焚き火

キャンプ

winnerwell薪ストーブ!S・M・Lサイズどれにする?

ウィンナーウェルのサイズ選びの参考になれば嬉しいです。さて、S・M・Lサイズが販売されています。各々のデメリットとメリットをまとめました。高い買い物なのでじっくり考えたいですね。サイズちなみに僕はMサイズを愛用しています。
キャンプ

【朗報】ソロ向けwinnerwell薪ストーブSサイズが発売!

大人気のwinnerwell薪ストーブ。鉄のスペシャリスト集団が、ついにソロ向けのSサイズを発売します。テンマクデザインからも、ソロ向けSサイズ薪ストーブの発売が公表されました。ソロキャンパーが多いので、ニーズがありそうです。
キャンプ

700gの焚き火台zenpitがソロキャンプに使えるぞ!

近年、流行中のソロキャンプに最適な焚き火台があります。それがzenpit。ピコグリルは高いんですよね。それならzenpitも視野に入れても良いと思いますよ。zenpitの焚き火台は軽量コンパクトでありながらデザイン性も大事にされているんです。
キャンプ

Ashsack(アッシュサック)ネイキッドラボに問い合わせ急増

nakedlaboのAshsackに問い合わせが急増しています。手の平サイズのコンパクトでありながら、消火機能も十分に兼ね備えています。消壺や、消し缶はもはや要りません。これがあれば焚き火の片付けが格段に楽になるはずです。
キャンプ

【新作】ホンマ制作所の薪ストーブ「APS-48DX」は最強

キャンプ好きに絶大な人気を誇るホンマ制作所の薪ストーブ。時計型が小型で三面窓となりブラッシュアップされて発売されました。その名もAPS-48DX。薪ストーブが初めての方も、1型、2型を持っている方も買い換えましょう。
キャンプ

7色の炎がアウトドアで話題!レインボーな焚き火で盛り上がろう

幻想的な焚き火がTVで紹介され話題となっています。使われていたのはレインボーフレームスティックという魔法の粉です。いつもの焚き火が魔法の粉で様変わりするおすすめのグッズです。さあ、あなたも記念日や誕生日などでキャンプでレインボーカラーの焚き火をしましょう。
スポンサーリンク