イージスマックスの寝袋【ハンモック・チューブキルト】で使う!

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

僕は、格安なイージスマックス(AEGISMAX)の寝袋を「ハンモックのチューブキルト」として使っている。これさえあれば、アンダーキルトもトップキルトもいらない!

スポンサーリンク

チューブキルトの魅力

ハンモックは、宙釣りの状態なので、冷気の影響を受けやすい。特に背中が冷えるので、背中の断熱が必要!

ハンモック泊をするときの「冷え対策」には、大きく3つの方法がある。

ハンモックの冷え対策
  1. マットを使う
  2. アンダーキルトを使う
  3. チューブキルトを使う

マットを使った冷え対策は、エアーマットやクローズドセルマットを用いる。

有名人で言えば、芸人のヒロシがサーマレストのクローズドセルマット(Zライトソル)を使っている。

しかし、マットにはデメリットがある。

マットのデメリット
  • マットがずれる
  • 物によっては嵩張る
  • 寝心地が悪くなる

ハンモックの生地はサラサラしていて、形も湾曲しているのでマットがずれやすい。

K15
K15

僕は、マットがずれると、背中の冷えを感じて起きてしまう。

クローズドセルマットのようなタイプだと嵩張ってしまい、持ち運びに不便。

それにハンモックの「包み込まれている」という気持ちよさを損なう(もちろん好みは人それぞれ)。

ハンモックの冷え対策して人気なのは、アンダーキルト(アンダーブランケット)を使うこと。

僕としては、マットよりもアンダーキルトの包み込む感じが好きだ!

アンダーキルトのデメリットとしては、トップキルトがいること。

チューブキルトは、ハンモックと体を全周包み込むので、アンダーキルトやトップキルトがいらない!

つまり、チューブキルトさえあれば、ハンモック泊を楽しめるのだ!

イージスマックス封筒型ダウンシュラフ「LIGHT」を購入

ハンモック用のダウンのチューブキルトを買うとなると価額が高い。

万一、焚き火の火の粉で穴があくと、ショックが大きくなる。ビクビクしながらキャンプなんてやってられない。

そこで目をつけたのが、中国のイージスマックスというブランドだ。

封筒型3シーズン用ダウンシュラフ「LIGHT」であれば、ハンモック用のチューブキルトになる。

封筒型ダウンシュラフ「LIGHT」の特徴
  • 800FPのダウンを使用
  • 足元と胸元はバンジーコードで絞る
  • 応用範囲の広い3シーズン用
  • 安い!

ダウンは、なんと800FP(フワッとなる力)の中綿が使われている。国内の主要なシュラフメーカーと同等レベルのFPになっている。

それなのに、13,000円程で買える!

足元と胸元はバンジーコードになっているので、チューブキルトとして使える。寝袋をハンモックに通して、バンジーコードを絞れば、冷気の侵入を防げる。

最も凡庸性の高い3シーズンシュラフなので、1年を通して使いやすい。

身長175cm以上ある人は、Lサイズがおすすめ!

イージスマックスの寝袋は臭い

イージスマックスの寝袋は、「臭い」というデメリットがある。イスカやナンガは臭くないが、イージスマックスの寝袋は臭い。

口コミでも「臭い」という書き込みが見られる。

僕の場合は、使っているうちに気にならなくなっている。鼻が慣れたのか、臭いが抜けたのか、焚き火の匂いでかき消されたのかわからない。

臭さを上回る価値がある

イージスマックスの寝袋は、臭さが気になったものの、それを上回る価値がある。

800FPの復元力のおかげで、フワフワして気持ちがいい。

重量は、854gと軽量なうえ、コンプレッション機能があり、コンパクトに持ち運べる。

チューブキルトになるから、854gでハンモック泊の防寒ができる!

チューブキルトは狭い

さて、イージスマックスの寝袋を「ハンモック泊のチューブキルト」として使ってみよう!

足元のバンジーコードをカラビナに通して、寝袋に入り込む。胸元のバンジーコードを絞ると、数分でポカポカしてくる!

アンダーキルトやトップキルトがいらないってすごく楽!

「いやーこれは最高!コタツの中に入っている時のような気持ちよさがあるな。」

しかし、チューブキルトは狭い。寝心地で言えば、身動きが取りづらいので、アンダーキルト&トップキルトの組み合わせの方が好き。

チューブキルトは、肩に隙間ができるので、寒さの厳しい時期はダウンジャケットを着るなどして、冷気の侵入を防ぐ。

それから頭が出ているので、バラクラバやダウンハットを被らないといけない。

チューブキルトのデメリット
  • 狭くて身動きが取りづらい
  • 肩に隙間ができてしまう
  • 頭が寒い

デメリットはあるものの、アンダーキルトやトップキルトがいらないので、荷物の軽量化になるし、設営が楽だ。

断熱力をUPする方法

イージスマックス封筒型ダウンシュラフ「LIGHT」は、3シーズンで使える。

コンフォート温度は7℃。この温度以上であれば、快適に寝られる。

「寒さの厳しい冬で使うにはどうしたらいいのだろうか。」

ダウンジャケットやダウンパンツを着れば、断熱力のUPが期待できる。

実は、イージスマックスからもダウンジャケットやダウンパンツが販売されている。

僕もイージスマックスのダウンパンツを愛用している(安いので嬉しい)。これで冬を凌げる!

コメント