爆誕!ワンタイガー「TIGERROAR薪ストーブ」豪華で安い

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

ヤバイ、ヤバイ薪ストーブが誕生した。ワンタイガー「TIGER ROAR薪ストーブ」が凄すぎる。先行予約で買ってみようと思ったが、秒で完売していた。一体、何が凄いのだろうか。

スポンサーリンク

ワンタイガーTIGERROAR薪ストーブが凄いワケ

出典:onetigris

では早速、ワンタイガーTIGERROAR薪ストーブの特徴を見ていこう!

ワンタイガーTIGERROAR薪ストーブが凄いワケ
  • エルボー型の煙突が付属
  • レザーグローブが付属
  • スペアガラスが1枚付属
  • コスパが良い
  • 錆に強いステンレス
  • 普通にカッコイイ
  • 排気ダンパー付き

これらの特徴をまとめると、「付属品が充実しており、カッコイイのに安い」となる。ワンタイガーのテントSOLO HOMESTEADを持っているが、テントについても付属品がしっかりしており、満足度が高い。価額以上の満足度があると僕は感じる。実際に、フリマアプリでも高値で転売されている程。

出典:onetigris

ワンタイガーTIGER ROARは、薪ストーブとしては珍しいエルボー型の煙突が標準で付属される。テントの構造や設置場所によっては、煙突を曲げて設営する事がある。別売りのオプション品があれば良いのだが、無ければ寸法にあったエルボー型の煙突を探さないといけない。これは手間だしコストもかかる。

さらにスペアガラスが付属され、万一ガラスが割れてしまっても交換可能。質の良さそうなレザーグローブも付属される。薪ストーブを組み立てる時は、レザーグローブをした方が良い。手の保護にもなるし、指紋がつくのを防ぐ。

素材はステンレスであり、耐久性がよく錆に強い。ステンレスの薪ストーブは、5万円程するメーカーも多いが、ワンタイガーはそれよりも低い価額設定となっている。

TIGER ROARに使われている#304ステンレス鋼は、テンマクのウッドストーブと同じ材質!

気になるスペックはこちら

出典:onetigris

「付属品が充実しており、カッコイイのに安い」TIGER ROAR薪ストーブ。一体、重さや大きさはどれくらいなのだろうか。

  • 材質:本体 ステンレス304/パイプ ステンレス201
  • 本体サイズ:21.5(L)×44(W)×27(H)cm
  • 煙突の長さ:2.1m
  • 重量:9.6kg

煙突の長さは、2.1mと長目で嬉しい。サイズは、ソロキャンプやデュオキャンプでも扱いやすそう。重さについては、テンマクのウッドストーブMくらいの重さ。ワンタイガー公式の動画では、無骨な男が片手で運搬している。

OneTigris TIGER ROAR Tent Stove [Pre-Sale]

脚は開くだけで良いため、簡単に組み立てできる!

次に、付属品をまとめておく。エルボ管の角度が違うものが、それぞれ2個も入ってるのにはびっくりした。エルボ管を活用すれば、設置箇所にも工夫ができる。

TIGER ROAR薪ストーブの付属品
  • テントストーブ本体
  • ストーブパイプ×7
  • 45度エルボ管×2
  • 90度エルボ管×2
  • レザーグローブ1組
  • 交換用ガラス1個
  • アッシュスクレーパー1つ

最後に

出典:onetigris

豪華で安い薪ストーブTIGER ROARが、ソロキャパーの強い味方となってくれる。値段もお手頃、付属品も充実、カッコイイ、売れないワケがない。しっかりニーズを捉え、独自の製品を生み出すワンタイガーから目が離せない。

コメント