\ 今だけポイント最大10倍! /詳細を見る

ファイヤーメープル【Nimbus】1.2Lアルミケトル少し残念

  • URLをコピーしました!

こんにちは、K15です(@K15Life)!

K15

Fire-Maple Nimbus 1.2L Aluminum Kettles(ファイヤーメープル Nimbus 1.2Lアルミケトル)をテストしました!少し残念なところがあります…。

本記事でわかること
  • Nimbus 1.2Lアルミケトルの魅力
  • Nimbus 1.2Lアルミケトルのレビュー
  • Nimbus 1.2Lアルミケトルの残念なこと
目次

Fire-Maple Nimbus 1.2L Aluminum Kettles

Fire-Mapleのケトルは、どれもカッコよくて機能的です!

今回は、アルミ素材のケトル「Nimbus 1.2L Aluminum Kettles(以下Nimbus 1.2Lアルミケトルと表記)」をご紹介します!

まずは、特徴を次項で見ていきましょう!

Nimbus 1.2L Aluminum Kettlesの特徴

Nimbus 1.2Lアルミケトルの特徴は、次のようなものです。

  • 軽量性に優れるアルミ素材
  • 熱伝導率がいい
  • クラシカルなデザイン
  • 2〜3人の使用に適している
  • 蓋をロックできる

これらについて見ていきます!

軽量性に優れるアルミ素材

Nimbus 1.2Lアルミケトルは、文字通りアルミ素材のケトルです。

では、アルミ素材のメリット・デメリットはどんなものでしょうか。

まず、アルミニウムは、軽量で携行性が高いです!凹みやすいところもありますが、荷物の重量を減らすことで、疲労感の軽減が期待できます!

熱伝導率がいい

次に、熱伝導率に優れます!

アルミ素材は、鉄の約3倍の熱伝導率となっています。つまり、お湯が早く湧きます!

しかし、ステンレスに比べて保温性が低くなります。

クラシカルなデザイン

Nimbus 1.2Lアルミケトルに惹かれる理由は、そのデザイン性だと思います!

ベイルハンドル(吊りハンドル)と、ケトル本体の曲線にどこかクラシカルな印象を受けます。

焚き火で燻されたNimbus 1.2Lアルミケトルがカッコいい!

2〜3人の使用に適している

Nimbus 1.2Lアルミケトルの容量は、1.2Lです。

2〜3人の使用に適しているサイズ感です。

例えば、ソロキャンパーに大人気なファイヤーメープル「ANTARCTIステンレスケトル」と比較しても、その大きさが伝わると思います。

つまり、ソロキャンプではオーバースペックです。

蓋をロックできる

Nimbus 1.2Lアルミケトルは、ベイルハンドルを立て蓋をロック(固定)することができます。

お湯を注ぐときに、蓋が落ちない仕組みになっているわけです。

Nimbus 1.2L Aluminum Kettlesの仕様

Nimbus 1.2Lアルミケトルの仕様を以下にまとめます。

素材アルミニウム
重量254g
サイズ176×188×106mm
容量1.2L
Nimbus 1.2Lアルミケトルの仕様

重量は、254gと軽量です。(ソロキャンプで使いやすいサイズが出ると嬉しいな)

Fire-Maple Nimbus 1.2L Aluminum Kettlesのレビュー

さて、Nimbus 1.2Lアルミケトルのレビューをご紹介します!

レビューのポイントは、次のようなものです。

  • 蓋のロックが不便
  • 開口部が大きくてスタッキングしやすい
  • ベイルハンドルが2本あり安定性に優れる

これらについて見ていきます。

蓋のロックが不便

いきなり「デメリット」を言います。

Nimbus 1.2Lアルミケトルの蓋のロック機能は不便です。

ベイルハンドルを立てた状態だと蓋を開けることができません。

例えば、焚き火ハンガーにケトルを吊るしているとき、蓋を開け「湯量」や「お湯の沸き具合」をチェックできません。

レンメルコーヒーを作る場合も、ハンドルを立てた状態だと蓋が開かないので不便です。

Nimbus 1.2Lアルミケトルの蓋のロック機能は不便。改善をしてほしい。

開口部が大きくてスタッキングしやすい

デメリットを言ったので、購買意欲がなくなった人がいるかもしれません。

次は、メリットをご紹介します。

K15

Nimbus 1.2Lアルミケトルは、開口部が大きいのでスタッキング性が高いのです!

例えば、「ガスバーナー」「カトラリー」「コップ」などを入れて持ち運ぶことができます。

GSIグレイシャーステンレスケトルのような利便性がありますね。

あわせて読みたい
【人気のワケ】GSIグレイシャーステンレスケトルのレビュー [temp id=2] K15 使って気づいたGSIグレイシャーステンレスケトルの良さを紹介しよう。僕が感じた良さは主に4つあり、これらを詳しく解説していく。 GSIグレイシャース...

ベイルハンドルが2本あり安定性に優れる

Nimbus 1.2Lアルミケトルは、2本のハンドルがあります。

これにより、高い安定性を得られます。誤ってお湯をこぼすリスクが軽減されます。

あとがき

これまで、Nimbus 1.2Lアルミケトルのレビューを紹介しました。

やはり、ハンドルを立てた状態だと蓋が開かないのは、残念ですね。それ以外に気になるところはありませんでした。

改善に期待しましょう!

あわせて読みたい
FireMaple【ANTARCTI ステンレスポット1.2L】多機能ギア! こんにちは、K15です(@K15Life)! ファイヤーメープルといえばANTARCTI ステンレスケトルが大人気!そんなケトルの兄貴が登場!「ANTARCTI ステンレスポット1.2L」の...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次