【SOOMLOOMパップテントX-large】この軍幕がすごいワケ

こんにちは、K15です!(@k15life)

SOOMLOOMの新作パップテント(ミリタリーテント)「X-large(ビッグサイズ)」を購入。「使用感、サイズ感、気になるところ」を紹介!

K15
K15

この安さは異常!利益でるのかな!?僕はバンドックより好きだ!

スポンサーリンク

旧モデルより高さがある!

SOOMLOOMのパップテントX-largeは、旧モデルよりも大きくなっている。高さも高くなっているので、とても過ごしやすい!

僕は、バンドックソロベースと軍幕を持っている。バンドックソロベースは、カッコイイけど高さが低くて腰が痛くなりがち(SOOMLOOMの古いパップテントも同じ高さ)。

では、パップテントX-largeのスペックが気になるところ。「どのように変わったのか」旧モデルと比較してみよう。

品名組み立てサイズ収納サイズ重量ペグロープポールメッシュインナー
SOOMLOOMパップテント長さ360×幅190×高さ110cm42×19cm5.2kg17本5本4本有り
SOOMLOOMパップテントX-large長さ360×幅200×高さ118cm45×24cm7.66kg19本5本4本有り
【旧モデルと比較】

高さは、約8cm高くなっている。実際に座ってみると、程よい高さで過ごしやすい。

これまでSOOMLOOMパップテントを使っていた人は、新モデルに移りそう!

サイドウォールで横風を防ぐ

パップテントX-largeの最大の魅力は、サイドウォール。

サイドウォールのメリット
  • 横からの日差しを防ぐ
  • 横風を防ぐ
  • 横雨を防ぐ
  • 視線を遮る

実際に跳ね上げたフライの下に座ってみると、ものすごく居心地が良い。適度に囲われているから落ち着くし、冷たい風を防いでくれる。

最高の秘密基地!これならタープいらないね!

2人で寝られるサイズ感

パップテントをフルクローズ(完全に閉めきる)しても、広々している。この広さなら、デュオキャンプ(二人)でも使える。

広さの秘訣は、サイドの形にある。一般的なパップテントだと、サイドは三角。パップテントX-largeは、台形となっているので広い。

前室も広いので、チェアを2つ、テーブルが1つ置ける!サイドにもスペースがあるから有効活用するといい。

大人1人、子供2人でもいける。僕には、娘と息子がいるので、この幕を使って子供とキャンプがしてみたい!

後も張り出せる

後ろのフライを張り出せば、通気性がよくなり涼しく過ごせる。夏場は、前後のフライを跳ね上げて寝るのもあり。

試しに気温29℃の中、横になってみたが、風が通るので涼しい。かなり遮光性が高いので快適に過ごせる!

作り込みに妥協なし

僕が感動したポイントはまだまだある。「安いのに細部にわたり妥協なし」ということ。

僕の感動したポイント
  • メッシュインナーの前後にジッパーがある
  • メッシュインナーのフロアはリップストップ生地
  • テントの張り調整ベルトがある
  • スカートがTC素材
  • スカートを巻き上げられる
  • スカートにループがあり固定できる
  • サイドウォールにジッパーがある

メッシュインナーのフロアには、引き裂き強度のあるリップストップ生地が使われている。(僕の愛用しているタラスブルバのコットも入ったので嬉しい)

サイドウォールには、ジッパーがあり巻き上げたり、張り出したりできる。設営しながら、「安いのにすごい」と感動しながら張った!

薪ストーブはひと手間必要

薪ストーブをインストールするには、ひと手間必要だ。このテントは、ダブルジッパーでない。つまり、薪ストーブの煙突部分をジッパーで挟むことができない。

クリップやクランプで留めるといった工夫が必要になる。

薪ストーブについては、ソロキャンプにオススメな薪ストーブをまとめているので、良かったら参考にしてみてほしい。

設営時のポイント

パップテントは設営が簡単だが、「三角の自在金具付きロープ」を初めて使う人がいるかもしれないので、使い方を図で紹介しておく。

まとめ

「この価額で本当にいいのだろうか」

家具屋さんの「お値段以上」と言えばニトリだが、テントで言えばSOOMLOOMになるだろう。品質については、「ジッパーが戻りやすい」と感じたが、それ以外に気になるところが見つからない。

総じて満足!バンドックソロベースより作り込みがいいと感じた!

コメント