【ホールアース・ボンファイヤーチェア】あの焚き火チェアに似てる

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

今回も焚き火好きがきっと欲しくなるキャンプギアを紹介するよ。ホールアースのボンファイヤーチェアだよ。でもあのチェアに似ているんだよね。

スポンサーリンク

ボンファイヤーチェアはポリエステル素材

出典:whole-earth

この画像を見て欲しくなった人は、きっと焚き火が好きなんだろうな。この高さが良いよね。一般的なロースタイルチェアよりも低くて、自然や焚き火を深く感じられる。

出典:whole-earth

ホールアースのボンファイヤーチェアの生地はポリエステル。「あれ、ポリエステルだと火の粉ですぐに穴が空いてしまうのでは。」このままでは、ボンファイヤーチェアと名乗れない。そこで、ポリエステル生地に難燃加工が施されている。

出典:whole-earth

フレームは、収束式なのでコンパクトに持ち運びができる。

あれ、バンドック焚き火チェアに似ているぞ

初見でバンドック焚き火チェアに似ていると思った。どちらも収束式タイプで、サイズや重量も近い。素材も似ていて、フレームはスチール、アームレストが竹の集成材となっている。

出典:whole-earth

収納ケースまで似ているのには驚いた。大きな違いは生地。バンドック焚き火チェアがコットン素材なのに対して、ホールアースボンファイヤーチェアがポリエステル素材(難燃加工)となっている。

品名使用サイズ収納サイズ重量生地フレームアーム
ホールアース・ボンファイヤーチェア58×57.5×H5614×22×663.5kgポリエステル(難燃加工)スチール竹集成材
バンドック・焚き火チェア57×59×H5621×21×663.45kgコットン(裏面ポリエステル)スチール竹集成材

このように表でスペックを比較すると似ている事が一目でわかる。あとは、価額の違いだね。コスパはバンドックがいいよ!

結局ソロキャンプには焚き火チェアが重宝する

地面との距離が近い焚き火チェアは、ソロキャンプと相性がいい。1人用のテントは、背の低いものが多いので、コンパクトなチェアの方が過ごしやすい。

座面が低くても脚を伸ばしたり、あぐらをかく事が出来るので、思いの外リラックスできる。さらに焚き火にアクセスしやすいのも魅力的。

どんなブランドでもいい。超ロースタイルなチェアから自然や焚き火を眺めるのは、たまらなく心地がいいものだ。

コメント