OneTigris ROC SHIELD【TCテント】冬を堪能できる!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

パップ型で人気のシェルター「OneTigris ROC SHIELD」にTC生地が登場!冬キャンプを楽しむなら「熱に強くて、通気性がいい」TC生地で決まり!

スポンサーリンク

OneTigris ROC SHIELD TCの特徴

まず、OneTigris ROC SHIELD TCの大きな特徴を見ていこう!

出典:楽天
OneTigris ROC SHIELD TCの特徴
  • ソロキャンプやデュオキャンプが楽しめる
  • いろんな張り方が楽しめる
  • キャノピーポール付属
  • ベンチレーターがある
  • 薪ストーブ用の煙突穴がある
  • スカートがない

基本的なテントの構造は、旧モデル(化繊)のOneTigris ROC SHIELDと同じ!

しかし、旧モデルにはない魅力が詰まっている。

TC生地は、熱に強くて、通気性、遮光性に優れる!「保水しやすくカビやすい」というデメリットがあるが、これらのメリットを享受できるので人気が高い。

TC生地の特徴

OneTigris ROC SHIELD TCは、TC生地という特性を活かして、薪ストーブがインストールできる!

煙突穴(直径約9cm)が標準で付属されているので、薪ストーブキャンプを始めやすい。一般的なパップテントよりも室内が広いので、安全に楽しめる。

出典:楽天

ROC SHIELD TCは、ベンチレーターがあるので結露しにくい。

結露は、外と室内の気温差が大きくなると多くなる。ベンチレーターで換気することで、結露の発生を抑制できる。

OneTigris ROC SHIELD TCのスペック

OneTigris ROC SHIELD TCのスペックを見ていこう!

OneTigris ROC SHIELD TCのスペック
  • 組み立てサイズ1:D200×W420×H160cm
  • 組み立てサイズ2:D280×W460×H125cm
  • 収納サイズ:58×20cm
  • 重量:7.4kg
  • 耐水圧:300~400mm
  • テントの素材:TC(ポリエステル65%、コットン35%)
  • ポールの素材:7075アルミニウム合金

2段階の高さ調節が行える珍しいパップ型のテントだ。

テントの高さは、最大で160cmとなっているので、チェアに座っても圧迫感なく過ごせる(バンドック ソロベースだとしんどい)。

出典:楽天

重量は、コットン混紡生地(TC生地)なので重い。化繊モデルよりも4.15kg重くなる。

TC生地だと、雨が心配になるが、撥水加工が施されている。

僕は、OneTigris SOLO HOMESTEAD TCを持っているが、パラパラとした雨なら雨漏りなく過ごせている。

OneTigris ROC SHIELD TCの付属品

OneTigrisは、付属品が充実している!

付属品
  • ペグ:14個
  • ガイライン:10本
  • ポール:4本
  • 煙突専用ガード:1個
  • 収納袋:1個

キャノピーポール(フライシートを跳ね上げるポール)が標準であるので、別途ポールを買い揃えなくていい。

ペグは、SOLO HOMESTEAD TCと同じ「ネイルペグ」なら、少し残念だ。

ネイルペグとガイライン

ネイルペグは、打ち込みやすいが、抜きにくい。やはり鋳造ペグが使いやすい。

メッシュインナーは「OneTigris モスキートネット」が合う!

OneTigris ROC SHIELDは、メッシュインナーが付属されていない。夏を快適に過ごすには、吸血虫が入ってこない蚊帳が必要になる。

しかし、ご安心を!OneTigris ROC SHIELDにぴったりなモスキートネットがある。

それは、「OneTigris モスキートネット」!

OneTigris モスキートネット

OneTigris ROC SHIELDに簡単にインストールできる。僕は、タープ泊の蚊帳として使っている(便利)!

薪ストーブの検討

ROC SHIELD TCを購入して、「薪ストーブを使いたい」人が多いはず。

過去に「ソロキャンプで使いやすい薪ストーブ」をまとめた記事があるので、参考にして欲しい。

コメント