【コールマン・エクスカーションティピーⅡ325】生地が気になる〜

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

本記事では、新素材テックスファイバーの説明からエクスカーションティピーの使用事例まで紹介していく。購入を検討している人の参考になれば嬉しい!

スポンサーリンク

コールマン・エクスカーションティピーⅡ/325の特徴

出典:コールマン

コールマン・エクスカーションティピーⅡ/325は、ティピー型のワンポールテント。フレームを使って前室を確保している。インナーテントは標準で付属される。インナーテントなしでの使用が可能であり、シェルターとして使える。簡単設営であり、コスパも良いので、初心者にオススメ!

出典:コールマン

新作では、コットンのような風合いを持ち、肌ざわりが良い素材「テックスファイバー」を使っている。コットンでもTC(ポリコットン)でもない新素材に、注目が集まっている。

コールマン・エクスカーションティピーⅡ/325の特徴
  • ティピー型のワンポールテント
  • インナーテント使用時も前室確保
  • インナーテントなしで、シェルターとしても使える
  • 簡単設営
  • コスパが良い
  • 化繊なのに風合いが良いテックスファイバー生地採用

さて、テックスファイバーとは、どんな素材なのか、通気性や遮光性はどうなのか、次の項で見ていこう!

テックスファイバー生地とは

出典:コールマン

テックスファイバーは、コールマン独自の生地。化繊(ポリエステル)なのだが、コットンのような風合いと肌触りがある。そこで気になるのが、通気性や遮光性。これらの疑問について、コールマンジャパンに問い合わせてみた。

コールマンジャパン
コールマンジャパン

テックスファイバーは、化繊なのでコットンのような通気性はありません。遮光性についても、遮光性が良くなるような生地ではありません。

つまり、テックスファイバーはあくまでも化繊素材であり、コットンのような性能がないとの事。しかし、コットンのデメリットである「カビやすく、重い」という点がなく、初心者でも扱いやすい生地となっている。

コットンのような風合いが良い、だけどカビやすいのは嫌だ、と言う人には合致すると思う!

  • コールマン独自の化繊生地(ポリエステルタフタ)
  • コットンのような風合いと肌触りがある
  • コットンに比べカビにくく、軽い
  • コットンのような通気性、遮光性はない

各雑誌でも取り上げられており、続々と注文が入っている模様!従来モデルでもダークグリーンカラー(amazon限定カラー)が人気!

従来モデルとの比較

出典:コールマン

コールマン・エクスカーションティピーⅡ/325のスペックは以下になる。従来モデルとほぼ同じスペックとなっている。

  • 本体サイズ:約385×325×H200cm
  • インナーサイズ:約325×230×H200cm
  • 収納サイズ:約Φ19×60cm
  • 重量:約6.2kg
  • 耐水圧:約1,500mm
  • 定員:3~4人
  • 材質:フライ/75Dポリエステルタフタ
       インナー/68Dポリエステルタフタ
       フロア/75Dポリエステルタフタ
  • ポール:スチール、FRP

次に、従来モデルとテックスファイバーモデルとの違いをまとめておく。テックスファイバーモデルでは、約200g重くなっている。価額は1,000円の差である為、僕なら確実にテックスファイバーを選ぶ。

収納サイズ重量価額
従来モデル約Φ16×60cm約6kg22,800円
テックスファイバーモデル約Φ19×60cm約6.2kg23,800円
【従来モデルと違う所】

エクスカーションティピーの使い方

エクスカーションティピーをどんな風に使っているのか、気になる人もいる。少し僕の方で調べた。

エクスカーションティピーの使用事例
  • タープを張ってリビングスペースを確保
  • シェルターとして使う
  • ソロキャンプでコット寝する
  • ファミリーで仲良く寝る
  • 二又化し就寝スペースを広く確保

おそらく一番気になるのが、サイズ感だと思う。大人二人、子供二人が寝られるスペースがあるといった意見が多かった。また、狭いと感じる人の中には、DODのフタマタのツールを使っている人もいた。

テックスファイバー生地により、雰囲気の良いワンポールテントとなったエクスカーションティピーⅡ325。簡単設営であり、コスパが良いテントを初心者キャンパーにオススメしたい!

コメント