公認ワークマン女子が開発したキャンプに使えるパーカーを購入!

 

こんにちは、k15です。

 

K15
K15

人気アウトドアライターであるサリーさんが開発協力したフルジップコットンパーカーを購入しました。ワークマン勢いがありますね。皆さんの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ワークマン焚き火パーカーの種類

店頭に置かれていたのはハーフジップとフルジップのコットンパーカーです。色味は良く、アウトドアのフィールドでも違和感なく着ることができます。僕が購入したのはこちらのフルジップパーカーです。カーキとベージュ系の色がエルエルビーンのパーカーを連想させます。

 

出典:llbean 

 

フルジップパーカーを選んだ理由

ハーフジップを試着した時、とても着にくかったのです。想定しているのは秋〜冬キャンプ。ミドルレイヤーにはフリースを着ます。アウターレイヤーには防風、防水のジャケットです。

 

アウターレイヤーのジャケットはポリエステルやナイロンなので火の粉に弱い。そこをカバーする為に買いました。ワークマンの防水透湿アウターを着て、ハーフジップコットンパーカーを着てみると胸の位置で嵩張って着込めませんでした。

 

K15
K15

フルジップパーカーなら容易に着ることが出来ます。レイヤードの行い易さを重視しフルジップパーカーを選びました。

 

サイズは1つ上を選ぼう

通常、僕はLサイズを着ています。フルジップコットンパーカーをジャストなサイズにすると、レイヤードし難い感じがありました。ちなみに僕が履いている靴はワークマンの防炎性能がある生地を採用している物です。

 

そこでゆとりを持つ為に2Lを選びました。アウターやミドルレイヤーの上からコットンパーカーを着るのであれば、サイズは1つ上を選んだ方が良さそうです。

 

生地は薄いが価額は安い

生地は薄いという印象です。だが、それがどうした。このクオリティで2500円は安いと思います。薄さも見方を変えればメリットとなります。薄いのでバックパックに入れても嵩張らないのです。

 

コットンパーカーは高額なアウターを守ってくれます。デザインもツートンカラーでお洒落です。これで2500円なら買いだと思います。

 

K15
K15

安いものが悪いとも限らない。高い物が良いとも限らない。価額に見合った価値があるのか、考えたいですね。

 

雨には弱い

フルジップコットンパーカーは雨を吸い込みます。寒い日は注意が必要です。なぜなら濡れたコットンパーカーを着ていたら体温を奪れてしまいます。雨天時や降雪時は焚き火コットンパーカーの下には防水、防風性のある物が良いと思います。

 

K15
K15

ベースレイヤー(下着)も同様です。濡れたら乾きにくい綿素材は避け、保温性、吸水性、速乾性のものが推奨されます。

 

スポンサーリンク

最後に

ちょっと本題とは逸れてしまいますが、ワークマンで人気商品を購入するにあたって商品が見にくいな、と不満があります。どこに何が置かれていているのか分かり辛いのです。SNSや公式オンラインストアで欲しい物をリストアップしていくと効率が良い買い物ができると思います。

 

K15
K15

僕が買ったのはカーキとベージュのツートンカラーのフルジップコットンパーカーです。人気の色味なのか在庫が少なかったです。お気に入りのカラーをゲットするためにも早めの決断をオススメします。

 

コメント