「超軽量」だからです。1年半使ってきましたが、最高の相棒です!

まずは、次項で特徴をみていきます!

ピコグリル85の特徴

ピコグリル85の特徴は、次のようなものです。

  • 82gという驚異の軽さ
  • パッと組み立てできるのが嬉しい
  • 燃焼効率がいい
  • アルコールストーブのゴトクと風防になる

これらを順番に見ていきます。

82gという驚異の軽さ

ピコグリル85の重量は、収納ケース、ゴトク込みで118g。

本体の重量は、わずか82g。組み立てサイズもそれなりにあるので、焚火をしている感じも十分に味わえる。

収納時の厚みは0.4cm。バックパックに入れても嵩張らない。

ピコグリル85というウルトラライトな焚火台をバックパックに入れてハイキングを楽しみたい。

PICOGRILL
¥10,000 (2024/06/24 09:58時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

パッと組み立てできるのが嬉しい

ピコグリル85は、軽い上にパッと組み立てができる。本体の端を手で押していくと、火床が開いてくる。

火床の爪が側面のスリットにハマるように調整すればOK。

ゴトクをセットすれば完成だ。数秒で組み立てできるので、サッと焚火が楽しめる。このアイディアは、惚れポイントだね。

では、収納する時はどうなのだろうか。組み立て時と同じように本体の端を手で押す。火床の爪が外れるので、親指で押し込む。

後は、畳むだけで良い。ほら、簡単に収納できるよ。

燃焼効率が良い

ピコグリル85の下部には、空気を取り込むスリットがあるので、燃焼効率が良い。

あっという間に勢いよく燃えてくれる。お湯もすぐに沸くよ。

丸い開口部は枝を入れやすい。薪の消費が早いので、長めの枝を入れておくと便利だ。薪のサイズは、手の親指の太さくらいが使いやすい。

じっくりと焚火を楽しむには向かないが、ちまちまと小割りにした枝を入れて炎の揺らぎを楽しむのも良い。

アルコールストーブのゴトクと風防になる

ピコグリル85は、アルコールストーブのゴトクと風防にもなる。高出力で人気のエバニューチタンアルコールストーブを使ってお湯を沸かしてみよう。

ケトルは、GSIグレイシャーステンレスケトル1.0Lを使用。

あわせて読みたい
【人気のワケ】GSIグレイシャーステンレスケトルのレビュー [temp id=2] K15 使って気づいたGSIグレイシャーステンレスケトルの良さを紹介しよう。僕が感じた良さは主に4つあり、これらを詳しく解説していく。 GSIグレイシャース...

アルコールストーブでも約8分でお湯が沸いた。これは使えるぞ。

高出力のエバニューチタンアルコールストーブとピコグリル85の組み合わせが意外にも良かった。

エバニュー(EVERNEW)
¥3,236 (2024/06/24 09:58時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

ピコグリル85のスペック

ピコグリル85のスペックは、次の通りです。

収納サイズ約25×16×0.4cm
組み立てサイズ約直径12×14cm
重量118g(付属品込み)
素材ステンレス
付属品収納ケース、ゴトク1本
ピコグリル85のスペック

素材は、錆びにくいステンレスを使用!

ピコグリル85を1年半使用してみて気づいたこと

ピコグリル85を1年半使用してみて気づいたことを紹介します。

  • デメリットは耐久性
  • 安定性が乏しく倒れる
  • 手軽に焚き火が楽しめる

これらを順番に見ていきましょう。

デメリットは耐久性

軽い上に、素早く組み立て出来る便利な焚火台「ピコグリル85」。でも、当然デメリットもある。薄い分、歪みやすく、火床が千切れる事がある。

一方で、ファイヤーボックスの耐久性はかなり良い。僕も長年愛用している好きな焚火台。ただし、重量は約900gとなり徒歩移動だと辛い。

あわせて読みたい
ファイヤーボックスG2を購入する前に確認しておきたい事 こんにちは、k15です。 K15 現地の枯れ木や落ち葉で火を扱いたい、しかも火力が良い、軽量コンパクト。そんな魅力的なウッドストーブが欲しかったんです。 そこで僕達は...

耐久性は期待できないが、ピコグリル85の82gという重量は超魅力的!軽すぎて、風が強いと吹き飛ぶ程。僕は石を置いて養生している。

安定性が乏しく倒れる

ピコグリル85は、安定性が乏しい。

僕は、何度かお湯の沸いたケトルを倒してしまった。フライパンを倒したこともある。

とはいえ、地面をしっかり平らにしておけば大丈夫!いつもより、慎重に料理すれば問題なし!

K15

安定性を高めて、快適に焚き火料理したい人は、サミットフォーカス「ミニバーベキューグリルセット」を使おう!

あわせて読みたい
超軽量グリルスタンド!サミットフォーカス【ミニバーベキューグリルセット】 こんにちは、K15です(@K15Life)! キャンプを続けていくうちに、普遍的な焚き火台だと満足できなくなります。こだわりが出てくるんです!そんな尖ったあなたへ、サミ...

手軽に焚き火が楽しめる

ピコグリル85の好きなところは、次のようなものです。

  • 準備と片付けが圧倒的に楽
  • 灰になるまでしっかり燃えてくれる
  • ULな軽さ

僕は、ズボラなので、キャンプの準備と片付けが苦手です。

でも、ピコグリル85は、準備と片付けが圧倒的に楽なので、すごく気に入っています!

さらに灰になるまでしっかり燃えてくれるので、炭残りが少ないのです。アッシュサックを使えば簡単に片付けできます!

あわせて読みたい
Ashsack(アッシュサック)ネイキッドラボに問い合わせ急増 こんにちは、K15です(@K15Life)! 「あったらいいなを形にする」ってどこかのキャッチコピーでしたよね。焚き火において、あったらいいなを形にしたものがあります。 ...

バックパックキャンプをする僕は、82gという驚異的な軽さのピコグリル85が大好きです!

最後に

耐久性は潔く諦めて、その代わりに82gという重量を得た。軽いが、存分に焚火を楽しめる。大きな焚火台、重い焚火台では味わえない経験を得る事ができる。

軽量コンパクトな焚火台でも事足りるを教えてくれた。不自由を常と思えば不足なし。シンプルで軽量な焚火台が愛おしくなってきた。

あわせて読みたい
キャンプ用ウッドストーブ4社【徹底比較】僕が選ぶ1位はこれ! こんにちは、K15です(@K15Life)! ソロキャンパーやハイカーに人気の「ウッドストーブ」。僕が持っている4社を比較してみよう。結論から言うと、1位はピコグリル85だ...
あわせて読みたい
ウッドストーブ「使い方間違ってない?」初心者でも上手に扱う方法! こんにちは、K15です(@K15Life)! 「ウッドストーブなんて使い物にならない!」「買おうと思っているけど、使いにくそう…」そんなイメージを持っている人へウッドスト...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次