バンドックソロベースの教科書!雨・スカート・薪ストーブ全て網羅

こんにちは、K15です。

K15
K15

バンドックソロベースのヘビーユーザーの僕が気になる疑問に答えます。

・2020/7/5追記
バンドックソロベースEXも発売となりました。スカート、サイドウォールもついています。詳しくは後述します!

雨は大丈夫!

小雨の中、僕はキャンプをしました。撥水加工済みのバンドックソロベース。雨でも大丈夫なのか半信半疑でしたが、疑いは実際に使ってみて晴れました。跳ね上げにも水溜まりが出来ていますが、漏れる事なく雨を凌いでくれました。

K15
K15

大雨での使用はまだ無いですが、これだけの耐水効果があれば充分だと思います。雪でもガシガシ使えますね。

スカートがなくても冬はいける

スカートが無い分、冷気が入ってきます。しかし寝袋をダウンにし、地面からの冷気をシャットアウト出来れば充分に寝る事が可能です。それに通気性が良いので結露はしにくいですね。

K15
K15

僕の寝袋を紹介しますと、山渓とナンガコラボ品です。防水なのでアウターがいりません。それに抜群のコスパです。

地面からの冷気対策は過去の生地を参考にしてみて下さい。

2個コットが入る

コットが二個入るくらいの広さがあります。デュオでも行けますね。カップルでもいけちゃうよ。

K15
K15

僕が使っているコットはタラスブルバ製ウルトライージーコットです。なぜ買ったのかというと高品質、コスパが良い、コンパクト収納だからです。僕だったらヘリノックスよりタラスブルバを選びますね。

タラスブルバのコットは生地がしっかり!!

薪ストーブも楽しめる

薪ストーブは二股化しないと厳しそうですね。二股しようと思うのですが、やる事が多くて後回しになっています。さて、以前薪ストーブについての記事を書いているので参考にしてみて下さい。

・2020/7/24追記

バンドックからソロベース用のフタマタポールが発売になりました!!これで室内が広く使えるので、薪ストーブがINしやすくなります。

薪ストーブならwinnerwellですね。揺らぐ炎を楽しめます。他社にも窓ガラス付きがありますが、winnerwellは鉄のスペシャリスト集団なので非常にしっかりした薪ストーブです。どうせなら耐久性が良い方が良いですよね。

焚き火に強い

TC素材なのでポリエステルに比べ焚き火にも強いですが、幕下での焚き火は危険だと思います。テントから離れた距離で焚き火を楽しみましょう。

K15
K15

ちなみに焚き火を楽しんでいて赤い火の粉が幕に付いた事があります。黒っぽくなりましたが、穴は空きませんでしたよ。バンドックソロベースは焚き火を楽しめ、焚き火が似合う幕ですね。

焚き火台でおすすめなのはベルモントtabiです。チタン製で軽くてコンパクト収納。また使用したらレビューを追記します。

爆速レビュー!ベルモントtabi良かった点・微妙な点
ついに予約していたベルモントtabi焚き火台が着弾。これからベルモントtabiを購入する方向けに、使って気付いた良い所と微妙な所を紹介する。バックパックでソロキャンプをする僕にとって非常に頼もしい相棒が出来たことは間違いない。

グランドシートがあると便利

グランドシートがあると荷物が汚れない、地面からの冷気をある程度防止してくれます。

K15
K15

僕が使っているのはオレゴニアンキャンパーのカモフラ柄ですね。ミリタリー好きにはど定番なグランドシートです。デザインが良く、耐久性も良く、防水性もあります。

使用サイズはMサイズ。ちょっとした荷物置きにもなりますし、腰をかけるのにちょうど良いですね。

バンドックソロベースEXがハイスペック

これから、バンドックソロベースを買う方は、上位モデルのEXがおすすめです。

バンドックソロベースEXの特徴
  • サイドウォール付き
  • スカート付き
  • ベンチレーター付き

サイドウォールの役割は、横からの雨や風を防いでくれます。さらに言えば、人の視線も遮り、秘密基地感がアップします。スカートは、冷たい冷気の侵入を防いでくれますが、夏は暑くなります。しかし、スカート部は、巻き上げてトグルで固定できるので、必要に応じて、使い分けできます。

スカートの生地は、幕体同様にTC素材。

煙突穴と思わせる穴の正体は、ベンチレーターとなっています。ここから薪ストーブの煙突を出してしまうと、焼損する恐れがあります…。

ハイスペックなEXモデルは入手困難で、購入できた方は運が良いですね!

最後に

バンドックソロベースは買って良かったです。とにかく安いし、カッコイイ。当時物の軍幕にこだわりがなければ誰にでも扱いやすいですよ。初心者でも簡単に張れます。大人の秘密基地です。

K15
K15

バンドックソロベースはコンパクト収納なのでツーリングキャンプにも活躍します。

では、読者の皆さん!

素敵なパップテントライフを!!

コメント