ソロキャンプにおすすめなソフトクーラーのまとめ!

こんにちは、K15です。

大きいクーラーは買ったは良いが、使う機会が少ない事もある。コンパクトなクーラーであれば、ソロキャンプ以外にもピクニックや、ちょっとした旅行にも活躍する。つまり、コンパクトなクーラーは小型なので利便性が良く、活躍する頻度が高い。

K15
K15

ソロキャンプにおすすめな6L以下のクーラーのみを紹介していく。高耐久な物、保冷力が高い物、軽量な物、3つにジャンル分けした。きっとニーズにあった物が見つかるはずだ。

スポンサーリンク

高耐久なソフトクーラー

ソロキャンプ等のアウトドアフィールドでは高耐久な物が良い。破れてしまっては具材が痛み、楽しみだったはずの焚き火料理も残念な結果に終わる。そうならない為に耐久性が高いとされるソフトクーラーを紹介しよう。

LLBEAN フリップトップランチボックス

出典:llbean

フリップトップランチボックスは耐久性が良いと好評なデラックスブックパックと同じ生地を採用している。

K15
K15

カラーも豊富で、女子キャンパーが好きそうなカラーもある。

サイズ重量容量
18×23×14cm283g6L

LLBEAN ソフトパック・クーラー パーソナルマルチカラー

出典:llbean

LLBEANのソフトパッククーラーは非常に丈夫な素材で作られている。デザインや配色もお洒落だ。また収納性も高く、外ポケットが5つある為、お手拭き等の小物が入れられて便利である。

K15
K15

僕なら前述したフリップトップランチボックスよりもハイグレードなソフトパッククーラーを選ぶ。丈夫な上、外観の良さと機能性が高いのが魅力的だ。

サイズ重量容量
19×27×15cm369g6L

ベアボーンズリビング ソフトクーラートレッカー5.5L

耐久性が良く、お洒落なベアボーンズリビングのソフトクーラートレッカー5.5Lを持っている。ソロキャンプのみならず、バイクツーリングでも愛用している。

K15
K15

マグネット式なので開閉が楽な点も気に入っている所。ベアボーンズリビングのランタンケースとして活用している人もいる。

サイズ重量容量
22.8×15.2×17.7cm不明(350gぐらい?)5.5L

保冷力が高いソフトクーラー

ソフトクーラーはハードクーラーに比べて、一般的に保冷力が劣る。保冷力は高いに越した事はない。クーラー内部の食べ物が傷んで、体調を崩してしまったら残念だ。高い医療費を支払うことになる。

K15
K15

ソフトクーラーでも高い保冷力を有している物があるので紹介していこう。

YETI(イエティ)デイトリップランチバッグ

YETIのクーラーボックスは性能が高く、世界中のアウトドアファンから愛されている。高品質、高性能なデイトリップランチバッグは、開口部にマグネットを有しており、開閉が楽で冷気を逃さない作りになっている。

K15
K15

入れる物によってフックの位置調整を行うことが出来る点が凄く良い。価額も高いが、海外での評価も高い。弁当箱入れに使っている人がいたらかなりクールだ。

サイズ重量容量
14.5×34.29×22cm(広げた状態)500g不明

AOクーラーズ 6パックキャンパスソフトクーラー

AOクーラーズも高性能なクーラーバッグだ。世界中にファンがいて、キャンパーからも愛されている。最大の特徴は厚さ19mmの断熱材。5層構造の断熱材が保冷力の高さの源になっている。

K15
K15

口コミでは「ソフトクーラーとは思えない程の保冷力がある」と評価されている。とにかく保冷力を求めるならAOクーラーズが良い。

サイズ重量容量
25×17×17cm680g5L

サーモスクーラー 5L

コスパが良くて、それなりに保冷力があるとされるサーモスソフトクーラー。大手通販サイトでもよく売れており、評価も高い。

K15
K15

コスパ重視ならサーモスクーラーになるだろう。デザインもアウトドア感があって良い。

サイズ重量容量
24×15×19cm300g5L

軽量なソフトクーラー

軽量で収納性が良いソフトクーラーもニーズが高い。ハイキングやキャンプに行く際、バッグの中に入れることが出来る。僕はバックパック一つでキャンプする為、キャンプギアの軽量化は大事な所だ。

モンベル クーラーボックス4.0L

出典:montbell

モンベルのソフトクーラーは内容量4Lで120gという重量となっている。よく比較されるのが、イスカ製のソフトクーラーだ。イスカの方が5g軽いが、ジッパーが開けにくいというデメリットがある。それでも僕はイスカを選んだ。理由は後述する。

K15
K15

モンベルと聞くと安心感がある。店頭で実物を見たが、しっかりした作りだと感じた。

サイズ重量容量
13×21×15cm120g4L

イスカ コンパクトクーラーLサイズ


僕がイスカを選んだ理由は軽量性とジッパー部分の工夫にある。ジッパー部分は少々開けにくいが、冷気を逃さないような作りになっている。(どれだけの効果があるのか不明だが)グレーが人気色のようで、アウトドアショップでも在庫がなかった。

K15
K15

僕はイスカのソフトクーラーLサイズでソロキャンプをエンジョイしている。一泊二日のソロキャンプなら十分なサイズだと感じている。

サイズ重量容量
15×21×15cm115g不明

コメント