\ 今だけポイント最大10倍! /詳細を見る

レビュー!エバニューブルーノートストーブ【使って気づいた8つのこと】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、K15です(@K15Life)!

K15

エバニュー ブルーノートストーブを使って気づいた8つの事を紹介!購入検討をしている人の参考になれば嬉しい!

本記事でわかること
  • ブルーノートストーブの使用感
  • ブルーノートストーブの魅力
  • ブルーノートストーブのデメリット
目次

ブルーノートストーブの特徴

レビューに入る前に、ブルーノートストーブの特徴を整理していきましょう!

「一般的なアルコールストーブとの違いはなんだろうか」

ブルーノートストーブの特徴
  • サイドバーナー式のアルコールストーブ
  • ゴトクいらず
  • プレートヒートプレートを使うと本燃焼が早い
  • 燃料15mlで300mlのお湯が沸く
  • 重量わずか13g
  • アルミニウム素材

ブルーノートストーブは、サイドバーナー式なのでゴトクいらず!ゴトクを持ち運ばなくていいので、荷物の軽量化になるわけです!

ブルーノートストーブは「プレヒートプレート」が付属されたセットがあります!

プレヒートプレートを使うことにより、本燃焼が早くなるメリットがある!プレヒートいるの?いらないの?という所は後で詳しく紹介します!

300mlのお湯を沸かすのに必要な燃料は15ml。ここがポイント!

燃焼が高効率なので、燃料が少なくて済むわけです!素材にもこだわり、熱伝導率のいいアルミを使用している!

さらに重量は13g!爆売れが頷けますね!

燃料15mlで約300mlのお湯を作る事が可能です。
軽量・コンパクトかつ高い燃焼効率で今まで躊躇していた様なシーンでもお湯を作る事が出来ます。

引用元:エバニュー

燃料を入れすぎると火事の危険がある

さて、本題のレビューを行なっていきましょう!

いきなり残念なことを言います…。ブルーノートストーブは「アルコールストーブ初心者には向かない」と感じています!

取扱いにちょっとコツが必要!燃料を測らずに入れると、火事の危険があります!

燃料は15mlです!でも、ブルーノートストーブを使うたびに量を測るのは、面倒くさい…。

そこで、ズボラな僕は、テキトーに燃料を入れて燃焼させました。

「危ない!!燃焼孔から燃料が吹き出して、杉の枯葉に着火!」

足で踏み消し、火事に至らなくて済む。反省ですね。

燃料を入れすぎると、燃焼孔から吹き出して危ない!燃料は必ず測って入れましょう!

そして、燃えやすいものを近くに置かないことも大事!

料理はできない!

ブルーノートストーブで「温麺を作ろう」と思っていたけど、素麺が茹であがらなかった。

当然、フライパンでの料理にも向かない!(フライパンが使えますか?エバニューの公式インスタにそのような質問がきていたことに驚き…)

あくまでも、お湯を沸かす道具として使う!

プレヒートプレートはあった方がいい!

「プレヒートプレートはいるの?いらないの?」という問題に答えます!

結論から言うと、プレヒートプレートがあった方が使いやすい!メリットは以下になる!

  • 本燃焼までの時間が早い
  • 本燃焼を確認せずにクッカーを置ける
  • 一時的に火力がUP
K15

プレヒートプレートなし」「プレヒートプレートあり」の燃焼性を比較してみると、プレヒートありの方が約1分早く本燃焼になった!

僕のYouTubeでも燃焼性の違いについて紹介しているので、参考にしてほしい!

サイドバーナー式のアルコールストーブは本体の横に付いている燃焼孔から炎が噴き出すまでクッカーを上に載せる事が出来ません。(酸素が不足して消化されてしまいます)
このプレヒート用の補助プレートを使用する事で、燃焼孔からの炎を吹き出しを確認する事なくプレヒート側に火を点けた後すぐにクッカーをストーブの上に置く事が出来ます。

引用元:エバニュー

アルコール燃料の容器は注入しやすいタイプがいい

ブルーノートストーブを使いこなすには、アルコール燃料の容器は、注入しやすいタイプがいい!

ナルゲン広口ボトルでは、プレヒートプレートの溝に燃料を注ぎにくく、こぼれてしまう…。

燃料がもったいないし、周辺にこぼれた燃料に着火するかもしれない。

ブルーノートストーブを安全に扱うためにも以下のような燃料入れがいいですね!

  • メモリ付き
  • 注ぎやすい注入口

これらを満たすものは「シンリョウ skカップ付ボトル」や「FREELIGHT PPボトル」などがあります!

K15

ブルーノートストーブに印をつけるのもありだね!※2022/9/13追記:エバニューからALC.Bottle w/Cup 30ml EBY650が発売!これを買っておけば間違いなし!

万一に備えて風防を持っていこう

ブルーノートストーブの取り扱い説明書には、「状況により適宜、風防を使用してください」とあります!

僕が初めて燃焼テストを行った山では、風が強かった。でも、風防は持ってきていない。サイドから吹き出した青い炎が風に煽られて、熱がうまくクッカーに伝わらない。

K15

やはり、風防がいるな!」アルコールストーブは風に弱いからね。

そこで、ミュニークのXメッシュストーブ(風防)を使ってみる!

でも、風が強いと風防の側面から炎が出る…。これって熱効率がどうなのか。サイドバーナー式と相性が良くないのでは!?

それに、エバニュー チタンカップ400FDにスタッキングすると、頭がでてしまう。さて、風防を探すかね!

わずか13gだけど意外と安定感がある

ブルーノートストーブは、サイドバーナー式なので、ストーブの上に直置きできる!

購入するとき「安定するのか心配だった」

K15

実際にクッカーを置いてみると、意外と安定する!おお!いいじゃん!

流石に、広めのゴトクに比べると不安定だけど、エバニュー チタンカップ400FDほどのクッカーであれば、問題なし!

直径12cm程度までの小型カップでの使用を想定したサイドバーナー式アルコールストーブ

引用元:エバニュー

300mlのお湯が湧けば十分だ!

ブルーノートストーブは、300mlのお湯を沸かすスペックがあります!

これであれば、カップヌードルやフリーズドライ食品が食べられる!

湯量300mlと聞くと少ないイメージがあるけど、意外にも食べられるものが多い!料理を工夫するのも楽しみの1つではないでしょうか!

小さな道具でお湯を沸かすのにロマンを感じている

「足るを知る者は富む」という言葉があります!

小さな道具で事足りることに気づいて、余分な荷物を下ろせば、心豊かにアウトドアが楽しめます!

少し使いづらいブルーノートストーブでも、300mlのお湯が沸かせて食事が楽しめる!ブルーノートストーブでお湯を沸かすことにロマンを感じています!

あわせて読みたい
87g!Amazonで見つけた「ウルトラライトな焚き火台」 [temp id=2] K15 なんだこれは?87gの焚き火台?しかもチタン!ウッドストーブ好きの僕は、すごく興味を惹かれました!ウルトラライトな焚き火台を探している人は要チェ...
あわせて読みたい
チタン・キャンプ用品「使ってよかった!おすすめなもの!」 [temp id=2] K15 僕は「軽い・錆びない・強い」チタンが好き!実際に使ってよかった「チタン素材のキャンプ用品」を紹介!チタン好き集まれ! 【チタンのデメリット】 ...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次