詳しくわかるアクアクエストタープの種類!

こんにちは、K15です。

僕はアクアクエストのタープ「サファリ」を持っている。アクアクエストタープは4種類あるので、種類選びに結構時間を要した。そこで今回、わかりやすく4種類のタープを解説をしていく。

K15
K15

更にDDタープも持っているで、アクアクエストとの違いも紹介する。

スポンサーリンク

アクアクエストのタープの種類

アクアクエストタープは「ガイド」「サファリ」「ディフェンダー」「サバイバー」の4種類がある。アクアクエストタープが気になり、アマゾンで購入の検討をしても商品説明欄は非常にわかりにくい。公式サイトと見比べても言っている事が違ったりする。

タープの種類一覧表

僕はアクアクエスト公式サイトで4種類のタープを調べ、それぞれのスペックを一覧表にまとめた。

タープの名前サイズ糸の太さ重さ耐水圧
サバイバーオレンジ3×3
4.5×4.5
70D約816g不明
ガイドオリーブ
・グリーン
3×2
3×3
3×4
4×6
40D約544g5,000mm
サファリオリーブ
・カモフラ
3×2
3×3
3×4
4×6
70D約726g5,000mm
ディフェンダーオリーブ
・カモフラ
3×2
3×3
3×4
4.5×4.5
70D約1,496g20,000mm

重さは公式サイトのポンド表記をグラムへ換算している。サイズによっても重さが変わる為、表では3×3の重さを表記している。あくまでも参考までにして欲しい。

コーティングの違い

アクアクエストタープの中でも非常に人気なディフェンダーのみ、TPUコーティングがされていて生地の厚みや防水性が高くなっている。耐水圧は驚異の20,000mm。その反面、タープとしては重くなっている。

その他の「ガイド」「サファリ」「サバイバル」タープはPUコーティングとシリコンコーティングがされていて、生地の強度や防水性を高めている。耐水圧は5000mmだが、一般的に1500mmあれば十分だと言われている。

K15
K15

PUコーティングはポリウレタンコーティングの事で防水性を高めるコーティングとしては最もスタンダード。シリコンコーティングはシリコンを繊維に染み込ませている為、PUコーティングよりも防水性と生地の強度が上がる。

耐水圧が高いとデメリットがある。それは空気や湿気を通さないので結露が発生しやすい。タープであれば風が入ってくるので気にしなくても良いが、フルクローズするスタイルの時は結露が発生しやすくなる。それから生地が厚くなるので重くなる。

生地厚の違い

デニールとは糸の太さを表す単位。数字が上がれば生地が厚くなり、強度が上がる。一方、重量は重くなり、収納サイズは大きくなってしまう。「サファリ」「ディフェンダー」「サバイバル」は70D(デニール)。「ガイド」のみ40Dとなっており、生地の強度は他に劣るが糸が細いので最も軽い。

K15
K15

70D(同じ糸の太さ)でも重量が異なるのは、前述した通りコーティングの違いによるもの。

サイズの違い

アクアクエストタープは豊富なサイズを揃えている。サイズ選びでもどれにしようか悩むはずだ。僕の使用感を紹介すると、ソロキャンプなら3×3で十分だ。3×2でも十分だと言う熟練者もいる。大きくなればなるほど、風の抵抗を受けることも考えておきたい。

K15
K15

DDタープでは広くて快適とされる4×4を選んだが、実際にはオーバースペックだった。スペースを持て余して、なんだか寂しくなった。それに、張るスペースも大きく確保しなければならない。

各種特徴のまとめ

色々書いてきたので、混乱してきたかもしれない。ここで、アクアクエストタープ4種類の特徴をまとめておく。

タープの名前タープの特徴
サバイバーオレンジ色、リフレクターで視認性が良い
ガイド糸の太さが細くて軽く、収納サイズがコンパクト
サファリガイドとディフェンダーの中間モデル
ディフェンダーTPUコーティングで生地が厚く、強度が高い。重いのがデメリット
K15
K15

軽量性を重視するなら、ガイド。丈夫なタープを求めるならディフェンダー。ある程度の強度と軽量性を選ぶならサファリ。とにかく目立ちたい方はサバイバー。

アクアクエスト「サファリ」購入レビュー

サファリを使っている僕のレビューを紹介する。何故このタープを選んだのか、使用感はどうなのか、DDタープとの違いは何なのか、これらを後述していく。

サファリを選んだ理由

アクアクエストを選んだ理由は生地の強度に定評があるからだ。サファリを選んだ理由はディフェンダーだと重くなるし、ガイドだと生地の強度が落ちる。サファリはある程度の強度と軽量性があるので僕のニーズにマッチした。

K15
K15

色はカモフラと迷ったが、シンプルなオリーブを選択。遮光性は問題ないと感じた。ちなみに色が濃いければ必然的に遮光性は高くなる。

使用感

僕だけなのかもしれないが、タープを広げた時に匂いが良かった。DDタープにはない良い香りだった。(すぐに焚き火臭くなったが…)サファリでも生地はしっかりしていると感じた。ループもたくさんあり、タープ泊をするので満足している。収納ケースにもある程度のクリアランス(隙間)があるので、収納時も苦労することがない。

K15
K15

アクアクエストは防水タープなので、雨天でのキャンプが楽しみだ。

DDタープとの違い

アクアクエストタープサファリ3×3とDDタープ3×3との比較をしていく。

タープの名前生地重量耐水圧
アクアクエストサファリ70Dナイロン約726g5000mm
DDタープ190Tポリエステル約790g3000mm

アクアクエストタープサファリはDDタープに比べてコンパクトになる。DDタープのコーティング方法は、海外の公式サイトを調べたが不明だった。耐水圧から考察すると、コーティングはアクアクエストの方が厚いようだ。しかしアクアクエストタープはナイロン生地を使用しているので軽い。つまりスペックはアクアクエストタープの方が良い。

ナイロン生地はポリエステル生地より軽くてコストが上がる。

190Tの「T」はタフタを意味する。数字は1平方インチ内に何本の糸があるのか表している。数字が大きいほど密度が高い。DDタープに使用されている糸の太さは不明なのが残念である。(誰か教えて)

DDタープは各ループに補強された生地があり、木やトレッキングポールを当てて支柱とする事が出来る。アクアクエストタープには無いが、DDタープのようにループがたくさんついており、様々なアレンジ張りが楽しめる。僕は補強されたポイントは無くても良い。

色はDDタープの方が豊富にある。色にこだわるのであれば、DDタープが良い。

K15
K15

生地を触った感じの違いははっきりとわからないが、DDタープよりアクアクエストの方が好き。ナイロン生地で生地の強度もあるからだ。

最後に

アクアクエストのタープ選びの参考になっただろうか。一人でも参考になったと思ってくれたら、僕は嬉しい。アクアクエストタープは、皆さんの口コミにあるように評価が高いタープだ。豊富な種類から自分のニーズに合ったタープを見つけよう。きっと今よりもキャンプが楽しくなるはずだ。

では、読者の皆さん!

素敵なタープLIFEを!!

コメント