おーい!バンドック「ベースチェアいつ入荷するの!?」

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

バンドックのベースチェアなかなか入荷しませんね。毎日、ネットをチェックしているんですが…。

スポンサーリンク

ベースチェアの魅力

バンドックのベースチェアの発売をヨダレを垂らしながら待っている人が多いはず!

僕もその1人です!さて、キャンパーを惹きつける魅力はなんでしょうか!?

バンドック ベースチェアの魅力
  • グラウンド(地面)に近いチェア
  • コンパクト収納で携行性に優れる
  • 熱に強いコットン生地

バンドック ベースチェアは、一般的なロースタイルチェアよりも地面に近いチェア。

ヘリノックス「グラウンドチェア」やエーライト「メイフライチェア」と同じような高さですね!

「チェアの高さが低くて何がいいの?」

チェアが地面に近いと、座りながら料理がしやすいのです!

ソロキャンプだと、ピコグリル(焚き火台)やフィールドホッパー(テーブル)など、高さが低くてコンパクトなギアを使うことが多いですよね。

焚き火のお世話をしながら、料理がしやすいというわけです!

その他のメリットとしては、高さの低いパップテントと相性が良かったり、地面との距離が近いので自然を深く感じられます。

だから人気なんです!グラウンドチェアのような高さの低いチェアは!

さらに脚が短くなる分、コンパクトに収納できます!

ベースチェアは組み立て式です!折りたたみ式の設営スピードには敵いませんが、携行性では勝ちます!

僕の部屋は、キャンプギアで埋めつくされています。(こういう仕事をしているので仕方ないかもしれません、目標はミニマリストです…。)

特に嵩張るギアは、テント、ポール、チェア、寝袋です。

チェアを「収納力と携行性に優れる組み立て式に移行したい」と思っています。

生地は、焚き火好きの購買欲を刺激するコットン!熱に強くて、風合いがいいですね!

ベースチェアの魅力を「超簡潔」に書くつもりが、長々と書いてしまいました。

さて、スペックは以下になります。

材質生地:コットン(裏面ポリエステル)、フレーム:アルミ
サイズ約550×600×550mm
収納サイズ約400×140×110mm
座面の高さ約150mm
重量約1.2kg
耐荷重80kg
生産国中国
希望小売価額11,000円(税込)、通販参考価額5,980円(税込)
【ベースチェアのスペック】

入荷が遅れている理由

「バンドック ベースチェアの発売をずっと待っている」

そんな声がSNSに投稿されています!(僕も同じ思いです!)

「2021年8月19日」時点、バンドックは、ベースチェアの入荷時期について「近日入荷予定」とインスタに投稿!

その後、「海外のコロナウイルス感染によるロックダウン等で、入荷が大幅に遅れております」と再投稿。

もう、2022年4月4日ですよ。さすがに待ちくたびれました!

ネットを毎日チェック

ベースチェアがいつ入荷されるかわからないので「毎日ネットでチェック」しています。

実は、過去に「楽天やヨドバシカメラ」で商品ページがあったんですよ!でも、「入荷時期未定」や「販売終了」などの表記になっていたので、入荷していないんでしょうね。

僕と同じように、ベースチェアの発売を待っている人がいるはず。

そこで通販サイトのリンクをまとめておきます。検索窓には「バンドック ベースチェア」とキーワードを入れています。

バンドック ベースチェアを探しましょう

「該当する商品がありません」といつまで続きますかね…。

もう待てない人はこちら

「もう待てない!次のキャンプまでに高さの低い焚き火チェアを使いたい!」

そんな人もいるはずです!当ブログで「焚き火チェア選びの参考になる記事」があるので良かったら参考にしてみてください!

コメント