【ハスクバーナ・ハイキングハチェット】他の斧と比較してみたら〇〇

こんにちは、K15です!(@k15life)

ハスクバーナーのハイキングハチェットは、コスパが良くて買いやすい。

K15
K15

ハチェットを2本持っている僕が、「ハチェットの魅力」と「他の斧との比較」を紹介していく。

スポンサーリンク

ハイキングハチェットの魅力

僕は、キャンプでハチェットを使う。魅力は、大きく3つある。まず、1つ目が携行性に優れること。

コンパクトなので、バックパックの中に入れても嵩張らない。人力移動では、道具の軽量化が求められる。一般的な斧よりも軽いという点が魅力的だ。

2つ目が、打撃力を活かして手早く作業ができること。携行性だけで言えば、ナイフが勝る。でも、ハチェットは、ナイフにはない打撃力がある。

野営地では、枝払いをして木を運ぶ。そうした場合も、打撃力を活かして手早くできる。

ナイフでは、バトニング(木でナイフの背を叩く)を行い薪割りをする。それよりも、ハチェットで台打ち(薪を台に打ち付けて割る)した方が、早く薪割りができる。

3つ目は、クラフトがしやすいこと。ハチェットは、柄が短く腕が疲れにくい。連続して、作業が可能になる。

レザーシャープ(カミソリのような切れ味)にすれば、フェザースティックも作りやすい。ナイフのように扱え、打撃力もあるハチェット。ソロキャンプにぴったりだ。

【ハイキングハチェットの魅力】
  • 携行性に優れる
  • ナイフよりも打撃力がある
  • 細かな作業ができる

他のブランドとの比較

ハスクバーナ ハイキングハチェットの特徴を捉えるために、他のブランドと比較してみよう。わかりやすいようにざっくりと比較していく。

比較するハチェット

ハルタフォース、グレンスフォシュ、どちらもキャンパーに大人気のブランド!

品名サイズ重量鋼材参考価額(税込)
ハスクバーナ ハイキングハチェット約7×12×24cm約600gスウェーデン鋼ヒッコリー7,590円
ハルタフォース ミニハチェット約7.5×13.5×24cm約630gスウェーデン鋼ヒッコリー15,400円
グレンスフォシュ ハンドハチェット約8×13×24.5cm約600gスウェーデン鋼ヒッコリー19,360円
【ハチェットの比較】

どの斧もスウェーデン鋼とヒッコリーを使っている。サイズや重量もほぼ同じ。違うのは、価額。ハスクバーナ ハイキングハチェットが圧倒的に安い。

出典:husqvarna

ハスクバーナの登場により、ミニハチェットが買いやすくなった。初心者なら第一選択肢になる。

でも、ハルタフォースやグレンスフォシュは洗練された美しさや機能性がある。僕は、特にグレンスフォシュが好きだ。

鋭い斧刃で細かな作業ができるので、ナイフを必要としない。僕が愛用しているのは、ハンドハチェットよりも軽いミニハチェット。重量は、なんと358g。

【比較のまとめ】
  • 素材やサイズ感は変わらない(品質は違う)
  • ハスクバーナが圧倒的に安い
  • ハルタフォースやグレンスフォシュは、美しさと機能性に優れる

K15
K15

初めてのハチェットに、ハスクバーナを!

コメント