【トレイルバム・ビッグタートルのレビュー】このザック重宝してる

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

軽い(UL)ザックならトレイルバムだ。特にビッグタートルが使いやすくておすすめ!ちょっとした散歩から登山まで使える!

スポンサーリンク

トレイルバム・ビッグタートルを選んだわけ

トレイルバム・ビッグタートルを選んだ理由は3つある。

ビッグタートルを選んだ3つの理由
  1. 日帰り登山にちょうどいいサイズ
  2. 290gだから超軽量
  3. シンプル

日帰り登山用に、小さいザックが欲しかった。

ビッグタートルの容量は13〜19L。レインウェア(雨や風を防ぐもの)や保温着、食料、水筒が入るのでちょうどいい。

荷物は軽い方が体力の消耗を抑えられる。290gというスペックは、体力に自信がない僕にとっても嬉しい。

ビッグタートルの作りは、非常にシンプル。取り外し可能な背面パッドと、メッシュポケットがあるだけ。

機能が多くても「使いこなせない、いらない」ということがあるから、シンプルな方が使いやすい。使い手によって、工夫(カスタム)できるところが好きだ。

アウトドアギアは、シンプルなものを選び、必要なものを自分で補っていく!そこに楽しさがあったりする。

素材はスペクトラを選ぶ

ビッグタートルの素材は、ナイロンとスペクトラがある。僕は、スペクトラを選んだ。カラーは、定番のNIGHT CLOUD(新色OCEANカラーにすれば良かったと少し後悔)。

スペクトラにしたわけ
  • 高強度
  • クラシカルな見た目

UL(ウルトラライト)だと、強度が下がりがちになるので、スペクトラ生地の軽くて強靭なところに惹かれた。

クラシカルなデザインがハイキングを楽しくさせてくれる。ただし、裏面は、ポリウレタンコーティングなので、加水分解などの劣化の可能性がある。

登山での使用感

1000m以下の山や1500mの山でビッグタートルを使ってみた。

登山での使用感
  • すごく楽
  • 肩や背中が痛くならない
  • 大きいメッシュポケット便利
  • 荷物を取り出しにくい

やはり290gのザックなので、「いつもより体力の消耗が少ない」と感じる。身軽になることでハイキングがもっと好きになった!

幅広のショルダーを使っているため荷物を多く入れて重くなっても、肩や背中が痛くならない。低山でのハンモック泊で使えたのは嬉しい発見!

大きいメッシュポケットには、水筒や手拭い、行動食を入れている。サッと取り出せるので便利だ!女性ならコスメ関係をオーガナイザー(収納ケース)に入れて、収納しておくのもアリ!

ビックタートルは、すごくシンプルなザックなので荷物の小分けができない。何も考えずにパッキングすると、「あれ、財布どこいった?」となることも。

スタッフサックやオーガナイザーを用意して、荷物を整理しておくと管理しやすい。その他には、サコッシュやウエストポーチと併用するのもいい。

散歩からハンモック泊まで使える

ビッグタートルは、登山だけでなく、観光地での散歩や身近な里山散歩でも使っている。水筒と食料、カメラを持って、木陰で休憩するのが好きだ。

夏であれば、荷物を少なくしてハンモック泊に対応できる。ビッグタートルは、小さなザックだけど、使い勝手が本当にいい!

道具の軽量化をしよう

ビッグタートルに重い荷物を入れるとバランスが悪い。そこで、荷物の軽量化をしよう。

K15
K15

僕は、「荷物を少なくする」というよりは、「荷物を軽くしている」。

例えば、燃料を「ファイヤードラゴン固形燃料」にしたり、ゴトクを17gの「XメッシュストーブL」にする。水筒は、ウォーターキャリーにするなどの軽量化をしていく。

「荷物をより軽いものに置き換えられないか」検討してみよう!

まとめ

トレイルバム・ビッグタートルを買って「ハイキングが楽しくなった」。身軽だから、体力の消耗が抑えられ、遠くまで行ける。

日帰り登山や散歩に使えるので、とっても使い勝手がいいサイズだ!

コメント