SOLエマージェンシーブランケットは「ULグランドシート」だ!

  • URLをコピーしました!

[temp id=2]

インスタのフォロワーさんから「使っているグランドシートは何ですか?」と質問が来ることがある。

K15
K15

僕は、「SOLエマージェンシーブランケット1人用」を使っている!超軽いけど、穴が開いたり破れることがあるので注意が必要。

目次

わずか82gのウルトラライトグランドシート

僕は、SOLエマージェンシーブランケットを「グランドシート」として使っているが、本来の用途は、以下になる。

1人で使うサイズの非常用ブランケットです。
ポリエチレン素材に高純度のアルミ蒸着加工を施し、アルミ面は体が放射する体熱の90%を反射します。

引用元:スター商事

要するに、「体温低下が想定される場面での体温保持を目的とした非常シート」。

グランドシートとして作られていないので、生地が薄くて強度が低い。しかし、生地はポリエチレンなので、繰り返しの使用ができる!

つまり、扱いに気をつければ、繰り返し使えるためグランドシートの役割を担える。

グランドシートとしての使い方

SOLエマージェンシーブランケットをグランドシートとして使うためには、いくつか気をつけるべきポイントがある!

気をつけるべきポイント
  • 軽いので風で飛ぶ
  • 生地が薄いので破れやすい
  • 寒い時は銀色を上にして使う

まず、重量82gとウルトラライトなグランドシートなので「風で飛びやすい」。

対策としては、四隅に石を置く!こうすることで、石の重さのおかげで風で飛びにくくなる。

それから生地が薄いので「破れやすい(穴も空きやすい)」というデメリットがある。

対策としては、SOLエマージェンシーブランケットを敷く前に「地面の状態を確認」すること!

野営地では、地面がボコボコしていたり、斜めになっていることが多々ある。

そこには、石や木の枝があり、その上にSOLエマージェンシーブランケットを敷くと、寝心地が悪くなるだけでなく、生地を突き破る。

残念ながら、僕は地面の整地不足で、枝が貫通して生地に穴を空けてしまった(穴空きも旅の思い出とポジティブに捉えている)。

人力移動と野営術 無人地帯の遊び方」の著書では、より快適な寝床を作るためのコツとして「基礎作りこそが重要」とある。

整地をすることで、SOLエマージェンシーブランケットの穴あきを防ぎ、ストレスがなく寝られる!

それから寒いときは、銀色のアルミの面を上にして使うと、効果的に輻射熱を反射してくれる。

銀色の面は、「寒いときは上、暖かいときは下」と覚えておこう!

軽さと強度を求めるならSOLヘビーデューティエマージェンシーブランケット

SOLエマージェンシーブランケットの破れや穴あきが心配な人は、同ブランドの「ヘビーデューティエマージェンシーブランケット」や「ナノヒートブランケット」がおすすめ。

各種のスペックは、以下を参考にしてほしい。

品名サイズ重量体温反射率素材強度価額(税込)
SOLエマージェンシーブランケット(1人用)142×213cm82g90%ポリエチレン880円
SOLヘビーデューティエマージェンシーブランケット152×244cm223g90%ポリエチレン2,750円
SOLナノヒートブランケット170×147cm193g80%ソフトポリエステル5,280円
【ウルトラライトグランドシートとして活用したいもの】

SOLヘビーデューティエマージェンシーブランケットは、通常モデルのエマージェンシーブランケット(僕が使っている物)に比べて、約2.5倍の厚みがあるので、強度が高い!

SOLナノヒートブランケット(野営道具読本:掲載商品)は、エマージェンシーブランケットよりも強度がある。しなやかな使い心地で、使い心地を優先したい人におすすめ。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次