【シルキーポケットボーイ】130、170サイズどちらを選ぶ?

こんにちは、K15です!(@k15life)

ブッシュクラフト関連本に度々紹介されるシルキーのノコギリ。世界的に評価が高い。ソロキャンパーに人気なのが、携行性が良いポケットボーイシリーズ。

K15
K15

ポケットボーイを買いたいと思っても、130と170サイズがあり、どちらを選ぼうか悩むと思う。本記事では、サイズ選びの参考になればと思い、170サイズを愛用している僕の使用例を紹介する。

スポンサーリンク

130と170サイズの選び方

どれくらいの太さの枝が切りたいのか、落ちている枝なのか、コンパクト性重視なのか、自分の思いを整理しよう。一緒に考えて、最適な選択肢を得よう。

切りたい枝の太さを整理する

「そんなに大きな木は必要ないし、ノコギリを使う回数が少ない」

「携行性を重視しているのでコンパクトなサイズが良い」という人は、130サイズが良い。

「ファイヤーリフレクターを作ったり、クラフトをするので、ノコギリをたくさん使う」

「ロングファイヤー型を作るので、太めの枝を切りたい」という人は、170サイズが良い。

130と170サイズの比較

130と170サイズのスペック上の違いを以下にまとめる。

品名使用サイズ収納サイズ刃渡り切幅重量
ポケットボーイ130290×60×25mm170×55×25mm130mm1.1mm180g
ポケットボーイ170375×65×25mm210×60×25mm170mm1.1mm225g
【スペックの比較】

130サイズの収納時の全長は170mm、170サイズだと210mm。どちらも携行性を重視したポケットボーイなので、かなりコンパクトとなっている。

次に130と170サイズの比較のイメージを簡単に表してみた。130サイズの方がストロークが短い分、疲れるという理由で使用頻度を△としている。対応できる薪の太さは、刃渡りの違いによるもの。

携行性を重視するなら130サイズが良いが、170サイズでも十分コンパクトなので、170サイズをお勧めする!

品名使用頻度薪の太さ携行性
ポケットボーイ130
ポケットボーイ170
【130と170サイズの比較】

用途を整理し、色(刃)を選定する

ポケットボーイのサイズは決まったが、どの色を選ぶのか迷うと思う。ざっくりと色の特徴を紹介する。

ハンドルの色刃のピッチ用途
ポケットボーイ赤荒目大きな枝を切るのに適している
ポケットボーイ青細目小さな枝や竹を切るのに適している
ポケットボーイ黒万能目太い枝と小さな枝を切るのに適している
ポケットボーイ黄色カーブ生木の剪定に適している
【アウトドアで活躍するポケットボーイの種類】

僕が使っているのは、黒色ハンドルの万能目。色んなサイズの枝を切るので、万能目を選んでいる。ブッシュクラフトincの相馬さんは、黒色ハンドルの万能目からカーブ刃に付け替えている。ポケットボーイは、サイズが同じであれば互換性があるので、好きな刃に付け替えできる。

まずは王道の万能目である黒色を選べば良い。カーブ刃を使ってみたいとなれば、カーブの替え刃に付け替えればいい。

170サイズの使用感

ポケットボーイ170サイズの使用感を紹介しよう。ザクザク切れる鋭い切れ味!(使ってみな、飛ぶぞ!)

10cm以下の丸太が切りやすい

ノコギリは、日本製のシルキーを選べば間違いない。インスタでも海外のブッシュクラフター達が愛用しているのを度々見かける。ポケットボーイは、携行性に優れるが、グリップ性も良い。

さて、どれくらいの太さの枝が切れるのか気になると思う。13cmの太い枝を切ってみよう。

太い枝は、170mmの刃がギリギリ出るくらいのサイズがある。

お、ザクザク切れる。流石はシルキー様。思わず笑みがこぼれる。

しかし、終盤きつくなる。ストロークギリギリなので回しながら、切断していく。

ついに切れた。アサリがないので、切断面が美しい。思わず撫でてしまう。直径13cmなら切れなくもないが、刃渡り170mmのポケットボーイにはきつい。10cm以下が切りやすいし、ソロキャンプで使うには十分なサイズだと思う。

携行性と使い勝手のバランスが良い

ポケットボーイよりも小さい、刃渡り120mmのノコギリを使っていた。携行性は抜群だが、実践で使うには頼りない。僕には、170サイズのポケットボーイがちょうど良い。バックソーはでかい。携行性を超重視しているノコギリは使いにくい。色々試してきたが、170サイズのポケットボーイが一番良い。

ポケットボーイ170は、名前負けしない。きちんとポケットに収まる。僕が使っているパンツにもピッタリだ。

クラフトがしやすい

実は、170サイズのポケットボーイに対して心配していた事がある。それは、細かい作業をするクラフトが難しいのではないか、という事。僕の心配は全く必要がなかった。細かい作業も難なくこなしてくれる。

少しクラフトの一例を紹介していく。

ポケットボーイで切り込みを入れる。ハチェットで削り溝を掘っていく。

ハチェットのヘッドでコンコンと枝を打っていく。

現地調達の自作ペグの出来上がり。

もう1つ例を紹介しておこう。

×を作るようにノコギリで切り込みを入れる。

ナイフで1つの三角形を残すように削っていく。

ケトルやクッカーを吊るすハンガーの出来上がり。170サイズのポケットボーイは、細かい作業でも活躍してくれる。

メタルマッチのストライカーとして使える

メタルマッチに付属されているストライカーは、小さく力が込め難い。ナイフやノコギリの背を使うと、力が込めやすい。ポケットボーイはメタルマッチのストライカーとしても優秀だ。

最後に

シルキーポケットボーイは、携行性、切断能力、グリップ力、どれも一流。これを国内で安く買えるなんて日本人に生まれて良かったと思う(ちょっと言い過ぎ)。
ポケットボーイのサイズ選びは、しっかり用途を整理して選ぼう。

では、素敵なポケットボーイLIFEを!

コメント