「ソロキャンプで薪ストーブを使いたい」おすすめがあるんです!

こんにちは、K15です。

ソロキャンパー向けに「ソロキャンプで使いやすい、厳選した薪ストーブ」を紹介する。燃焼効率の良い薪ストーブで暖をとり、お気に入りのケトルでお湯を沸かす、コーヒーを飲みながら、揺らぐ炎をボーッと眺めていたい。ソロキャンプなら軽くて持ち運びに苦労しないものが良い。

K15
K15

そんなニーズに応える薪ストーブは、きっと評価が高く、携行性が良く、サイドビュー(サイドに窓ガラス付き)、があるもの。これら3つの条件を満たす薪ストーブを紹介していく。

スポンサーリンク

winnerwell nomad view Sサイズ

超人気な薪ストーブと言えば、ウィンナーウェル。毎回、販売しては速攻で売り切れ、特に秋冬では入手し難い。僕も使っている薪ストーブで、燃焼効率も良く、品質も良い為、総じて満足している。

サイドには大きい窓ガラスが付いている為、炎の揺らぎが心を癒す。焚き火とは、また違った良さがある。実は、Mサイズを持っているが、ソロキャンパーに人気なサイズは、携行性が高いSサイズが人気。

テンマク ウッドストーブサイドビューMサイズ

出典:テンマク

テンマクのウッドストーブは、前述したウィンナーウェルが製造し、テンマクが販売している。こちらもデザインがカッコよく人気が高い。ソロキャンパー向けにSサイズが販売されているが、Sサイズだとサイドビュー(窓ガラス)がない。

やはり大きな窓で炎が見たいというニーズが高い為、サイドビュー付きのMサイズを紹介した。どうしてもSサイズでサイドビューが良い、という人は、先ほど紹介したウィンナーウェルのwinnerwell nomad view Sサイズがある。あとは、自分の心に聞いてデザインの好みを選ぶと良い。

POMOLY T1チタン薪ストーブ

POMOLYは、薪ストーブやテントなどのキャンプギアを販売するブランド。僕が特に気になっている薪ストーブがT1チタンフォールディング薪ストーブになる。チタン素材で、耐食性、耐熱性、軽量性に優れ、サイドビューもある。

さらに組み立て式の為、収納サイズがコンパクト。重量は、約4kgと携行性もかなり良い。実は、POMOLYには、もっと軽量な「Timber」という薪ストーブもあるが、チタンの厚みが0.6mmとなり、チタン厚1mmのT1より歪みやすくなっている。

組み立てもT1の方が楽なようだし、僕ならT1を選ぶ。どちらにしてもPOMOLYは軽量、コンパクトでかなりおすすめ!

笑S フォールディング薪ストーブ

出典:笑S

ショウズのフォールディング薪ストーブも毎年完売となる程の人気。メイドインジャパンの高い品質と、コンパクトになる組み立て式が魅力的で評価も高い。同じく組み立て式の薪ストーブPOMOLYと比較すると、デザイン性はPOMOLYの方が好みかな。

ワークタフストーブ 380

ワークタフストーブは、台湾のメーカーが手掛ける薪ストーブ。2次燃焼を発生させる構造の為、燃焼効率が高くなっている。デザイン性がよく、サイドには窓ガラスが付いている。サイズは、少人数用の380、ファミリー向けの500タイプがある。

これまで紹介した薪ストーブは、どれも入手困難であるが、ワークタフストーブは比較的入手しやすい!

アマゾンで買える超軽量チタン薪ストーブ

なんと、煙突2mで1,612gの薪ストーブをアマゾンで販売してある。チタン素材でサイドビューもあり、コンパクト収納にもなる。おそらく中国のメーカーだと思うが、コスパも良いいし、海外での評価も高い。

コメント