新・多喜火鉈「積層」!口コミやメンテナンスが知りたい!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

「今日もカッコイイギアを紹介できる」とワクワクしている!今まさに鉈が気になっている人は、多喜火鉈「積層」をチェックしておきたい!

スポンサーリンク

多喜火鉈「積層」とは

日本人の刃物と言えば、鉈。世界に誇る金物の街と言えば、新潟県三条市。

そこで、生み出されるのが「多喜火鉈」だ!

多喜火鉈の特徴
  • コンパクトなサイズで持ち運びしやすい
  • フルタング仕様でバトニングOK
  • 両刃で使いやすい
  • フェザースティックができる
  • 無骨でかっこいい
  • 新潟県三条市製

多喜火鉈は、軽量コンパクトなので、荷物を少なくしたいソロキャンパーに人気となっている。

切れ味は、鋭くフェザースティックも容易にできる!さらに、刃の厚みが5mmあり、フルタングになっているので、バトニング時も安心して使うことができる。

鉈は片刃が多く、初心者に扱いづらい。一方で多喜火鉈は、両刃となっており薪割りがしやすい。

多喜火鉈の重量は、265g。モノラル小割銀鉈Ⅱが385gなのでかなり軽い(ただし打撃力はモノラルの方があるだろう)!

多喜火鉈のスペック
  • 全長:約245mm
  • 刃渡り:約110cm
  • 刃幅:約26mm
  • 板厚:5mm
  • 鉈の重量:約265g
  • 革ケース:約60g(牛革)
  • 刃の形:両刃(フルタング)
  • 鋼材:安来鋼白紙2号
  • 生産国:日本

注目すべきは、安来鋼白紙2号を使用した「積層」。

馬場長金物株式会社の商品紹介ページでは、積層についての説明がある。

包丁などによく使われる安来鋼白紙2号を使用しています。切れ味がよく欠けにくく、高級刃物に使われています。

バトニングなどに割る作業は従来とあまり変わりませんが、フェザースティックなどの削る作業には違いが判るかと思います。

地層のように積み重ねた模様は見る物を虜にしてくれます。

引用元:馬場長金物株式会社

要約すると、切れ味が良く、トライスティックやフェザースティックが作りやすい。

K15
K15

僕が気になったのは、見た目!刃の積層模様が美しく、ゴツゴツした凹凸の素材感に惹かれてしまう!

きっと僕のように、積層模様に惹かれる人がいるはず!

バトニングが楽しめる!

多喜火鉈は、フルタング(鋼材が持ち手まである)で刃厚も5mmあるので、負荷の大きいバトニングが行える!

バトニングとは、枝でナイフや鉈の背を打つこと。振りかざして割る薪割りよりも安全に薪割りをすることができる!

K15
K15

薪を割るときの「コンコン」と鳴る音や割れた瞬間の「カラン」という乾いた音が気持ちがいい。

バトニングのコツは常に鉈を水平にすること!ぜひ、多喜火鉈でバトニングを試してほしい!

メンテナンスのやり方

「多喜火鉈は、メンテナンスが大変そうだ」と思うかもしれない。

実は、簡単にメンテナンスができる!

多喜火鉈のメンテナンス手順
  1. ワイヤーブラシで刃についた汚れを落とす
  2. ハンドルに蜜蝋を塗りこむ
  3. 刃物油で鋼材部分をコーティングする

ワイヤーブラシで刃についた木屑やヤニを落とす。流水を当てながら軽い力で磨いていこう!

次に、ハンドルの木部に蜜蝋を塗りこむ。艶が出て、水を弾いてくれる!

最後に、刃物油で鋼材部分をコーティングし、錆を防ぐ。僕は、椿油を使っている!

もっと深くメンテナス方法が知りたい人は、下記の動画を参考にしてほしい。

刃先の欠けは、馬場長金物株式会社にて、修理(有償)してくれる!

口コミは軒並み高評価

多喜火鉈を使用している人の口コミは、軒並み高評価。

SNSのリアルな口コミを抜粋して紹介する!

とあるソロキャンパー
とあるソロキャンパー

多喜火鉈ノーマルを売って、積層Verを購入!カッコ良くて使い勝手がイイ!

とあるキャンプ女子
とあるキャンプ女子

一週間悩んで一度は購入をやめたけど、やっぱり気になってGET!カッコイイ!早く薪割りしたい!

とあるソロキャンパー
とあるソロキャンパー

小さいのに耐久性がよく、切れ味抜群!フェザースティックが簡単にできる!

「カッコイイ!切れ味が良くフェザースティックがしやすい!」という口コミが多かった。満足度が高い鉈だね。少しでも参考になれば嬉しい!

コメント