イスカ・エアドライト670「レビュー」寒がりが冬山で使ってみた!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、K15です(@K15Life)!

K15

人生初のイスカシュラフ。ナンガ600DXだと、冬山で使用するには寒かった。そこで、目を付けたのが、イスカの「エアドライト670」。-15℃対応なら大丈夫なはず!

目次

イスカを選んだわけ

僕がイスカというシュラフ(寝袋)メーカーを選んだわけは2つある。

イスカを選んだわけ
  1. SNSでの口コミで評判が良かった
  2. イスカのテントシューズに大満足だった

SNSでの口コミで評判が良かった

僕は、amazonのレビューよりも「マニアックな人達の口コミ」を参考にする。

独自に調査した結果、イスカの口コミが軒並み高い!アウトドアギアについて知識が豊富な人達なので信頼できるはず!

SNSの方が、リアルな口コミがある!(ブログしている身ですが…)

イスカのテントシューズに大満足だった

僕自身イスカのダウンウェアを使っている。

テントシューズは、山渓のスタッフさんに教えてもらった。足先の冷えに悩んでいた僕は、「こんな快適なものがあったなんて!」と感動した。

それ以来、イスカの製品が気になっている(あ、オーバーグローブも持っている)。

エアプラスではなくエアドライトにした訳

さて、楽しいシュラフ選びの始まり!

実は、エアプラス630とエアドライト670で悩んでいた。

「対応温度はどちらも同じなのに、なぜ価額が違うのだろうか?」

エアプラスはグースダウンを使っていて高価

結論から言うと、ダウンの種類による違いのみ!

スクロールできます
モデル名生地重量最大長収納サイズ羽毛量対応温度FPダウンの種類価額(税込)
エアプラス63015Dナイロン1030g80×213cmφ20×34cm630g-15℃800グースダウン58,300円
エアドライト67015Dナイロン1070g80×213cmφ20×34cm670g-15℃750ダックダウン50,600円
【エアプラス630とエアドライト670比較】

エアプラス630には、グースダウンが使われている。

グースダウンの特徴
  • 濡れに強い
  • 復元力が高い
  • においが少ない
  • 耐久性が高い
  • 高価

グースダウンは、最高品質のダウンでありハイスペック。復元力が高いので、ダウンの封入量が少なくて済む。つまり、軽量化になる!

エアドライトはエアプラスと対応温度が変わらないのに安価

僕が買ったエアドライトは、ダックダウンが使われている。グースダウンに比べると、以下の特徴となる。

ダックダウンの特徴(グースダウンとの比較)
  • 濡れに弱い
  • 復元力が劣る
  • におう
  • 耐久性が劣る
  • 安価

ダックダウンは、グースダウンに比べて品質が劣る。

しかし、濡れに対する弱点を補うため、撥水加工を施している。

ではなぜエアドライト670にしたのか。

エアドライト670の購入の決め手

エアドライト670の購入の決め手は、以下になる。

エアドライト670にしたわけ
  • 40gしか重量が変わらない
  • 対応温度同じ
  • 約8,000円安い!

対応温度が変わらず、40gの重量しか変わらないので、エアドライト670にした。

イスカ・エアドライト670のレビュー

さて、本題のイスカ・エアドライト670のレビューを紹介。

レビューのポイントは、次のもの!

  • 生地感はモチっとしている
  • においは気にならない
  • 寝心地はとっても気持ちがいい
  • 冬山でテストしてみよう

これらについて見ていこう。

生地感はモチっとしている

僕は、エアドライト670の肌触りに惚れた。

ふわふわというより、モチモチして気持ちがいい。まるでつきたてのお餅みたいな感じ。

ナンガ600DXは、オーロラテックスという防水性の生地を使っているので硬い。生地感は、イスカが好きだな。

エアドライト670は、生地が薄く柔らかな肌触り!

においは気にならない

グースダウン(エアプラス630)に比べて、ダックダウン(エアドライト670)は、においがあるとされる。

しかし、においは全く気にならない!

中国メーカーのイージスマックスは、グースダウンを使っているのに臭かった。やはり国内メーカーの方が質が高い。

寝心地はとっても気持ちがいい

エアドライト670の寝心地は、とっても気持ちがいい!

ショルダーウォーマーの構造は、ナンガより気持ちがよく暖かさを感じる。

足元は、多めのダウンを封入している。

足先の冷えを感じやすい僕だが、テントシューズなしでも暖かく過ごせた!(もちろんテントシューズを履いた方が暖かい)

K15

頭や体周りは、ストレスがなく優しく包み込んでくれる。エアドライト670をキャンプや登山に持っていくと、寝るのが楽しくなった。

冬山でテストしてみよう

エアドライト670の対応可能温度は「-15℃」。

寒がりの僕は、本当に冬の寒さを凌げるのか心配だった。

まずは、気温4℃でテスト。SOLエスケープヴィヴィをシュラフカバーに使い、服装はアンダーウェアのみ。

気温4℃は余裕でいける。それでも暑すぎることはなかった。(フードを絞らなかったので、暖気が逃げたかな)

次は、もっと寒い気温でテストしたい!

気温-10℃でも寒さを感じることなく過ごせた!(ダウンジャケット、ダウンパンツを併用)

シュラフカバーはあった方がいい

エアドライト670は、高価なシュラフだからシュラフカバーをつけよう!

シュラフカバーのメリット
  • 保温性の向上
  • シュラフの汚れ防止
  • シュラフの生地の保護
  • シュラフの濡れ対策

僕は、SOLエスケープヴィヴィを愛用している。モンベルのタイベックに比べ、アルミ装着なので暖かい!

暖かい時期は、SOLエスケープヴィヴィとインナーシーツのみで寝ている!

インナーシーツもあった方がいい

シュラフ内部の汚れ対策にインナーシーツを使おう。

インナーシーツのメリット
  • シュラフが皮脂でベトつかない
  • シュラフ内の汚れ防止
  • 保温性の向上

対応温度を上げたい時は、シートゥーサミットの「サーモライトリアクター エクストリーム」がおすすめ!

あわせて読みたい
サーモライトリアクター「エクストリーム」15℃の保温効果は本当? [temp id=2] 「インナーシーツを探しているけど、何か良いのないかな」 「サーモライトリアクターエクストリームの保温効果は本当なのか」 「サーモライトリアクターに...

調湿効果が期待できるシルクライナーも暖かく快適だ!

あわせて読みたい
「シートゥサミット・シルクライナー」レビュー!快適なやつだよ [temp id=2] K15 今、まさにシートゥサミット・シルクライナーが気になっている人。オススメのインナーシーツだよ! 【究極の寝具「シルク」】 シルクライナーは、「夏...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次