【悲報】テンマク大炎幕が発売!2019年テント選びに悩む方急増

こんにちは、k15です。

 

K15
K15

テンマクハンパない!2019年はこの言葉が似合うアウトドアブランド、テンマクから目が離せない。

 

これまで2019年に発売されるテントを紹介してきました。

【テンマクのペポライト】レトロなソロテントにおすすめだ!
アウトドアブランドとして注目されているソルムとコラボしてテンマクからpepo lightというソロテントが発売されます。pepo lightはpepoのディテールを活かしながらソロテントに仕上げています。発売日は6月中旬。要チェックだ。
テンマクデザイン要チェック!サーカスTC DX SOLUMの魅力
こんにちは、k15です。 K15 大人気のサーカスtcが2019年4月に発売されるというのを知っていたので買おう!と思っていたのですが、サーカスTC DX SOLUMという最高のテントが発売される...

 

 

T12
T12

いずれも魅力的なテントで悩んでいる中、またユーザーの使い方次第で幅が広がるテントが発売されるようです。

 

NZM
NZM

僕の炎幕DXより大きいんだね。炎幕はおすすめだよ!!

また悩みの種が出来たという事でまさに悲報です。

 

2019年テンマク大炎幕が発売!

スポンサーリンク

大炎幕の魅力

引用元:インスタグラム

ワイルドなテントとして人気だった炎幕の二人用モデルとして大炎幕が発売されます。これは二人使用ですが、一人で大広間を好きなようにレイアウトを楽しむのも良いですよね。

 

友達とシェアするのも、ソロキャンプにも使える万能アイテム。

 

K15
K15

僕はこの情報を公式サイトで知りました。サーカスtcdx、大炎幕の画像を何度も見つめてしまい、悩んでいます。

 

T12
T12

大炎幕売れるよ、絶対。個人的にはサーカスTCより好きだな。色もいいよね。

 

大炎幕の仕様

引用元:twitter

テントの素材

詳しい情報は開示されていませんが、フラップ部分はコットン素材、テント本体はポリエステルなので、必要な所に必要な素材を使用している優れたテントです。

 

コットン素材は火の粉に強い。ポリエステルは軽くて雨に強い。

 

<炎幕の素材一覧>

・炎幕:オールコットン

・炎幕dx:フライシートコットン、スカートのみポリエステル

・大炎幕: フラップのみコットン、その他ポリエステル

 

出典:インスタグラム

 

K15
K15

素材については賛否ありそうです。パップ風なテントは個人的にやはりガシガシ使って味を楽しみたいので、オールコットンが良いですね。

 

炎幕DX EVOが発売!大炎幕と生地の採用が同じでソロ用テントです。

炎幕DXの革命化「EVO」が発売!気になるスペックをレビュー
炎幕DXシリーズにEVOが新たに加わりました。ジワジワと人気を集める炎幕。炎幕DXを持っている僕ですが、デメリットも感じていることがあります。それをクリアしているのが炎幕EVOになります。炎幕を買う人は「DXとEVOの違い」を知っておきましょう。

 

重量

出典:インスタグラム

 

NZM
NZM

炎幕は収納はコンパクトなんだけど、コットンなので幕が重いのよ。大炎幕の重量は気になる所だね。

【炎幕の重量】

・炎幕:重量5.6kg

・炎幕dx: 重量7.6kg

・大炎幕: 重量8.2kg

 

大炎幕は炎幕dxに比べて大きいが、ポリエステルを使うことにより軽量化されている。その差は600g程。

 

 

軍幕より炎幕DXに感動した!!雨でも冬でもいけるぜ!!
炎幕DX買いましたよ。軍幕と悩んだのですが、ファスナーの取り付け面倒だしチープな割に高いのよね。実際に使った僕が感じたいい所、悪い所を大公開します。きっと購入された方は炎幕DXでよかったと満足していると思います。

 

T12
T12

それから高さが気になりますね。低いと腰が辛く、高いと外観を損なう気がします。絶妙な高さって難しいですよね。

 

K15
K15

そこは問題なさそうだよ。テンマクさんですから。売れる匂いしかしない。

 

2019年結局僕が買ったのは軍幕でした。

ポーランド軍・東ドイツ軍と連結でパップテントに!張り方を紹介
軍幕が最近流行っていて価額が高騰しています。そんな僕もポーランド軍2枚、ドイツ軍2枚の軍幕を購入しました。。今回はやってみたかったパップ風に連合させてみました。今後は3枚、4枚と数を増やしていきバリエーションを増やしていきたいと思います。

 

「大炎幕」入荷しても秒で売り切れる予感

出典:インスタグラム

 

炎幕シリーズはサーカスTCに次いで、ワイルドな男達に人気の商品です。炎幕DXも完売となっているので早めに購入された方が良いでしょう。今頃、転売屋が目を光らせている事だと思います。

 

何故、テンマクは少量入荷なのかという疑問について記事にしました。

404 NOT FOUND | K15-LIFE
K15の趣味をベースに多様な情報を発信していくブログ

 

発売日

メーカーの遅延により2019年6月下旬の発売となっています。販売チャンネルは未定です。テンマクのインスタには販売方法の改善を求める声が多数寄せられています。

 

転売対策をどうするのか今後に注目です。

 

以下追記。

【発売日】

・2019/6/26 18:00~楽天で受注開始

・2019/7/15 10:00~WILD-1オンラインストアで販売

・2019/7/19 抽選販売 WILD-1実店舗で販売

 

WILD-1リアル店舗

  • 1)販売日
    7月19日(金)
  • 2)販売方法
    事前の申し込みによる抽選販売 申込期間6月29日(土)~7月15日(月)まで17日間
    ご購入予定店舗にお申し込みください。店舗リストはこちら
    ※電話での申し込みは受け付けておりません。店頭にてお申し込みください。また会員カードを必ずお持ちくださいませ。
  • 3)購入条件
    WILD-1会員様限定 お一人様1点のみ
  • 4)当選連絡
    7月16日~18日に当選者のみにお電話いたします
  • 5)引換え期間
    7月19日(金)~31日(水)営業時間内まで
    31日までお引取がなかった場合自動的にキャンセル扱いとさせていただきます。

引用元:テンマク公式サイト

 

抽選販売はユーザーの声を考慮した対応で好感が持てます。当たった方はラッキーですね。

 

 

Tac.Fild4.0/コヨーテとの比較

引用元:ヘリノックス公式サイト

 

2019年ヘリノックスから発売される「Tac.Fild4.0/コヨーテ」がかっこいい。このテントも2人使用であり開放感があります。

 

遮光性の高いコーティングがされており、テント内の温度上昇を抑えてくれ、夏場でも快適に過ごす事ができるはずです。

 

色もナチュラルな色で自然に映えると思います。素材はポリエステルで総重量も4,100gと軽いですね。

 

ですが価額が7万円程します。

K15
K15

僕ならフラップがコットン素材である大炎幕かな。価額も4万円程だし。

 

T12
T12

でもヘリノックスもかなり売れているみたいよ。居住性が高いのはヘリノックスだと思います。まぁ軽くてカッコいいテントですね。キャンプ場で注目の的となるでしょう。

 

 

コメント