\ 年に1度のブラックフライデーセール! /詳細を見る

ビジョンピークス【ルータープFAMILY】良さと注意点!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、K15です(@K15Life)!

K15

ビジョンピークス ルーテントファンの皆さん!タープFAMILYが登場です!独自の視点でご紹介します!

本記事でわかること
  • ルータープFAMILYの良いところ!
  • キャンプ歴8年キャンプブロガーの意見
  • ルータープFAMILYの注意点
目次

VISION PEAKS(ビジョンピークス) ルータープFAMILY

ビジョンピークス ルータープFAMILYは、TCルーテントと相性のいい大型タープ

出典:himaraya

TCルーテントをスッポリ覆い、リビングスペースも確保できます!TCルーテントを持っている人は、要チェックです。

ルータープFAMILYの特徴

ビジョンピークス ルータープFAMILYの特徴は、次のようなものです。

  • 6〜8人用の大型タープ
  • 四角を下げ風や日差しを防ぐ
  • ポリエステルリップストップ生地
  • TCルーテントと相性抜群

これらを順番に見ていきます。

6〜8人用の大型タープ

ルータープFAMILYは、6〜8人用の大型タープです。

大型なので、小型のテントをインストールしてもリビングスペースをしっかり確保できます!

出典:himaraya

つまり、1つのタープの下で「寝室」と「リビング」が作れます!

ファミリーキャンプといえば、ツールームテントが人気ですが、設営が面倒ですし、オープンタープに比べ頭上が低いのでリビングが暑いです。

なので僕は、「オープンタープ」+「テント」を推奨しています!

四角を下げ風や日差しを防ぐ

ルータープFAMILYは、変わった形をしています。

出典:himaraya

この特異な形状により、横から入り込む日差しや風を防ぎます!

スノーピーク「メーヴェL」に少し似ていますね。

最も似ているのは、ゼインアーツ「ゲウ」ですね…。

ポリエステルリップストップ生地

ルータープFAMILYは、ポリエステルリップストップ生地を使っています。

リップストップとは、「rip(裂ける)」「stop(止める)」という意味で、裂け防止機能がある生地です。

TCルーテントと相性抜群

ルータープFAMILYを紹介しようと思ったのは、「TCルーテント」と相性がいいからです。

TCルーテントは、ビジョンピークスの人気カンガルーテントです。

TCルーテント

カンガルーテントとは、タープやテントの中に入れる小型のテントのことです。

K15

僕がブログで紹介したと当時、TCルーテントはセールで安売りされる程、不人気でした。(当時ブログで紹介しているのも僕だけでした)

しかし、認知度が高まりTCルーテントは大人気となります!ブログでアクセスを集めたのもTCルーテントのおかげです。

今では「TCルーテントソロ」「TCルーテントデュオ」「TCルーテントファミリー」が発売されています!

大人気のTCルーテントは、雨に弱いです。そこは、耐水圧1500mmあるルータープFAMILYに任せましょう!

ルータープFAMILYの仕様

ルータープFAMILYの仕様は以下になります。

使用サイズ600×540cm
収納サイズ60×15×15cm
収容人数6~8人
耐水圧1500mm
設営時間15分
重量約3.56kg
生産国中国
【ルータープFAMILYの仕様】

重量は、ポリエステルなので、約3.56kgと軽量です!

ルータープFAMILYの付属品

ルータープFAMILYの付属品は以下になります。

ルータープFAMILYの付属品
  • スチールペグ:25cm×10本
  • 張りロープ:8m×2本
  • 張りロープ:3m×6本
  • 収納ケース:一個

「ポール」「ハンマー」は付属していません。

おすすめのポールは、Viaggio +タープポールです。張り綱が切れるほどの強風で使いましたが、ポールは曲がりませんでした。

ビジョンピークスの推奨ポールは、「240cm×2本」「180cm×2本」です。

ルータープFAMILYの定価

ルータープFAMILYの定価は、25,900円(税込)です。

やはり、ビジョンピークスなのでコスパがいいですね。ファミリーキャンプ初心者でも買い求めやすい方だと思います!

ルータープFAMILYの注意点

ルータープFAMILYは、いくつかの注意点があります。

  • 風の影響を受けやすい
  • 乾かすのが大変
  • 区画サイトよりもオープンサイト

これらについて見ていきましょう!

風の影響を受けやすい

ルータープFAMILYは、大型のタープです。

大きい分、風の影響を受ける範囲が広くなるので、風の強い日はより一層の注意が必要です。

出典:himaraya

設営に慣れるまでは、風の強い海辺のキャンプサイトよりも風を遮る林間サイトがいいでしょう!

乾かすのが大変

大きいテントやタープは、乾かすのが大変です。

雨でなければ、夜露も帰るまでには乾くかもしれません。しかし、雨の後、家に持ち帰りタープを乾かすのは大変です。

タープを乾かす場所が庭や近所にある場合は、問題ないと思いますが、そういった場所が思い浮かばない場合は、慎重になった方がいいと思います。

区画サイトよりもオープンサイト

ルータープFAMILYは、大型のタープなので、区画サイトよりもオープンサイトの方がストレスなく過ごせると思います!

目当てのキャンプ場がオープンサイトか事前にチェックしましょう!

あとがき

ルータープFAMILYの良さは、大型タープなのでカンガルースタイルをしてもリビングスペースを広々確保できる点です。

しかし、大型ゆえのデメリットもあるので、それらを踏まえて購入検討をしていただければと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです。

あわせて読みたい
【Viaggioヘキサタープ】初めてのタープはこれ1つ! [temp id=2] K15 Viaggioヘキサタープは、ポールがセットになっている。なんと、価額は10,980円(税込)。僕もViaggioのポールを使っているので、気になっている!これ1...
あわせて読みたい
【誰でもできるタープのロープワーク】3つの結び方だけでいいぞ! こんにちは、K15です(@K15Life)! ロープワークの本を買っても、種類が多すぎて覚えられない人もいる。タープを張るためのロープワークは、3つだけで事足りる。 本記...
あわせて読みたい
【タープの張り方一覧】DDやアクアクエストユーザー必見! こんにちは、K15です(@K15Life)! タープの張り方をネットで調べても参考になるものがない。そこで、ソロキャンプやタープ泊に役立つ張り方の種類をまとめた。簡単に...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次