woopsスリムファイアストーブZ1という新たな選択肢

こんにちは、K15です。

K15
K15

今最も使ってみたい、最も欲しいファイヤーストーブがwoops「Z1」。何が僕を魅了しているのか紹介しよう。

スポンサーリンク

他のメーカーより開口部が大きい

woopsスリムファイアストーブZ1は文字通り、Z型の特殊な形状になっており高い燃焼効率を得る事が出来る。更に前面には大きな開口部があり、薪を入れやすくなっている。ファイヤーストーブで人気のファイヤーボックスG2やブッシュボックスXLに比べて薪を入れやすいだろう。

出典:twitter
K15
K15

大きな開口部に少しずつ薪をくべていくのは、なんだか楽しくなってくるはずだ。

ロストルの位置変更が可能

出典:twitter

woopsスリムファイアストーブZ1の魅力は、ロストルの高さ調整ができる所にもある。ロストルの高さは二段階に調整が可能で、アルコールストーブや炭での料理の際に活躍する。また上部には窪みがあり、ペグ等をのせて五徳として使える。つまり、料理がしやすいファイヤーストーブになる。

K15
K15

小割りにした炭を持って行って、焼き鳥を楽しみたい。ちびちび焼いて食べる時間は至福の時だ。

出典:twitter

woopsといえば野外鉄板。スリムファイアストーブZ1で料理をする時にも活躍する。安い肉でも旨くなる、と好評のようだ。

他メーカーより軽量

woopsスリムファイアストーブZ1は、ファイヤーストーブで人気のファイヤーボックスG2やブッシュボックスXLに比べて軽量となる。スリムファイアストーブZ1のスペックを掲載しておく。

woopsスリムファイアストーブZ1のスペック
  • 使用サイズ 170×132×132mm
  • 収納サイズ 170×132×5mm
  • 厚み ステンレス1mm
  • 重量 約600g

ファイヤーボックスG2の重量は約900g。ブッシュボックスXLは約800g。それに比べてwoopsスリムファイアストーブZ1の重量は、約600gで軽量となっている。Z1には大きな開口部があり、ロストルの位置が変えられる。さらに軽量。そして無骨な見た目。ソロキャンパーのファイヤーストーブ選びに新たな選択肢が生まれた。

まとめ

出典:twitter

ファイヤーストーブの中で、woopsスリムファイアストーブZ1を欲しい理由が伝わっただろうか。そういえば大事な事を一つ言い忘れていた。woopsスリムファイアストーブZ1の店頭販売価額は7,480円(税込)となっており、ファイヤーボックスG2やブッシュボックスXLが10,000円を超える事を考えればコスパが良い。

K15
K15

更にメイドインジャパンということもお忘れなく。ファイヤーボックスG2を買う前にZ1を知っていたら、間違いなくZ1を選んでいた。

コメント