【Mt.Gut陣幕】豊富なカラバリのウインドスクリーンはいかが?

こんにちは、K15です!(@k15life)

K15
K15

Mt.Gutの陣幕が人気となりそうだ。特徴は、「お手頃価額・TC生地・カラーバリエーションが豊富」なところ!陣幕を探していた人は要チェック!

スポンサーリンク

Mt.Gutとはどんなブランド?

出典:Mt.Gut

Mt.Gutとは初めて聞くブランドで、中国のメーカーなのだろう、と思っていたのだが、どうやら国内のメーカーのようだ。会社名は、「株式会社弦唸」とあり、群馬県に本社がある。主な事業内容は、音楽、スポーツ、娯楽などのグッズ販売やECサイトの企画、制作、運営をしている。

株式会社弦唸が手掛けるMt.Gut。お手頃価額で、カラーバリエーションが豊富な陣幕が人気となりそうだ。

Mt.Gut陣幕のスペック

出典:Mt.Gut

Mt.Gutの陣幕の特徴は、「お手頃価額・TC生地・カラーバリエーションが豊富」である。注目のスペックは、以下になる。

  • 生地:TC(ポリコットン)
  • ポール:スチール
  • 展開サイズ:W300×H140cm
  • 収納サイズ:W60×D13.5×H10cm
  • 重量:3.7kg

出典:Mt.Gut

ポール、ペグ、ロープもあり、付属品も充実している。

  • 幕本体
  • ポール収納袋
  • ポール5本
  • ロープ7本
  • ペグ12本

他社との比較

出典:Mt.Gut

Mt.Gutの陣幕は、他社のTC生地の陣幕と比較して安いのだろうか。サイズ感はどうなのだろうか。この疑問について検証していきたい。

品名サイズ(cm)重量(kg)付属品価額(税込)
Mt.Gut 陣幕300×H1403.7ポール、ロープ、ペグ、収納ケース11,000円
テンマク 陣幕ミニ300×H1003.1ポール、ロープ、収納ケース10,780円
ローベンス ウインドスクリーン500×H1404.7ポール、ロープ、ペグ、収納ケース29,700円
テントファクトリー TCサイドウォール510×H1403.7ポール、ロープ、ペグ、収納ケース17,380円
ビジョンピークス TCウインドウォール500×H1404.3ポール、ロープ、ペグ、収納ケース12,900円
フィールドア ウインドスクリーンTC450450×H1434ポール、ロープ、ペグ、収納ケース11,000円
【他者の陣幕との比較】

高さは少し高くなるが、ほぼテンマクの陣幕ミニと同等のサイズ感。他社の陣幕より小さめで扱いやすい。価額については、他社と同じくらいお手頃だが、Mt.Gutの強みは三色のカラーバリエーションと言える。

ブラック、ベージュ、グリーンの三色から選べる。個人的には、ブラックがカッコよくて好き。

陣幕のメリットとデメリット

出典:Mt.Gut

陣幕のメリットは、風と視線を遮る事。風速1mで体感温度1℃下がると言われ、陣幕を配置する事で防風効果が得られ防寒対策ができる。焚き火を扱う時に風があると火の粉が飛んだり、小割にした薪や枝が焚き火台から落ちてしまうこともある。それに、体が暖まらないし、薪の消費が激しくなるから非常に厄介だ。

風がある時に陣幕欲しい、と思う事があるのだが、自然を遮ってしまうというデメリットもあり、購入に至っていない。タープやテント、車の配置を工夫し、風の影響を最小限に抑えることもできる為、今後も買う事はないと思う。

キャンプブームもあり、キャンプ場では2020年を表す漢字「蜜」の状態の所が多くなっている。そういった所では視線を遮るのもアリかな。僕としては、視線よりも風を遮る事ができるというのが、陣幕の最大のメリットだと思う。

何れにしても、キャンプの楽しみ方は人それぞれ。みんな違ってみんな良い。プライベート空間を確保しつつ、風の影響を抑えたい人は、Mt,Gutの陣幕という新たな選択肢を考慮しておきたい。

コメント