クイックキャンプ焚火陣幕・大焔「僕が持ってる焔との違いは何だ」

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

クイックキャンプ焚火陣幕・焔と大焔の違いを調べてみた。へぇー大焔は、高さもUPしているんだ!

スポンサーリンク

大焔と焔の違い

出典:twitter

大焔とは、超人気な焚火陣幕焔が大きくなったもの。一体どのようにスペックが変わったのか、焔と比較していこう。

品名展開サイズ収納サイズ重量生地フレーム対応人数定価
幅240×高さ70cm90×φ10cm6.2kgコットン100%112,800円(税込)
大焔幅310×高さ90cm110×φ11cm9.2kgコットン100%2~318,800円(税込)
出典:twitter

横幅が広くなっているのは当然だが、高さが20cm高くなっているのには気づかなかった。こうなると焔よりも秘密基地感が出てくる。

定価は18,800円(税込)。焔よりも6,000円高い。僕の意見としては、ソロキャンプメインなら焔で十分。焔と言えど、他の焚火陣幕に比べたら大き目なので、十分楽しめるよ。

ここは、何を求めるかだと思う。焚火陣幕大焔で大きく覆って、秘密基地感やプライベートを守りたい人もいる。ファミリーで使うにしても、焚火のみの風防で良いのであれば、焔で事足りる。

付属品の違いは、大きくなった事によりフレームの本数が多くなっている。焔同様にランタンフレームも付いているので便利だ。僕は防虫ライトを吊り下げている。

重いのは承知の上で

出典:cabinet

焔や大焔は、コットン生地と鉄を使っているので重い。僕は焔が届いた時に、思わず重っと声が出た。宅配便の人もヨイショっと言いながら持ち上げていた。大焔は、焔に比べて約3kg重くなるので、さらに重さを感じるはず。

でも、この素材こそがクイックキャンプ焚火陣幕大焔の良さ。コットンの風合いが良く、黒い鉄のフレームが抜群にカッコイイぞ。僕は、くすんだブラックの雰囲気に惚れている。

品質が良くないのは本当!?

焔の口コミでたまに見かけるコットンの耐久性問題。はっきり言ってマニュアル通りに扱えば、問題ないよ!でも、製品不良があるかもしれない。その際は製品保証があるので、クイックキャンプに問い合わせよう。保証期間内であれば、無償で対応してくれる。(火の粉での穴は非対象)

まとめ

出典:cabinet

最後に焔と大焔の違いを簡単にまとめておく。

焔と比べると
  • 6,000円(税込)高い。
  • 展開サイズの横幅が70cm長くなり、高さが20cmUP
  • 約3kg重い
  • 支柱フレーム、ハンガーフレーム増

プライベートを守りたい、風を避けたい人は、高さと横幅がある大焔。焚火の風防メインなら焔でいい。

コメント