レビュー【ローンピーク・アルパイン】登山で気づいた5つの事

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

アルトラ・ローンピークの新作、アルパインシューズを購入。「サイズ感・登山での使用感」についてレビューをしていく。

スポンサーリンク

ローンピーク・アルパインを選んだわけ

ローンピーク・アルパインを選んだわけは、「軽やかに山を歩きたい」と思ったからだ。そうなると、足運びの自由度が高く軽量なローカットがいい。

雑誌を見ていると、トレイルランナーのみならず、ハイカーにも人気なローンピークが気になった。

僕は、運がいい!なんと、ローンピークにハイキングモデルとなる「ローンピーク・アルパイン」が発売された。

ローンピークアルパインの特徴
  • ローンピークと基本的な構造が同じ
  • 耐久性が高く安定感のあるアウトソール
  • アッパーに耐久性の高いスエード生地

僕は、ローンピークで登山をしたいと思っているので、耐久性と安定感のある「ローンピークアルパイン」を購入した。

サイズ感

早速、ローンピークアルパインが入荷した店舗に行ってみた。シューズを履いて、数歩歩いてみる。

「このシューズで歩くと絶対楽しい」

直感的にそう思った。つま先部分が広く窮屈な感じない。足指を使って歩けそうだ。

普段のシューズのサイズは、27.5cm。まず、このサイズで試し履きをしてみたが、坂を下るときに、足が前にズレてしまう。

27cmであれば、ズレない。窮屈な感じもなくフィットしているので、27cmを選んだ!

ローンピークアルパインのサイズ感
  • 普段履いているサイズだと大きい
  • ワンサイズ小さいものでフィット

由布岳に登ってみよう

大分県にある由布岳に登ってみる。標高は1,583m。草原から始まり、森林を通る。最後は、岩場がある。いろんな気づきを得られそうだ。

まず、緩やかな草原では、軽やかに歩けとても気持ちがいい。やはり緩やかなところでは、柔軟性のあるローカットが歩きやすい。

森林では、枯葉や岩がコロコロ落ちている。滑らずに、スムーズに登れた。

岩場では、耐久性の高いスエード生地が効果を発揮する。シューズのアッパーが岩場と接触することがあっても、スエード生地が保護してくれる。

ローンピークアルパインは、防水性がない分、通気性がいい。同行していた妻は、ゴアテックスの防水シューズを履いており、足が蒸れて豆が出来ていた。

僕は、足の蒸れを感じずにストレスなく登山を楽しむことが出来た。雨の時は、防水ソックスで対応する。

登山で気づいた5つのこと
  1. 軽やかに歩けて気持ちがいい
  2. 滑りを感じない
  3. 岩場でスエード生地が保護してくれる
  4. 足の蒸れを感じない
  5. 防水ソックスで雨対策

登山でローカットはダメ?

ハイカットやミッドカットは、足首までサポートしており、バランスを崩しても足に負担がかかりにくい。

ローンピークアルパインのようなローカットは、歩行の安定性に欠けるので、「脚力に自身がない人は控えた方がいい」と言われている。

僕は、脚力があると思っていないが、足首の柔軟性が得られ、軽やかに歩けるので、ローカットを好む。

高い山を登ることが目的ではなく、楽しく自然を感じたい。歩いていて楽しいローンピークアルパインが気に入った!

コメント