Firebox Freestyle【レビュー】満足度120%ウッドストーブ

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

Firebox Freestyle Modular Camping Stoveのリアルな使用感を紹介します!チタンとステンレスの違いもわかるよ!

スポンサーリンク

Firebox Freestyle(ファイヤーボックスフリースタイル)の特徴

Firebox Freestyleの特徴を見ていきましょう!

Firebox Freestyleは、パネルを組み合わせることで「6つのモードに変身する」ことができます!

ソロキャンプでは、凡庸性の高い4パネルモード、同時調理のできるブッシュクラフトモードが使いやすいです!

大きなフライパンを使いたい人は、Firepitモードを使うなど、パネルを組み合わせることで幅広いニーズに対応できるのです!

僕が買ったのは、4パネルストーブ&グリルキットです!

4パネルは、三角形に変身できます!ソロキャンプならこのキットです!

面倒な組み立ては一切ありません!

折りたたみ式なのでパネルを開くだけでセットアップできます!

4パネルのサイズ感は、Firebox G2よりも一回り小さめです!

ステンレスで比較したとき、重量は「G2が907g」「Freestyleが682g」となります。Freestyleは携行性が良いのです!

K15
K15

G2を使っていた人は、Freestyleの携行性に惹かれて買い換えそうです!

材質は、スレンレスとチタンがあります!

僕は、どちらも持っているので、後で比較を紹介します!

Firebox Freestyleの特徴
  • パネルを組み合わて6つのモードに変身できる
  • 折りたたみ式なので簡単にセットアップできる
  • Firebox G2よりも小さく携行性がいい
  • 素材はステンレスとチタンを選べる

4パネルストーブキットの付属品

4パネルストーブキットの付属品を確認していきます!

  • 4パネルフリースタイルストーブ
  • ファイヤースティック4本
  • ロストル
  • グリル
  • 収納袋
  • ゴムバンド
  • 収納ボックス

「ファイヤースティック」「ロストル」「グリル」の素材は、ステンレスを買えばステンレスになります。つまり、チタンを買えばチタンになるということです。

ステンレスとチタンの比較

「Firebox Freestyleを買うぞ!でも、ステンレスとチタンどっちにしようか迷う」

そんな人もいると思います!

どちらも持っている僕が、簡単に違いを紹介します。購入検討の参考になれば嬉しいです!

では、4パネルストーブキットの比較をしていきます!

ステンレスチタン
4パネル本体重量300g181g
総重量(付属品込み)682g492g
付属品の素材ステンレスチタン
質感光沢ありマットな質感
Firebox公式サイトの価額75.00ドル(約9,500円)129.99ドル(約16,500円)
【ステンレスとチタンの比較】

4パネル本体重量とは、「スティック」「ロストル」などの付属品を除いた「4つのパネルのみの重量」です。

重量は、やはりチタンの方が軽くなります!

付属品込みで比較すると、約200g軽くなります。これを「かなり違う」と取るか、「大差ないね」と取るかは、人それぞれだと思います。

例えば、バイクや車移動ならステンレス。徒歩移動ならチタンを選ぶといいと思います。(徒歩移動でも体力のある方や移動距離が短い人はステンレスという選択肢もGOOD)

そして、悩ましいのは価額の違いです…。

残念ながらチタンは高価になります。ステンレスとの価額差は約7,000円(Firebox公式サイトの場合)。

価額差をみると、ステンレスに気持ちがグッと傾きますよね。僕は「軽い」「錆びない」「強い」チタンの方が好きです!

組み立て方

Firebox Freestyleの組み立て方を見ていきます!

一度覚えてしまえば、簡単にセットアップできます。詳しくは下記の画像を確認してください。

4パネル→3パネルへの変身の仕方も紹介します。

3枚目のパネルを外して、2枚目と4枚目を繋ぎ合わせるだけです。YouTubeでは、レビューと組み立て方を紹介しているので、是非参考にしてみてください!

ちょうどいいサイズ感

「Gen2ナノストーブだと物足りない、でもG2ストーブは重い」

Firebox Freestyleは、そんな人にピッタリなウッドストーブです!

Firebox Freestyleのサイズ感は、手のひらに収まるサイズ感。

コンパクトながら戦闘飯盒弍型(2合炊きの飯盒)や16cmのフライパンを置いても安定感があります!

つまり、ソロキャンプならFirebox Freestyle一つで十分にキャンプが楽しめます!

小さすぎず大きすぎないサイズ感!気に入りました!

安定性に優れる

Firebox Freestyleは、安定性に優れます!

ウッドストーブの中には、軽いけど不安定なものがあります。せっかく沸いたお湯もケトルを倒して台無しになったことがあります。

Firebox Freestyleは、安定性があるので、料理がしやすいです!「軽量なのに安定性がある」素晴らしいです!

収納ボックスが灰受けプレートになる

缶の収納ボックスは、焚き火台を安定させ、灰を受け止めます。

灰の処理がしやすいので、片付けが早いです!

K15
K15

収納ボックスの中に入れたパネルや付属品が、移動中にガタガタしますが、付属のバンドを使えば軽減されます。(僕は捨ててしまった…)

もちろん燃焼性がいい

Firebox Freestyleは、ウッドストーブなので、燃焼性がいいです!

煙突効果や吸気効率が良いからですね。

コンパクトですが火力が強いので、お湯もすぐに湧きます!

ウッドストーブの使い方については過去の記事を参考にしてみてください。

まとめ

Firebox Freestyleを買ってよかったです!

レビューのまとめは以下になります!

  • 小さすぎず大きすぎないサイズ感がいい
  • 安定性があり料理がしやすい
  • 組み立てと片付けが早い
  • 収納ボックスが灰受けになり片付けしやすい
  • 燃焼性がいい
  • スリットから漏れ出る灯りが超カッコイイ

ソロキャンパーやハイカー皆さん注目です!Firebox Freestyleかなり使えますよ!

少しでも参考になれば嬉しいです!

コメント