ブッシュマン・サーモタープ!目を逸らしたいのに見てしまう

こんにちは、K15です。

ブッシュマンのハンモックを買ってから、ブッシュマンのキャンプギアが気になりだした。すでにタープは3つある為必要ないのだが、ブッシュマン「サーモタープ」に迷彩柄が登場し、心を揺さぶられている。

K15
K15

タイトルにもあるように、ネットショップを極力見ないようにしているのだが、何度も見てしまう。迷彩をやめようと思っても、何故かいつも迷彩に惹かれてしまう。それに断熱シートが施されたサーモタープの機能性にも魅力を感じている。

スポンサーリンク

サーモタープに惹かれる訳

出典:bushmen

通常のタープに比べ、サーモタープは暑さの厳しい時期、寒さの厳しい時期に活躍する。サーモタープの裏面には、断熱シートが施されている為、輻射熱(電磁波によって伝わる熱)を反射してくれる。

例えば、夏は車のフロントガラスにサンシェードを使っている人も多い。太陽光を反射し、車内の温度上昇を抑制している。サーモタープの場合、断熱シートが施された裏面を外に向けて張れば、赤外線、紫外線を反射してくれる為、涼しく過ごせる。

寒さを感じる時期は、サーモタープ裏面を内側にする事で、輻射熱を効率的に反射することができる。例えば、焚き火やストーブの輻射熱を反射すれば、体をより暖めてくれる。

出典:bushmen

サーモタープ裏面を外側にした時に、ギラギラするのが気になってしまうが、サーモタープを張り、焚き火の前で暖をとっている姿をみると憧れてしまう。

ウッドランドの迷彩がカッコイイ

出典:bushmen

サーモタープは機能性が高いが、デザインもカッコイイ。迷彩のパターンは、ウッドランド。カッコよく人気が高い迷彩柄となっている。中学生の頃、兄がウッドランドパターンのカーゴパンツを履いていて、カッコイイ!僕も欲しい!と思ったのを今でも覚えている。

前述したが、やはり迷彩柄に惹かれてしまう。その為、お気に入りのキャンプギアは、ODカラー(オリーブドラブ)が多い。迷彩を使えば自然に溶け込み、無骨な雰囲気を味わえるのだが、取り入れすぎると雑多な印象になってしまう。

迷彩柄のギアを売って、迷彩柄のタープを買おうか悩んでいる。

強度も高い

サーモタープは、190Tリップストップポリエステル生地を採用している。リップストップとは、繊維を格子状に編み込み引き裂き強度をあげている生地。

安物のタープでも、遮熱効果のあるシルバーコーティングが施されているものがあるが、耐久性に不安を感じる。決して安いものが悪いとも限らないのだが、ブッシュマンのサーモタープの方がキャンプが楽しいという思いを強く感じそう。

サーモタープ(3m×3m)のスペック
  • 収納サイズ:26×13cm
  • ループ数:19
  • 重量:750g
  • 耐水圧:3,000mm
  • 素材:190Tリップストップポリエステル

最後に

すごく使ってみたいタープなのだが、サーモタープを買えばタープが3つから4つになってしまう。DDタープ、アクアクエストタープ、moose「kuroタープ」、この中であまり使っていないDDタープを売ろうかな。

しかし、mooseの「KURO」も育てたいし、サーモタープを使う時間あるのか…皆さんお気づきの通りとっても悩んでいる。(悩みを楽しんでいる)さて、風呂に使ってじっくり考えるとするか。

では、読者の皆さん!
素敵なタープLIFEを!!

コメント