「シェラカップ、チタンかステンレスで悩んでいる」違いが1分でわかる

こんにちは、K15です!(@k15life)

「シェラカップが欲しい、でもチタンとステンレスの違いがわからない。ブランドも多いし、どれにすればいいのか悩んでいる。」

K15
K15

ふと見かけた、SNSでの書き込み。僕は、そんな悩みを持った人を救いたい。

スポンサーリンク

シェラカップで何が出来るのか

シェラカップの素材を悩む前に、シェラカップで何が出来るのか、整理しておきたい。

シェラカップで出来ること
  • お湯が沸かせる
  • 軽食が作れる
  • 炊飯
  • 器になる
  • マグカップになる

シェラカップは、器以外にも多用途に扱える。小さな調理器具は、ちまちま料理をするのが楽しかったりする。

得意な調理方法は、「茹でる、煮る」といった水分と一緒に加熱するレシピ!があれば、料理のバリエーションが増える!

シェラカップで何がしたいのか、整理しておくと素材選びで悩まない!

チタンとステンレスの違い

さて、チタンとステンレスの違いを見ていこう。まずは、チタンの特性から。

知っておきたいチタンの特性
  • 強度が高い
  • 薄く加工できる
  • 軽い
  • 錆びにくい
  • 熱伝導率が低い
  • お湯がすぐに沸く
  • 金属アレルギーが起こりにくい
  • 高価

アウトドアで使う食器は、軽量な方がいい。そういった意味では、チタンの軽さが非常に魅力的だ。

しかし、熱伝導率が低いので料理は苦手。特に炊飯や炒め物は焦げ付きやすい。お湯を沸かしたり、ラーメンを作るといった使い方がいい。

次にステンレスは、チタンと比べてどのような特性があるのだろうか。

チタンに比べてステンレスは
  • 蓄熱性が良い
  • 熱伝導率が良い
  • 安価
  • 重い
  • ピカピカしている

ステンレスは、熱伝導率や蓄熱性がいいので、料理がしやすい。それに安価なので、買い求めやすい。

難点は、重いこと。そのため、登山ではステンレスの食器が選ばれず、軽量なアルミかチタンになる。軽量さを優先させるのであればチタンがいい。

チタンとステンレスの違いまとめ
  • 料理重視ならステンレス
  • 軽量性重視ならチタン

僕はチタン派

僕は、ステンレスよりチタンを好む。荷物の軽量化を優先している僕にとって、チタンが魅力的だ。

チタンは炊飯や炒め物が苦手だが、お湯を沸かしたり器として使うのでチタンでいい。それにお湯が沸くのが早いのも嬉しい。

サイズ選び

ソロのサイズで多いのは、容量300ml程度のもの。米が半合炊けるサイズ感。シェラカップ初心者は、このサイズを選んでおけばいい。

次に形状だが、僕が好きなのは、深型タイプ。クッカーにスタッキングしやすく、お湯も沸かしやすい。

食材や飲み物が溢れにくいといったメリットもある。万能選手は、深型だよ!

ハンドルはフォールディング(折りたたみ式)タイプがおすすめ。

シェラカップの特徴的なハンドルで吊るすのに憧れてしまうが、「スタッキングがしやすくて持ち運びがしやすい」フォールディングタイプがいい。

オススメのシェラカップ

僕がオススメするシェラカップは、チタン素材で深型、フォールディングハンドルだ。この3つを兼ね備えたものを厳選して紹介する。

まずは、エバニュー。ウルトラライト(超軽量)なシェラカップで、これ1つで煮て食べることができる。ソロキャンプをするときや山を歩くときに重宝している。

K15
K15

僕は、チタンカップ400と570、2個持っているよ!

次は、ベルモントのシェラカップ。エバニューより重くなるが、しっかりした作り。タフなので、焚き火にかけて使っている。

超人気で売り切れていることが多い。狙いのサイズをゲットできたらラッキーだ!

コメント