ベルボン・三脚UT-3AR「軽量コンパクトなやつレビュー!」

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

登山やキャンプの写真撮影用に、ベルボンの三脚「UT-3AR」を購入!フルサイズミラーレス一眼カメラ「SONY α7Ⅳ」をつけても安定性はあるのかな?

スポンサーリンク

ベルボン 小型トラベル三脚を買ったわけ

カメラ初心者の僕は、登山やキャンプで写真を撮りたいと思っていた。

ソロ登山やソロキャンプをすることが多いので三脚がいる。三脚に求めた性能は3つある!

三脚に求めた3つの性能
  1. 軽くてコンパクトで安定性がある
  2. 130cmくらいの高さが欲しい
  3. 伸縮や角度調整が容易

僕は、登山やキャンプをバックパック一つを背負ってするので、荷物の軽量化が必須になる。つまり三脚は、軽量でコンパクトがいい!

ベルボンUT-3ARは、脚を折りたたむと、全長295mmまで短くなる!重量は、786gと軽量!

しかし、「軽いと安定性は大丈夫なのか」と心配になる。数十万円するカメラを落とす訳にはいかない。

ベルボンUT-3ARの推奨積載質量は1.5kg。

K15
K15

僕がメインで使うカメラは、「SONY α7Ⅳ」。レンズは、「タムロン 28-75mm F/2.8 Di Ⅲ VXD G2」。総重量は、約1.2kg(カメラの重量約658g。レンズの重量540g。)

これなら十分な安定性を確保できるはず!

いろんなアングルから写真や動画を撮りたいので、伸縮性も大事!ベルボンUT-3ARは、コンパクトなのに最大135.5cmまで伸ばすことができる。

とある登山の雑誌で、ベルボンUT-3ARの使用者が言っていた。

「角度調整や脚の伸縮がしやすくて便利!」

僕がスマホ用に使っていた三脚は、角度調整や脚の伸縮が面倒くさくストレスを感じていた。ベルボンUT-3ARの使いやすさに期待している。

フルサイズミラーレス一眼カメラでも普通に使える!

さて、SONY α7Ⅳ(フルサイズミラーレス一眼カメラ)を取り付けても安定性を確保できるのだろうか。

口コミでは、「安定性がない、ズレてしまう」などとあって心配していたが、SONY α7Ⅳを取り付けてもグラつく事なく安定している!

取り付けているレンズは、先述した「タムロン 28-75mm F/2.8 Di Ⅲ VXD G2」。これをメインで使っているので、ベルボンUT-3ARで十分に対応できる!

気づかないうちに脚が伸びてしまう

伸縮しやすい脚もデメリットがある。

それは、気づかないうちに脚が伸びてしまうこと。登山をしているときに、バックパックの横にベルボンUT-3ARを取り付けていたのだが、脚の一本が伸びていた。

脚が伸びた原因は、パイプのロック不足。パイプをしっかりロック側に回していないと、気づかないうちに伸びてしまう。

しっかりロックしていれば伸びないので大丈夫!

ピークデザイン キャプチャープレートが付けられる

登山やハイキングでは、ピークデザイン キャプチャーを使っている。

ピークデザイン キャプチャーとは、バックパックの肩紐にカメラを取り付けできるもの。

ピークデザイン キャプチャーのプレートがベルボンUT-3ARに取り付けられる。つまり、プレートを付け替えなくても三脚に取り付けできるので非常に便利だ!

使い方

ベルボンの使い方は、取り扱い説明書のPDFを参考にしてほしい!

簡単な操作なので、一度扱えばすぐに慣れるよ!

レビューのまとめ

ベルボンUT-3ARを購入して大満足!

「フルサイズミラーレス一眼カメラを取り付けても安定するのか」と心配していたが、グラつくことなく安定していたので一安心!

K15
K15

特に気に入った点は、使いやすさ!角度調整や脚の伸縮が簡単で、ストレスなく操作できるのが本当に嬉しい!総評して大満足だ!

キャンプや登山におすすめだよ!あ、コンパクトだから家族旅行にも持って行きやすいね!

コメント