小さいのに広い!テントファクトリーTCワンポールテント180V

こんにちは、K15です。

テントファクトリーTCワンポールテント180Vはソロ〜二人用のテントだ。よくあるTCワンポールテントとは一味違う。TCワンポールテント180Vのどんな所が他メーカーと違うのか、どんな人に向いているかを主に紹介していく。

スポンサーリンク

TCワンポールテント180Vの概要

まずはどんなテントなのか概要を見ていこう。

撥水性のあるTC素材を採用(耐水圧2000mm)した1~2人用ワンポールテント

前室にVポールを採用し室内空間を拡張

高さ180cmなので設営がよりスムーズ

前後の入り口はメッシュドアもある2重仕様。

引用元:naturum
K15
K15

特徴をまとめると、TC生地のワンポールテントでソロ〜デュオに適している。拡張性があり、メッシュドアパネルもあるので快適に過ごせる。

カラーはダークベージュとモスグリーンの2色展開。テンマクのサーカスTCにもグリーンが使われるなど、ベージュとグリーンはトレンドカラーとなっている。

Vポールで小さいのに広い室内空間を実現

出典:naturum

Vポールにより、同サイズのワンポールテントよりも広く室内が使える。詳しいスペックは以下になる。

材質:ポール/スチール(粉体塗装)、幕体/TC(コットン65%・ポリエステル35%のポリコットン)・耐水圧(2000mm)

寸法:3200×2700×1800(h)mm

重量:9.3kg(付属品全て含む)

付属品:スチールペグ19本、 ガイドロープ(2.5m×6・3m×2)、専用キャリーバッグ(70×20.5×20.5mm)

付属のペグは汎用タイプです。設営場所によってはより耐用性に優れたタイプの購入・使用をお薦めします。

引用元:naturum
出典:naturum
出典:SABBATICAL

テントファクトリーTCワンポールテント180Vは、大人気となったサバティカルのモーニンググローリーTCと似ている。こうしたワンポールテントに拡張性を持たしたテントがトレンドとなっている。

K15
K15

テントファクトリーTCワンポールテント180VのVポールは、フックにかけていく仕様なので、そこまで設営が負荷にはならないだろう。

どんな人に向いている?

テントファクトリーTCワンポールテント180Vは、前後にメッシュ付きドアパネルが有り、ソロ〜デュオで使いやすいTC生地のテント。つまり、虫が苦手な方やソロでもゆとりを持った室内空間を確保したい人がターゲットになるだろう。

僕はキャンプ歴が長いので虫への耐性はだいぶ付いてきた。しかし、妻は虫が苦手だ。ビジョンピークスのワンポールテントを持っているが、ドアパネルにメッシュ生地がない。妻は「メッシュ生地があるとテント内で安心して過ごせるね」と言っていた。

テント自体にメッシュ生地があれば、虫に悩まされる事なく、室内でリラックスした時間を送ることができる。幕帯の中でコットで寝たり、本を読んだり、コーヒーを楽しんだりする時も虫には悩まされない。

K15
K15

ソロ〜デュオ用のTCワンポールテントで、メッシュ生地のドアパネルがあるのはテントファクトリーの良さだと言える。

サーカスTCをソロで使う人も多いが、ソロには大きすぎるといった声もある。僕は大きいテントが苦手だ。設営やメンテも大変だし、収納や持ち運びも苦労する。風の影響も受けやすくなる。テントファクトリーTCワンポールテント180Vの方がコンパクトで好みである。

知っておきたい他メーカーのTCワンポールテント

テントを選ぶ際、「もっと他にも良いテントがあるかもしれない」と思う。そしてネットサーフィンをするのだが、悩み疲れてヘトヘトになる事もある。僕はソロ用のTCワンポールテントのまとめ記事を書いているので、テント選びの参考になれば嬉しく思う。

ソロキャンプに最適!TC素材ワンポールテント特集!
ソロキャンプに快適なテントを。今、人気な素材がTC(ポリコットン)。夏は涼しく、冬は暖かい。それでいて結露の発生を抑えてくれる。焚き火との相性も良い。TC素材を求めるソロキャンパーに極上のテントを紹介します。

コメント