winnerwell薪ストーブ!S・M・Lサイズどれにする?

 

こんにちは、K15です。

 

K15
K15

ウィンナーウェルのサイズ選びの参考になれば嬉しいです。さて、S・M・Lサイズが販売されています。各々のデメリットとメリットをまとめました。ちなみに僕はMサイズを愛用しています。

 

スポンサーリンク

winnerwell Lサイズ

メリット

Lサイズの利点は大きな薪が入ります。暖房効果も全モデルの中でも最も高くなります。つまり、大きなテント向きですね。しかも、nomad viewも大きく大迫力の炎を楽しめます。

 

【メリットのまとめ】
・大きなnomad view
・大きな薪が入る
・暖房効果が最も高い
・大きなテントで使える

 

K15
K15

ファミリー向けだね。

 

デメリット

重いんですよね。さらに大きいので収納や持ち運びに一苦労です。大人気のスペシャルパッケージなら19kg。腰が辛いよ…、まぁ持てないレベルではありません。値段も高くなります…。

 

【デメリットのまとめ】
・収納に困る
・持ち運びに苦労
・値段が高い

 

winnerwell Mサイズ

メリット

僕が愛用しているMサイズです。バランスが良いサイズです。大きすぎず、小さすぎません。一番売れているサイズのような気がします。持ち運びもそんなに苦痛ではありません。僕は3人家族なのでソロでもファミリーでも活躍しています。

 

【メリットのまとめ】
・ソロでも使える
・ちょうど良いサイズ感
・持ち運びも苦労しない

 

K15
K15

迷うなら真ん中を取ろう!

 

デメリット

たまにもう少し大きくても良かったな、と思ってしまう所はあります。暖房効果や、nomad viewの大きさはLサイズには劣るのです。Mサイズは特に人気で、一番最初に在庫がなくなるようです。入手困難です。

 

【デメリットのまとめ】
・最も入手困難
・Lサイズには劣る暖房性能
・Lサイズには劣るnomad view

 

winnerwell Sサイズ

メリット

全サイズの中で最もコンパクト。コンパクトなのにnomad view付き。ちなみにテンマクの薪ストーブSはnomad view(窓ガラス)がついていません。持ち運びも便利で、限られたスペースでも使用できる利便性に富んだ商品。

 

【メリットのまとめ】
・ソロ用
・軽量
・コンパクト
・値段が安い
・nomad view付き

 

【朗報】ソロ向けwinnerwell薪ストーブSサイズが発売!
大人気のwinnerwell薪ストーブ。鉄のスペシャリスト集団が、ついにソロ向けのSサイズを発売します。テンマクデザインからも、ソロ向けSサイズ薪ストーブの発売が公表されました。ソロキャンパーが多いので、ニーズがありそうです。

デメリット

コンパクト故に使用できる薪のサイズが小さくなります。暖房性能は最も劣ります。当然nomad viewも小さくなる訳ですよね。

 

【デメリットのまとめ】
・薪のサイズが限られる
・暖房性能が最も劣る
・nomad viewが小さい

 

K15
K15

ソロならテントも大きくないはず。Sサイズで十分。

 

最後に

一長一短ありますが、ファミリーキャンプ多めならLサイズ、少人数ならMサイズ、ソロ多めならSサイズで良いんではないでしょうか。いずれにしてもウィンナーウェルの薪ストーブはオススメです。

 

K15
K15

燃焼効率もいいし、ステンレスもしっかりしていますよ。

 

では、読者の皆さん、素敵なキャンプライフを!!

コメント