ファイヤーボックスG2を購入する前に確認しておきたい事

 

こんにちは、k15です。

 

K15
K15

現地の枯れ木や落ち葉で火を扱いたい、しかも火力が良い、軽量コンパクト。そんな魅力的なウッドストーブが欲しかったんです。

 

そこで僕達はファイヤーボックスを買いました。ブッシュボックスと悩んだんですが、ファイヤーボックスを買って正解だと思っています。さて、これからファイヤーボックスの検討している方向けの記事を作成しました。少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

こんな方はファイヤーボックスを辞めた方がいい

重いのが嫌な方

ファイヤーボックスはサイズの割には重い印象を受けます。もっと軽量なウッドストーブがありますよね。ハイキングなどには向かないと思います。

 

しかし厚手のSUSなので頑丈な作りです。タフに扱いたい方には良いと思います。僕達はよくツーリングキャンプをします。ツーリングキャンプで有ればファイヤーボックスの重さは許容できます。活躍する事間違いなしです。多少重くても頑丈なので長年のキャンプの相棒として愛着が湧くはずです。

 

K15
K15

同じ様な形状で人気なのはブッシュボックス。軽量を求める方はチタンをご検討しても良いと思います。(価額は高いんですが、チタンに惹かれてしまうんですよね…)

 

 

薪をチマチマ入れるのが面倒な方

ファイヤーボックスを検討している方で大きな薪を扱いたいという方はいないと思います。ファイヤーボックスの魅力は木葉や枝を現地調達して、それを燃料とする事。

 

K15
K15

チマチマ枝を入れながら暖をとるのは何とも言えない幸福感を味わえます。しかし薪を小割りにする、チマチマ枝を入れるのが面倒な方にはファイヤーボックスは向かないと思います。

 

手間を楽しめる方、チマチマ枝を入れて火を育てましょう。それから下部に穴があるので長めの薪も突っ込めます。ウッドストーブならではの楽しみが味わえます。

 

初心者な方

すごい火力があるのですぐお湯が沸きます。しかし火加減の調整が難しいというデメリットがあります。使いこなすには慣れが必要です。

 

K15
K15

僕の主観ですが焚き火初心者にはおすすめできませんね。ある程度焚き火になれてから購入を検討した方が良さそうです。

 

火気養生不足な方

初心者には向かないという理由がもう一つあります。それはファイヤーボックスは脚が無いので、そのまま焚き火をすると地面を痛めます。

 

K15
K15

これがダメな例ですね。キャンプ場で芝が焼けているのを見た事がある方もいるはず。それは火気の養生不足に問題があります。カーボンフェルトやスパッタシート、灰受け等を利用しましょう。

 

ファイヤーボックスのココが良かった

お湯がすぐ沸く

K15
K15

お湯がすぐ沸くのは嬉しいですね。例えば、沸いたお湯でコーヒーを楽しんだり、カップラーメンを楽しんだりできます。しっかりした作りなのでフライパンも乗せる事ができます。ジューシーなステーキの出来上がりです。

 

結構暖かい

ファイヤーボックスの火力が凄い!!ソロキャンパー必見

小さいので暖をとるのには頼りないかな、と思っていました。しかし火力があるので、意外に暖かいんです。燃焼している動画を用意したので、参考にしてみてください。

 

K15
K15

小さいのに頑張ってくれると愛着も湧くんです。

 

火がすぐつく

着火性は良いと思います。サクッと火がつくので、ストレスなく焚き火ができます。例えば、キャンプ場に着きました。焚き火台を広げました。火がなかなか着きません。イライラしませんか。もうお腹はペッコペコです。

 

K15
K15

着火性が良いのは魅力的だと思います。

 

そんなに歪まない

ファイヤーボックスは折り畳みなので歪みが気になっていました。しかし、そんなに気になる歪みはなくスムーズに折り畳めます。

 

K15
K15

値段が高い分、頑丈な作りと考えています。

 

カッコイイ

キャンプギアで重要な要素として、カッコ良さやお洒落度ですよね。ファイヤーボックスがチープな物だったら誰も買いません。

 

K15
K15

ファイヤーボックスは機能性も優れている、カッコイイ。後は財布と妻の顔色との相談だ。焚き火ギアはいっぱいあっても良いじゃない。だって焚き火が好きだもの。

 

 

では、素敵なキャンプライフを!!

コメント