COOK’N’ESCAPE「純チタン箸を火バサミとして使う」!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

わずか1000円以下で買えるチタン箸をおすすめしよう!K15は、火箸としても使うぞ!

スポンサーリンク

チタン箸を買った理由

チタン素材の箸を買った理由は、「錆びない、軽い、強い」の3つの特徴があるからだ!

ソロキャンパーや登山にぴったりな「軽くて強い箸」を使わずにはいられない。

僕は、アウトドアで「フォークやスプーン」を使ってきたけど、やはり箸の方が使いやすいと感じている。

さらに火箸(火ばさみ)としても活用したい。チタンは、耐熱性が高く熱伝導率が低いので、簡易的な火箸になる!

amazonでは、わずか1000円以下で純チタン箸が手に入る!これは、買ってみる価値があるぞ!

わずか16gのカトラリー

僕が買ったのは、COOK'N'ESCAPEのチタン箸。

COOK'N'ESCAPEは、中国のブランド。チタン製のカトラリーや食器を製造し販売している。安くて買い求めやすいが、「作りもいい」と評価が高い。

COOK'N'ESCAPEチタン箸の重量は、わずか16g!

これ1つで、火箸(火ばさみ)とカトラリーになる。

滑りにくく持ちやすい

COOK'N'ESCAPE チタン箸は、滑りにくく持ちやすい!

丸みのある角型構造で手にフィットし、表面がザラザラしていて滑りにくい。

長さも短すぎることなく使いやすい!使い心地の良さを感じた!

簡易火箸として使う

COOK'N'ESCAPE チタン箸は、簡易火箸として使える。

僕は、ばあちゃんが「火箸で七輪の炭を掴んでいる」のを見かけて閃いた!

「ウッドストーブや焚き火台の薪ならチタン箸を火箸として使えるのでは?」

チタンは、熱に強くて熱伝導率が低い!火箸にぴったりではないか!

熱した薪を掴んでも手元が熱くなりにくい。それに、箸に慣れているので、簡単に薪を掴むことができる!

バックパックキャンプでは、ベルモント ウルトラライト火バサミを持って行かなくて済むね!

コメント