タープの黒色はやめとけ!?【僕が感じたデメリット・メリット】

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

「タープの黒色は、暑くないだろうか。虫が寄ってくると聞くし…。」そんなデメリットについて、リアルユーザーの僕が感じていることを紹介する。

スポンサーリンク

閉めると暑い

まず、大きなデメリットが「閉めると暑い」ということ。5月、黒いタープでタープ泊をした。風の吹き込みが少ない張り方をすると、暑くてシェルター内に居られない。

すかさず、風を取り込む張り方にする。風が通ると、ダラダラとかいていた汗が乾いて、涼しさを感じる。黒色は、遮光性が高いので、濃い影を作ってくれた。

気温の高い季節に、黒いタープを張る時は、風を取り込むように張ろう。

タープ自体が暑い

黒色は、熱を吸収する。タープと体が近いと、タープ自体の熱を感じる。夏は、とても暑くなるので、タープを高めに張りたい。

気温の高い季節は、風を取り込むように、体と離して張ろう。

虫が寄ってくる

黒いタープは、虫が寄ってくる。実は、「実際には、そんなに寄って来ないのでは?」と思っていた。僕の考えが甘かったと、虫が教えてくれた。

黒いタープを張ると、虫が寄ってきた。虫をはたき落としても、次々に付着してくる。「どうしよう」困ったものだ。よし、焚き火の煙で虫除けをしよう。

煙の効果があったのか、近寄ってくる虫が減った。それでも、タープに2匹ついていた(しぶとい)。

アブや蚊などは、黒に寄ってくる。虫の活動時期は、注意が必要。

冬は暖かいというメリットも

黒いタープは、デメリットがあるばかりじゃない。「濃い日陰を作れる・冬は暖かい・眩しさで起きない」というメリットがある。

キャンプでは、タープが濃い日陰を作ることで涼しく過ごせる。黒は、遮光性が高く、濃い日陰を作るので、デメリットと上手に付き合えば快適なタープになる。

K15
K15

具体的には、風を取り込み、体との距離を十分に確保する。

冬は、熱吸収のいい黒が活躍する。11月、最低気温0℃の中、フルクローズできるmoose KUROでタープ泊をしていた。

肌寒くなり、シェルターの中に入るとポカポカしてくる。「黒は暑いだけではなく、暖かいんだな。」

キャンプをするときは、大体いつも7時に起きる。でも、黒いタープで寝るとぐっすり寝られる。このときのキャンプは、9時に起きた。オレンジ色の朝日が、白色になっていた。

黒色は、遮光性が高い。つまり、太陽の光が眩しくて目が覚めることがない。デメリットと上手に付き合えば、頼もしいタープになる。

コメント