「オガワオーナーロッジタイプ52R」VSおすすめ他社テント

 

こんにちは、k15です。

 

K15
K15

オガワよりお洒落でレトロなテントが発売。ロッジテントを購入検討していた方は要チェック。しかしながら各メーカーからもお洒落なロッジテントがありますよね。そこで僕が気になるロッジテントを集めました。

 

スポンサーリンク

オガワオーナーロッジタイプ52R

出典:store-campal

格子の窓、落ち着いた色味、まさにレトロな外観のロッジテントです。ビンテージテント(中古)は嫌、でもレトロな外観が欲しい、こんな方には良いテントだと思います。こんなテントで住まうのなら、キャンプギアもお洒落でないといけませんね。お洒落キャンパーが服装からビシッと決めてキャンプしている様子が想像できます。

 

K15
K15

古着好きの僕はレトロな物に惹かれるんです。こんなテント大好き!癖になっちゃう!(シソンヌ)と思わず口に出してしまいました。ロッジテントの外観は好きなのですが、設営が面倒くさそうで敬遠しております。

 

1人でも組み立て出来ますが、骨組みを組み立てるのが面倒なので2人の方が効率的です。ちなみにK15ファミリーは妻が全く手伝ってくれません。こう書くと怒られてしまいますが、ブログを読んでないので見つからないはずです。

 

オガワオーナーロッジタイプ52Rは自立式なのでテントを建てて安心しないように注意しましょう。風が強いとテントが吹き飛びます。速やかにペグダウンしましょう。

 

K15
K15

それから細部にこだわっているので価額も高いのが難点ですね。(ビンテージよりは安いです)オガワはテント老舗の国内メーカーなので信頼感は抜群です。厚みのあるポリエステルは耐久性も良く評価も高いのです。

 

【オガワオーナーロッジタイプ52Rのまとめ】
・格子窓がお洒落
・オガワのテントは信頼性抜群
・インナーテントはTCなので結露しにくい

 

 

テンマク PEPO(ペポ)

出典:tent-mark

レトロなテントといえばテンマクのペポも人気があります。インスタで見ると皆さんお洒落すぎて鼻血が出ます。しかしあれだけ小物を使って雰囲気を演出するのは大変だと思いますよ。僕なんていかにサクッとキャンプが出来るかにウェイトを置いているので、荷物は必要最小限にしています。

 

四隅をペグダウン。二箇所ポールをかち上げます。あとテントを固定して、残りのペグを打ちます。意外に設営は簡単です。A型のフォルムと色味が雰囲気を醸し出しています。A型なのでオガワよりは風に強いと思います。ちなみに一回り小さいモデルペポライトも人気ですよ。

 

【テンマクのペポライト】レトロなソロテントにおすすめだ!
アウトドアブランドとして注目されているソルムとコラボしてテンマクからpepo lightというソロテントが発売されます。pepo lightはpepoのディテールを活かしながらソロテントに仕上げています。発売日は6月中旬。要チェックだ。

 

K15
K15

個人的にはオガワかな。骨組みの組み立てが面倒そうですが、細部にこだわりを感じます。インナーテントはTC生地ですし、フライシートは信頼のオガワポリエステルですからね。格子窓の雰囲気もありますよね。

 

【テンマク ペポのまとめ】
・オゴワよりは風に強いと思われる
・オガワよりは設営が簡単そう
・オガワより少し安い
・オールTC生地で過ごしやすい
・雨対策は別売りのルーフタープで補強できる

 

 

テンマク outing

2020年に発売予定のテントです。テンマクとoutingとのコラボみたいですね。ソロ用のロッジテントでかなりお洒落になる模様。次々と魅力的なテントが出るから迷うんです。迷った時は何を優先するのか考えましょう。お金は気にしない、とにかくお洒落なテントがいい、TC生地は外せない、などそれぞれあると思います。

 

K15
K15

注目度特大ですね。キャンプ女子がターゲットになるのかな。僕にはお洒落すぎて手が出ません。僕はミリタリースタイルです。

 

コディアックキャンバス 6 Flex-bow

コットン生地なので通気性は良いのはもちろんのこと、防水性も兼ね備えています。コットンなので重いのですが、夏でも快適に過ごせるメリットもあります。設営も簡単ですし、高さもあるので開放感を感じる事が出来るはずです。個人的にデザインの好みはオガワです。生地は防水コットンのゴディアックキャンバスに軍配が上がります。

 

【コディアックキャンバスのまとめ】
・コットン生地で過ごしやすい
・防水性もある
・設営が簡単

 

カーカムス トラベラー

コディアックキャンバスと似ていますね。コットン生地でデザインも似ています。コディアックキャンバスの方が僕は好きですけどね。しかしこのカーカムス、a&fが別注した物が販売されているんです。その別注カラーがお洒落なんです。

出典:aandfstore

K15
K15

お洒落でしょ。欲しくなったでしょ。僕も心が動きました。カーカムスを狙うのなら別注カラーがおすすめです。しかし重いのが難点ですね。重さなんて気にしない、お洒落であれば気にしないの、って方は大丈夫でしょうね。

 

価額も高いんですが、売れているんですよね。まぁ、アイドルに年間100万円使う人もいますからね。僕は肯定します。頑張って世の中の為に働いているんだから、好きな物を買ったっていいと思うわけです。自分のライフを大事にして欲しいわけです。

 

カーカムスでキャンプをして心が豊かになれば明日からの仕事も頑張れるはず!

 

カーカムスのまとめ】
・コットン生地で過ごしやすい
・撥水性もある
・設営が簡単
・別注カラーが特にお洒落

 

DOD エイテント

 

開放感抜群のロッジ型テントです。屋根がTC生地となっていて濃い影を作る事ができます。日差しの強い日でも快適に過ごせそうです。

 

K15
K15

僕はカーキの屋根に惹かれてしまいますね。レトロな感じがとても良いですね。ただしフロアーレスならもっと良かったのですが…。靴のままテントに入るとラフでカッコイイでしょ。テンマクのペポはフロアレスにもなるので良いですよね。

 

オガワの半値で買えるのでコスパは良いと思います!

 

【DODエイテント】
・レトロ感漂うデザイン
・他社より安い
・開放的

 

キャバノン emma 別注

View this post on Instagram

発売前のキャバノン 日本別注の新品幕。 写真はチョコパフェ キャバノン シリーズEのemmaを現代版にフルカスタムしてある限定幕。 サイズは幅3200mm、奥行4000mm、5人用のミドルサイズの中でも最大級の広さ。 カスタム内容 1.ワーゲンバスや外国車の後部ドアとの連結を想定し、キッチンは向かって左側に配置して右側に跳ね上げ。 2.インナーテント部分の壁にも窓を配置。 3.インナーテントの中から外を見れるようにインナーテントにもジッパー式の窓を装着。 4.これで雨でも安心、屋根部分はPVC。 5.脚の先端には高さ調節可能なアジャスター装着。 6.幕除けを作るのは面倒だし、積載が…という悩みを解決させる煙突開口用のダブルジッパー。 主な点はこんな感じです。 まあなんといっても新品なのでとにかく張りやすいです。 幕の縮みやゴムのヘタレがないので破れやゴム断裂の心配なく張れます。 スカート部分のポリエチレンが真新しく、かつアジャスターで高さ調節できるので寒さ対策は完璧です。 cabanon emma jp ltd ※クリームベージュとチョコパフェの2色展開です。 ※カミングスーン 鉄骨テント  焚き火ロースタイル😊 #oldmountain #カミングスーン #キャバノン #ラクレ #マルシャル #コットン幕 #新品幕 #限定 #鉄骨テント #ビンテージ #焚き火 #ロースタイル #ハイスタイル #camp #outdoor #キャンプ #アウトドア #oldcamp #オールドコールマン #テーブルランプ #ランタン #クイックランプ #ノルディスク #カーカムス

A post shared by 🔥OLD MOUNTAIN🔥 (@old__mountain) on

 

もう大好きな人にはたまらないロッジテントですよね。ビンテージ幕の王道メーカーです。別注なので新品の幕になりますよ。数量限定なので、要チェックです。

 

最後に

いっぱいお洒落なテントがありましたよね。なんだかますます迷ってしまいそうです。優先順位は何なのか、コスパなのか、品質なのか、見た目なのか、考えるのが近道です。

 

K15
K15

それにしてもテントを迷うのも楽しみの一つですよね。読者の皆様が素敵なテントに出会いますように!少しでも参考になれば嬉しいです。

 

では、読者の皆さん!

素敵なキャンプライフを!!

 

コメント