ナイフよ、さようなら!最軽量【グレンスフォシュ・ミニハチェット】

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

バックパック1つ背負って、山遊びをする。荷物の軽量化をすれば、より深く楽しめるはず。ハルタフォースのミニハチェットを軽くしたくて、グレンスフォシュのミニハチェットを購入。

ナイフはいらない。グレンスフォシュミニハチェットさえあればいい!

スポンサーリンク

グレンスフォシュ ミニハチェットの軽さに惚れた

僕は焚き火が好き。となると、ナイフや斧、鉈があった方がいい。この中で一本選ぶなら斧を選ぶ。中でもハチェットは、ナイフのように使えるし、打撃力があるので、効率的に枝払いや薪割りが出来る。

ハルタフォースのミニハチェットを愛用しているのだが、もっと軽量化出来ないかと思っていた。そこで目を付けたのが、グレンスフォシュのミニハチェット。なんと、重量は358g。それに柄も長く薪割りがしやすそうだと感じた。

ナイフと斧、2つの役割を担ってくれる。最軽量なハチェットに期待を込めて買ってみた。

柄はもう少し太い方が握りやすい

グレンスフォシュミニハチェットが到着して、その軽さに驚いた。耐久性は大丈夫なのかと心配になる程。ハルタフォースのミニハチェットが628gなのですごく軽い。ハイキングしてキャンプするのにぴったりだ。

ただし、柄が細い。ハルタフォースのミニハチェットの方が太くて握りやすい。

遠心力でパワーを補う

グレンスフォシュのハンドハチェットやハルタフォースのミニハチェットは、柄が短いがヘッドに重量があり打撃に優れる。

一方で、僕が買ったグレンスフォシュミニハチェットはヘッドが軽い。しかし柄が長いので遠心力で打撃を補う。安全面から言えば、柄は短く持った方が安定する

ハイキングで薪割りするには十分なスペック

結論から言えば、ハルタフォースのミニハチェットの方が薪割りがしやすい。ヘッドの重量があるし、刃の傾斜面が緩やかで、パカっと薪が割れる。

しかし、グレンスフォシュのミニハチェットでも十分だ。薪(枝)を現地調達するキャンパーやハイカーならこれで良い。刃の傾斜面は鋭く、少ない力でも食い込む。直径5cm程の枝であれば、難なく薪割りが出来る。

太い薪を割るのは、潔く諦めよう。斧に負担がかかる。直径5cmの枝が割れたら事足りるのだから。

薪を割る時は、キンドルグリップで割ると効率的。上から勢いよく斧を振り下ろすのは危ないので、コンコンと刃を食い込ませて叩き割ったりバトニングを活用しよう。

グレンスフォシュミニハチェットのみでも十分に薪を割る事が出来る。

ウッドクラフトやフェザースティックがしやすい

グレンスフォシュミニハチェットは、軽くて鋭いのでナイフのように繊細な事が出来る。ウッドクラフトをするにしても、打撃力を活かしナイフよりも短時間で作る事が出来る。

また軽さは、腕にも恩恵をもたらす。腕が疲れにくく、連続して削っていける。

刃は、箱出しの状態でレザーシャープ(カミソリのような切れ味)だ。腕の毛が切れる程の鋭さがある。つまりナイフのような切れ味を持っているので、フェザースティックも簡単に作れる。

ナイフのような切れ味を持続させる為に

ナイフのような切れ味を持続させる為に研がないといけない。しかし斧を研ぐのは難しい。専用の目立てヤスリや手持ち砥石を動かしながら研いでいく。

僕は、手持ち砥石(ランスキー)で研いでいる。一定の角度で刃に当て回すように研いでいく。腕の毛が剃れたら完璧だ。

ノコギリと併用すれば何でも出来る

軽量なミニハチェットで枝を叩き切るのは苦労する。そこで活用したいのがノコギリ。素早く枝を切断できるのであった方が良い。

携行性に優れるのは、折りたたみ式ノコギリ。切れ味が良く、海外のブッシュクラフターからも人気なシルキーポケットボーイをオススメする。

最後に

軽量なので少々頼りないかと心配していたが、そんな事はなかった。ハイキングやキャンプで扱うには十分な性能がある。

薪割り、枝払い、フェザースティック、トライスティック、これ1本あれば良い。軽量な相方が何とも頼もしい。

コメント