次はこれ!POMOLY・T1チタンフォールディング薪ストーブ

こんにちは、K15です。

薪ストーブといえば、winnerwellや笑sも人気だが、次に流行しそうなのは、POMOLYの薪ストーブ。海外の公式サイトでは、T1チタニウムフォールディング薪ストーブが「OUT OF STOCK」となっている事からも注目度の高さが伺える。(2020年7月時点)

K15
K15

SNSをリサーチしてみると、NEWギアに敏感な人はすでに買っていた。素晴らしき2面窓がある組み立て式の薪ストーブを見ていこう!

スポンサーリンク

ソロキャンパーには嬉しい軽量・コンパクト性

出典:pomoly

POMOLYT1チタニウムフォールディング薪ストーブの特徴をざっくり言うと、

  • チタン素材で耐食性・耐熱性・軽量性に優れる
  • 1mm厚のチタンを使用し、歪みを最小限に抑える工夫有り
  • 組み立て式の為、収納サイズがコンパクト
  • 2面窓で炎の揺らぎを目で楽しめる
  • 巻き煙突の為、慣れが必要
  • 天板を外せば、焚き火や料理も楽しめる
出典:pomoly
ストーブ本体展開サイズ奥行き38cm×幅22cm×高さ18cm
収納サイズ奥行き38cm×幅22cm×高さ9cm
煙突の長さ2m or 3m
重量約4kg
【POMOLYT1チタニウムフォールディング薪ストーブのサイズ】

車に比べて荷物の積載量が減るツーリングキャンプやバックパックキャンプでも扱いやすい。軽量かつ収納サイズがコンパクトになる所が、ソロキャンパーには嬉しい。

Timberとの比較

出典:pomoly

実は、POMOLYにはT1チタニウムフォールディング薪ストーブより軽量な薪ストーブ「Timber」というモデルがある。どちらを買おうか悩んでいる人がいるかもしれない。そこで、簡単にスペックをまとめ、両者を比較していく。

品名組み立てサイズ収納サイズ重量材質
T1チタンフォールディング薪ストーブ38×22×29.5(H)cm38×22×9(H)cm約4kg1mm厚チタン
TIMBERチタン薪ストーブ38×20×30(H)cm38×20×8(H)cm約2.3kg0.6mm厚チタン
【Timberとの比較】

Timberの重量は、2.3kgと軽量だが、チタンの厚みが0.6mmとなり、歪みが心配という声もある。POMOLYT1チタニウムフォールディング薪ストーブの方が、少し重くはなるが、チタン厚1mmという頑丈さから好まれているようだ。

丈夫さを重視する人はT1チタン、軽さを重視する人はTIMBERチタン!

焚き火料理もいけちゃう

出典:pomoly

POMOLYT1チタニウムフォールディング薪ストーブは、天板を外せば、焚き火と料理が楽しめる。例えばキャンプのオフシーズン(夏)では、薪ストーブを焚き火台として使用することも可能になってくる。またオプションでは、ロストルや網も発売されており、焚き火料理も出来てしまう。

と書いてみたものの、もっと軽量で扱いやすい焚き火台を持っているから、僕なら薪ストーブを焚き火台としては使わない。ただし、薪ストーブ一つで焚き火も料理も楽しみたい方も中にはいるはず。そういった方には嬉しいギミックだと思う。

巻き煙突は慣れが必要

軽量・コンパクト性を重視している薪ストーブの為、煙突は巻き煙突となっている。手間がかかりそうだが、慣れてくれば苦にはならないとの事。上手く巻いている人は、リングを中央から離さないようにしている。

設営前に動画を参考にしてみよう!

なんと、T1ミニチタン薪ストーブが登場

出典:pomoly

大人気のpomolyT1薪ストーブにミニサイズが登場。T1の特徴である頑丈な1mm厚のチタンを採用。もちろん製品サイズをコンパクトにする事により、軽量化となっている。ただし、サイドの窓が無くなっている。

実は、ミニサイズにはTIMBERモデルもある。チタン厚は0.6mmとなり、T1に比べて約100g軽くなっている。どちらも約2kgの重量、持ち運びに便利!

品名組み立てサイズ収納サイズ重量材質
T1ミニチタンフォールディング薪ストーブ30.5×19.5×24.5(H)cm30.5×19.5×5(H)cm約2.1kg1mm厚チタン
TIMBERミニチタン薪ストーブ30×20×25(H)cm30×20×4(H)cm約2kg0.6mm厚チタン
【Timberとの比較】

T1ミニは、軽さとT1の頑丈さを継承。T1ミニで、スマートにソロキャンプを楽しむのもいいと思う。

コメント