\ 年に1度のブラックフライデーセール! /詳細を見る

COOK’N’ESCAPE【チタン ウッドストーブ】焼き網便利だよ!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、K15です(@K15Life)!

K15

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブが好きです!「利便性」「携行性」が良く、「シンプルなデザイン」が気に入りました!

本記事でわかること
  • COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブのリアルな使用感!
目次

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブ

COOK’N’ESCAPEからチタン ウッドストーブをご提供していただきました!

インスタのリール動画をアップすると、10万回再生を超え、海外の方からも「どこで買える?」と問い合わせがあります!

では、どんな特徴や魅力があるのでしょうか。

次の項で具体的にみていきましょう!

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブの特徴

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブの特徴は、次の通りです。

  • チタン素材!軽くて強度がある
  • 本体重量197g!
  • 収納サイズが手のひらサイズ
  • 焼き網が便利
  • 火床プレートの位置が変えられる
  • 前面に大きな口があり枝が焚べやすい

これらを順番に見ていきます!

チタン素材!軽くて強度がある

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブは、文字通りチタン素材です!

「軽い」「錆びない」「強い」という特徴があります。

ステンレスに比べて、高価とされていますが、COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブは、4,980円(税込)とコスパがいいのです!(2022/11/15時点の価額)

本体重量197g!

先述したように、COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブはとても軽いのです!

本体重量は、197g!これは、収納袋を含めない重量です。

K15

とても軽いですよね!「バックパックキャンプ」「ハイキング」にピッタリです!

収納サイズが手のひらサイズ

さらに、収納サイズが手のひらサイズです!

厚みも非常に薄いので、バックパックの中で嵩張りません!

焼き網が便利

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブは、焼き網が付属されています!

これは、五徳としても使える優れもの!

例えば、焼き鳥を焼くのもよし!チタンマグを置いて、お湯を作るのもよし!

レビューは、後述しますが、素晴らしいシステムです!

火床プレートの位置が変えられる

嬉しいポイントはまだあります!火床プレートの位置が変えられるのです。

一段高くプレートを配置すれば「固形燃料」や「アルコールストーブ」が使えます!

前面に大きな口があり枝が焚べやすい

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブは、前面に大きな口があり枝が焚べやすいのです!

長めの枝を突っ込み、焚き火ができるので便利ですね!

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブの仕様

次に、COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブの仕様を見ていきます!

収納サイズ14cm×13.5cm
組み立てサイズ11cm×11cm×12.5cm
本体重量(実測値)197g
収納袋を含めた重量(実測値)221g
素材チタン(TA1)
COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブの仕様

競合メーカーのチタン素材と比較してもその軽さが伝わると思います。

  • OneTigris ROCUBOID:重量約430g。
  • Boundless Voyage:重量約287g。

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブは、これらのウッドストーブに比べて軽くてコンパクト

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブの付属品

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブの付属品は、次の通りです。

  • 焚き火台本体×1
  • 焼き網×1
  • 収納袋×1
  • カラビナ×1
  • 灰受けプレート×1

カラビナは正直いらないですね。その他の付属品は、利便性が高いですよ!

灰受けプレートは、独立するので灰が捨てやすいのです。

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブのレビュー

では、COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブのレビューを紹介します!

レビューのポイントは次の通りです!

  • 一般的なウッドストーブよりも小型で好き!
  • 焼き網が安定した五徳になる
  • 灰が捨てやすい
  • 残念ながらバリがある

これらについて順番に見ていきます。

一般的なウッドストーブよりも小型で好き!

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブは、一般的なウッドストーブよりも小型です。

小型なので、山歩きでも持ち運びやすく、耐熱性のあるテーブルに置いても邪魔になりません。

使用しているテーブルは以下になります。

あわせて読みたい
Cook’n’Escape【チタンテーブル】レビューが知りたい!了解です! こんにちは、K15です(@K15Life)! Cook'n'Escape チタンテーブルをテストしました!多目的に扱えるギアなので、皆さん要チェックですよ! 本記事でわかること Cook'n'...

僕は、キャンプの経験を積み重ねるうちに、小さいギアを選ぶようになりました。

COOK’N’ESCAPEのサイズ感が好きです!

焼き網が安定した五徳になる

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブは、焼き網の利便性が高いです!

例えば、以下のような使い方ができます。

  • 肉や魚を焼く
  • パンを焼く
  • クッカーを置く

ウッドストーブの多くは、五徳がスティック型になっているので、フライパンなどを使用して焼きます。

他方、COOK’N’ESCAPEは、焼き網なので「肉」や「パン」を簡単に焼くことができます!

クッカーの安定性もいいので、使いやすいですよ!

灰が捨てやすい

先述したように、灰受けプレートは、単体で運べるので灰が捨てやすいのです。

僕は、アルミホイルに灰を入れて、アッシュサックで持ち帰っています!

あわせて読みたい
Ashsack(アッシュサック)ネイキッドラボに問い合わせ急増 こんにちは、K15です(@K15Life)! 「あったらいいなを形にする」ってどこかのキャッチコピーでしたよね。焚き火において、あったらいいなを形にしたものがあります。 ...

残念ながらバリがある

これまで、ベタ褒めしてきましたが、残念なところがあります。

それは「バリがある」ことです。

この点については、今後改善していくとメーカーの方から返答をいただきました。

商品ページでも「バリがある」ことがしっかり記載されています。欠点を隠さず記載してくれるのは、ユーザーとして有難いことです。

セリアでは、バリ取りに使えるサンドペーパーが売られていますよ。

YouTubeでも紹介していますので、参考になれば嬉しいです。

あとがき

COOK’N’ESCAPE チタン ウッドストーブに出会えてよかったです。

「サイズ感」がよく、「利便性」「携行性」があるので、ソロキャンパーにおすすめです!

今よりも荷物を軽くしたい人は要チェック!

少しでも参考になれば嬉しいです。

あわせて読みたい
Firebox Freestyle【レビュー】満足度120%ウッドストーブ こんにちは、K15です(@K15Life)! Firebox Freestyle Modular Camping Stoveのリアルな使用感を紹介します!チタンとステンレスの違いもわかるよ! 【Firebox Freesty...
あわせて読みたい
キャンプ用ウッドストーブ4社【徹底比較】僕が選ぶ1位はこれ! こんにちは、K15です(@K15Life)! ソロキャンパーやハイカーに人気の「ウッドストーブ」。僕が持っている4社を比較してみよう。結論から言うと、1位はピコグリル85だ...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次