一体、ラーテルワークス「Wal(ヴァル)テント」って何だ?

こんにちは、K15です。

ファミリーキャンプに人気のツールームテントに、新しい形のテントが登場。ラーテルワークス「Walテント」は、デザインもインパクトがあるが、機能性や付属品にまでこだわっている。

K15
K15

問い合わせが殺到しているWalテントの凄さとはなんなのだろうか。

更新情報
  • 2020/10/18:口コミを追記
  • 2021/8/9:ヴァルテント2について追記
スポンサーリンク

Walテントの概要

出典:ratelworks

Walテントは、スクリーンタープとテントが一体となっており、広いリビングスペースでゆったり過ごす事ができる。ファミリーに人気のツールームテントなのだが、よくあるツールームテントとは違い、圧倒的な開放感を体感できる。

年間を通してキャンプを楽しむ人が増えているが、Walテントはスカートが付いており、春夏秋冬(オールシーズン)使う事ができる。

Walテントのスペック
  • 展開サイズ:最大寸法510×300×215cm(H)
  • フライシート:150Dポリエステルオックスフォード
  • インナーテント:TC素材(ボトムは300Dポリエステルオックスフォード)
  • 重量:約21kg
  • 耐水圧:2000mm

生地の質感からフライシートもTC素材だと思ったが、実はポリエステル素材。

そもそもWalテントを販売している「RATEL WORKS (ラーテルワークス)」とはどんなブランドなのだろうか。会社情報を見てみると、「株式会社 丸栄」とある。丸栄は、大阪府でダンボール箱の製造販売をしている会社のようだ。近年、アウトドア事業へ参入したと思われる。

Walテントの凄さ

では、Walテントの凄さを紹介していこう。たくさんの魅力が詰まったテントなのだが、全部書くと大変な為、僕が感じた良さをピックアップ。

圧倒的な開放感

出典:ratelworks

Walテントの魅力の一つとして、圧迫感がない大空間。リビングスペースの高さは、最大215cm、最小165cmであり、3mの広さがある為ストレスを感じずに、家族や仲間との楽しい時間を過ごすことができる。

出典:ratelworks

さらにインナーテントを外せば、大型シェルターになる。上記のような画像を見せられたら、自分が自然の中で使っているシーンが浮かんできて、心を突き動かされそうになる。

新たに買い足すのはキャノピーポールだけ

出典:ratelworks

Walテントのもう一つの魅力を紹介すると、これ一つで完結してしまうという事。それは、付属品のレベルが高いという事。ペグは曲がりにくい鋳造ペグ、ライトで光るリフレクトガイライン(自在金具?のデザインも良い)、腕の負担を和らげる銅製ハンマー。

テントの付属品は、チープなものが多く、別で買い揃えることもあるが、Walテントならその心配はいらない。さらに言えば、ペグやハンマーなどの付属品を収納できるツールバッグまで標準で付いてくる。

Walテントの付属品
  • テント本体
  • 吊り下げ式インナーテント
  • メインポール1本
  • アーチポール1本
  • エクステンションポール:フロント2本、サイド2本
  • ハンマー
  • ツールバッグ
  • ガイライン
  • 自在金具
  • 鋳造ペグ
  • ポールケース
  • グランドシート
  • デイジーチェーン

張り出す場合に必要になるキャノピーポールは、付属されていない為自分で用意することになる。インナーマットも流石にない。

Walテントの心配な点

デザイン性がよく、こだわりが詰まったテントだが、重さが気になる、設営が難しいのではないか、などの心配な声もありそうだ。

21Kgという重さ

Walテントは、総重量21kgとなっており、持ち運ぶには重いテントとなっている。その為、車を横付けできるキャンプサイトの方が望ましい。僕の住まいのように階段しかない賃貸アパートなら、ちょっと苦労するかもしれない。(早く平屋が欲しい)

設営が難しいのではないか

出典:ratelworks

テント設営が難しく、時間がかかってしまうと、せっかくのキャンプも設営段階でヘトヘトになってしまう。Walテントは大型な為、ペグを打ち込む本数、ポールの数が多く、幕を広げるのにも苦労し、設営に時間がかかりそうだ。

公式のインスタグラムでは、「慣れたスタッフが一人で建てた場合、12分30秒でした」とある。カタログには、二人設営が推奨されており設営に手間がかかってしまう。しかし、設営のしやすさを重視するあまり、デザイン性を疎かにすれば、モチベーションを保てずにメルカリで売ることになる。

ツールームテントは風の影響を受けやすく、メンテが大変という点から初心者は苦労するかもしれない。

4人以上では寝泊まりできないのか

出典:ratelworks

Walテントは、4人用のテントとなっている。しかし、リビングスペースにコットを置いてコット寝すれば、もっと収容人数は増やせる。例えば、お母さんと子供3人はインナーテントで寝て、お父さんはコット寝すれば良い。

小さなテントをインストールするカンガルースタイルもあり!

SNSのリアルな口コミ

さて、実際に使っている人の口コミはどうなんだろうか。インスタやtwitterに投稿されている口コミをまとめた。

ネガティブな口コミ

まずは、ネガティブな口コミから紹介。主に品質に対する不満の声が散見された。

  • 設営に苦戦→ヴァルテント2で改善
  • 縫製が荒い
  • 収納バッグのジッパーが外れる→改善

まず、設営については、1時間もかかり苦戦したという口コミもあった。また設営がわかりにくい、といった声もあり、ラーテルワークス公式のインスタでは、設営動画がUPされている。コツを掴めば、15分〜30分程で張れるようだ。

次に品質不良の件を紹介。

出来たばかりのブランドで、保証もなくて不安を感じている人もいる。初回販売分は、ヴァルテント収納バッグのジッパーの外れ、縫製不良があり、不満の声が多い。これについては、改善したものと交換できるようだ。(問い合わせ先はこちら)

コスパはいいかもしれないが、69,800円で品質不良だときつい。

初回販売分での不良箇所は、「お客様の声を反映し品質改善する」としている。つまりラーテルワークス ヴァルテントを買うなら、初回販売分以降のものが良い。

ポジティブな口コミ

もちろん、ポジティブな声も多数あがった。

  • コスパが良い
  • メーカーの対応が丁寧
  • 張り姿がカッコイイ
  • 付属品のレベルが高い
  • 広くて快適

ヴァルテントの見た目を褒める声が多くあり、他のキャンパー達の視線を感じる事もあるようだ。品質不良や納期遅延に対するメーカーの対応が丁寧で、応援するキャンパーもいる。付属品は、やはりクオリティが高いようだ。

品質不良が改善されたら、もっと満足度も上がるはず。今後のラーテルワークスに期待しよう!

バージョンアップ!ヴァルテント2

出典:ratelworks

さらに磨きがかかったヴァルテント。一体どのような仕様になったのだろうか。

ヴァルテントの変更点

まずは変更点を整理する。

ヴァルテント2の変更点
  • フライシートの軽量化、引き裂き強度UP→約5.5kg軽くなる
  • ビルディングテープの仕様変更→建てやすくなる
  • コンプレッションベルトの採用→生地の張り調整が簡単
  • 耐風ループの追加→耐風性の向上
  • 逆戻り防止ジッパーの採用→勝手に開かない
出典:ratelworks

僕が良いと思ったポイントは、フライシートの軽量化。引き裂き強度が高く、重量の軽いリップストップナイロンを新たに採用しており、約5.5kgの軽量化となっている。

K15
K15

ファミリーキャンプだと荷物が多くなる。もっとも重量が重いテントの軽量化は大事!

旧モデルとの比較

出典:ratelworks

旧モデルとの比較をしていこう。

生地重量価額
旧モデル150Dポリエステルオックスフォード約21kg69,800円(税込)
新モデル210Tナイロンタフタ約16kg79,800円(税込)
【旧モデルとの比較】

旧モデルはポリエステル生地。リップストップナイロンは、高価なのでコストが上がる。そのため価額も79,800円(税込)にUP。

発売時期とよくある質問

買いたい人の参考になるように、発売時期とよくある質問について、まとめていく。

キャンプ女子
キャンプ女子

発売時期は、いつですか。また予約方法が知りたいです。

発売開始は、2021/8/20の12時半前後に楽天市場ヤフーショッピングの購入ページより、通常の購入手続きで予約完了。

K15
K15

2021/8/20に売り切れても商品ページをお気に入り登録しておくと入荷の知らせが届く(参考までに)。その他、ラーテルワークスのSNSをチェックしておこう。

キャンプ男子
キャンプ男子

予約に上限はありますか?

予約の上限はある。数量の詳細については、回答することができない模様。ただし、順次再予約の手配をするようだ。

最後に

Walテントを見たとき、何だこれは、カッコイイな、という印象を受けた。雰囲気があり、開放的なツールームテントをお探しなら、Walテントが有力な候補に上がるはず。

では、読者の皆さん!
素敵なキャンプLIFEを!!

コメント

  1. […] 一体、ラーテルワークス「Wal(ヴァル)テント」って何だ? | K15-LIFE […]