焚き火

キャンプ

「ド定番ロングファイヤー型」直火焚き火のやり方教えます!

ブッシュクラフト関連本に度々登場する焚き火のやり方がある。それが、ロングファイヤー型。ど定番の型であり、熱が逃げずに火が絶え難い。やった事がない人は、是非トライしてもらいたい。更に知識を深めれば、焚き火が楽しくなるはずだ。
キャンプ

高い高いエクソタック・マッチキャップで焚き火が楽しくなる!

キャンプの醍醐味は、焚き火。色んな着火方法があるが、僕はマッチでの着火が好き。防水性のあるクリアケースに入れていたが、もっとカッコ良く耐久性が高い物が欲しくなった。焚き火ギアには、とことんこだわりたい。防水性能があり、耐久性も高いエクソタックが最高!
キャンプ

小ぶりで無骨!ベルモント・アイアン焚き火スタンドにミニ出現

買って良かったと話題のベルモント アイアン焚き火スタンド。ソロキャンプブームもあり、コンパクトになった「mini(ミニ)」が登場。どんな焚き火台に合うのか、従来モデルとの違いを紹介していく。小ぶりで無骨なアイアン焚き火スタンドミニがカッコイイ!
キャンプ

【ベルモント焚き火プロテクトシート】地面のダメージを5割削減

僕は、ベルモントの焚き火プロテクトシートが良いと思っている。アルミニウムにより、熱を反射し地面をしっかり保護してくれる。スパッタシート、カーボンフェルトと同等レベルの価額水準。サイズも大きすぎず、小さすぎずちょうど良いサイズ感。オススメ!
キャンプ

【Mt.Gut陣幕】豊富なカラバリのウインドスクリーンはいかが?

Mt.Gutの陣幕が人気となりそうだ。特徴は、「お手頃価額・TC生地・カラーバリエーションが豊富」なところ!プライベート空間を確保しつつ、風の影響を抑えたい人は、Mt,Gutの陣幕という新たな選択肢を考慮しておきたい。
キャンプ

爆誕!ワンタイガー「TIGERROAR薪ストーブ」豪華で安い

ヤバイ、ヤバイ薪ストーブが誕生した。ワンタイガー「TIGER ROAR薪ストーブ」が凄すぎる。先行予約で買ってみようと思ったが、秒で完売していた。一体、何が凄いのだろうか。ソロキャンパーの皆さん、一緒に見ていこう!
キャンプ

大注目!バンドック初の薪ストーブ「マキスト」何がすごい?

バンドックの勢いが止まらない。ついにメーカー初となる薪ストーブが登場!バンドック好きのバンドッカーは、要チェック!今、大注目のマキストのスペックや特徴をまとめ、初心者が薪ストーブを扱う上での注意点も紹介していく。
キャンプ

【ZULUGEAR焚き火台ZGX1】無骨な焚き火カウンター!

自動車部品メーカーが作る本気の焚き火台「ZG-X1」。無骨な鉄の焚き火台で、オプションのテーブルをサイドに取り付け可能。あなたの目の前には、揺らめく炎と耐熱テーブルが一体となった焚き火カウンターが広がる。鉄の味わいを心から楽しもう!
キャンプ

【バンドックLOTUS焚き火台】キャンプの恋人買ってみる!

「ソロキャンプでも大きな薪を入れて焚き火を楽しみたい」、「軽量コンパクトで持ち運びに便利な焚き火台が良い」、「1万円以下のコスパが良い焚き火台を探している」、LOTUSは、そんな人にぴったりな焚き火台ではなかろうか。僕のレビューも後日紹介していく。
キャンプ

【テンマク男前ファイアグリル】1万円以下でオールチタン!

「チタン製の焚き火台を探していた」、「ソロキャンプに使いやすい軽い焚き火台が欲しい」、「予算は1万円以下」、そんな人が知っておきたい焚き火台がテンマクデザインの男前ファイアグリル。男前グリルプレートと男前ファイアグリルで男前の2重取りが可能!
スポンサーリンク