ハンモック・ギアスリングの使い方!「もう地面に荷物を置かない」

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

ハンモック泊をすると、バックパックなどの荷物の置き場に困る。そこで使いたいのが、ギアスリング!使い方をわかりやすく解説!

スポンサーリンク

ハンモック ギアスリングとは

ハンモック ギアスリングとは、「荷物を入れる小さなハンモック」。

では、どんなメリットがあるのだろうか!?

ギアスリングのメリット
  • 荷物を濡らさないで済む
  • ハンモックに乗ったまま荷物がとれる

荷物を地面に直置きしなくて済むので、雨や結露での濡れ、汚れや虫の付着を防止できる!

また、ハンモックに乗ったまま荷物がとれるメリットも大きい。

なぜならハンモックの上は、身動きが取りづらい。ハンモックの上から荷物にアクセスできるのは、非常に便利なこと!

ギアスリングの使い方

ギアスリングと聞くと、なんだか設営が難しく感じてしまう。しかし、ギアスリングの使い方は極めてシンプル!

端的に言えば、自在金具や自在結びを使って、高さを調整するだけ!

ギアスリングの使い方
  1. ハンモック本体にギアスリングを取り付ける
  2. ギアスリングの高さを調整する
  3. 荷物を乗せてみる
  4. ハンモックに乗って、ギアスリングがハンモックや地面に干渉しないかチェックする

まず、ハンモック本体の両端に「カラビナやスリング(ハンモックの紐)」にギアスリングの紐を取り付ける。

自在金具を使って、ギアスリングの高さを調整しよう!

DDハンモックのギアスリングのように自在金具がない場合は、自在金具をつけるか自在結びをする。

ギアスリングの高さが決まったら荷物を乗せてみよう。

荷物を乗せるとギアスリングが沈むので、地面に干渉しないかチェックする。

地面に干渉している場合は、自在金具(自在結び)を使って、ギアスリングの高さを調整する。

次に、ハンモックに乗ってみよう!

ハンモックに乗った際に、ギアスリングの荷物に干渉すると寝心地が悪くなる。ギアスリングのちょうどいい高さが見つかるまで、自在金具で調整しよう!

またハンモックを低く張ると、ギアスリングが地面に干渉しやすくなる。その際は、ハンモックを少し高めに張るといい。

ギアスリングの種類

ギアスリングを選ぶときに大事にしたいのは、「軽さと設営のしやすさ」。

いくつかピックアップするので、参考にしてほしい!

シートゥサミット ハンモック ギアスリング

僕が特におすすめしたいのが、シートゥサミット ハンモックギアスリング!

ラインロックがあるので、ロープワークの必要がなく設営がしやすい。

生地は、リップストップナイロンを使っており、軽くて強度が高い。

人気なアイテムなので売り切れていることもしばしば…。

DDハンモック ギアスリング

DDハンモックのギアスリングは、軽いが自在金具がないので、少し扱いづらい。

ラインロックを買うか、ロープワークを使うことになる。

僕が使っているロープワークは、ブレイクス ヒッチ!

タープのロープワーク」についての記事で、結び方を紹介しているので参考にしてほしい。

ENO Underbelly ギアスリング

ENO Underbelly ギアスリングは、自在金具付きとなっている。

出典:eno

僕としては、シートゥサミットのラインロックの方が好み。

KAMMOCK joey gear sling

KAMMOCK joey gear slingは、撥水加工を施しており、汚れにくい。

デイジーチェーン式となっているので、高さ調整がやや面倒。

出典:kammok

ギアスリングを色々調べたけど、シートゥサミットが一番好き!

コメント